小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダ、BMW、GM、ヒョンデ、KIA、メルセデス・ベンツ、ステランティスが北米でEV用高出力充電網を構築する合弁会社を設立へ

2023.07.31

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、BMWグループ、ゼネラルモーターズ、ヒョンデ、キア、メルセデス・ベンツグループ、ステランティスN.V.の計7社とともに、北米でのEVの普及加速を目指し、米国とカナダでEV用高出力充電網を新たに構築する合弁会社の設立に合意。関係当局の承認を経て年内の会社設立を目指すことを発表した。

ホンダとGMの共同開発モデルである「PROLOGUE(プロローグ)」

米国では、2030年にはEVの販売比率が50%を超えると見られており、EVの普及拡大には、信頼性の高い充電インフラの整備が課題となっている。

この合弁会社は、2024年の夏に米国で最初の充電ステーションを開設し、大都市圏や主要幹線道路沿いから順次充電網を拡大していく。

ステーション内には高出力のDC充電器を複数設置し、充電規格であるCCS(Combined Charging System)やNACS(North American Charging Standard)に対応した、あらゆる自動車メーカーのEVが充電可能となる。また消費電力は、環境に配慮し再生可能エネルギーのみでまかなう予定となっている。

今後、米国とカナダで少なくとも3万基の充電器を設置することで、EVユーザーが利用しやすい高出力充電網の展開を目指すとしている。

設置する充電ステーションの特徴

充電ステーションはユーザーにとって利便性の高い場所に設置され、信頼性の高い充電サービスを提供する。各ステーションには、日除けの屋根やトイレを設置し、飲食、物販サービスを提供するほか、より充実したサービスを提供するフラッグシップ型の充電ステーションも、一部展開する。

また、充電ステーションの予約や決済などは、この合弁会社に参画する自動車メーカーの車載システムやアプリを通じてシームレスに利用可能となる。さらに、プラグ&チャージ技術も活用するなどユーザーに質の高いEV充電サービスを提供していくことを目指す。

■BMWグループCEO オリバー・ツィプセ氏のコメント

「北米は世界で最も重要な自動車市場の1つであり、エレクトロモビリティのリーダーとなる可能性を秘めています。高速充電へのアクセスのしやすさは、この移行を加速する重要な要因の1つです。そのため、自動車メーカー7社が、EV消費者に積極的な充電体験を提供することを目的として、この合弁事業を設立しています。BMW グループが創設者の一員であることを誇りに思います」

■GM CEO メアリー・バーラ氏のコメント

「全電気自動車の未来に対するGMの取り組みは、顧客に愛されるEVを提供することだけでなく、充電に投資し、EV をより利用しやすくするために業界全体で取り組むことに重点を置いています。人々がより良い経験をすればするほど、EVの導入は早くなります」

■ホンダ CEO 三部敏宏氏のコメント

「自動車メーカーにとって、EV充電サービスの創設は、顧客に完全かつ便利で持続可能なソリューションを提供することで、優れたユーザーエクスペリエンスを生み出す機会です。その目的に向けて、この合弁事業はEVの普及を加速する重要なステップとなります。米国とカナダ全土で、カーボンニュートラルを達成するための取り組みをサポートしていきます」

■ヒョンデ CEO ジェフン・チャン氏のコメント

「このプロジェクトへのヒョンデの投資は、持続可能な交通手段をより利用しやすくするという当社の『人類の進歩』ビジョンと一致しています。ヒュンダイの電動化に関する専門知識は、充電環境を再定義するのに役立ち、他の株主と協力して新しいサービスを提供できることを楽しみにしています」

■Kia CEO Ho Sung Song氏のコメント

「この高出力充電合弁事業への起亜の関与と投資は、現在および将来のドライバーの充電へのアクセスと利便性を高め、北米全土でのEVへの移行を加速することになるでしょう。起亜は重要な企業であることを誇りに思っています。これは他の評判の高い自動車メーカーとの合弁事業の一環であり、当社は顧客のためのシームレスな充電体験と、EV市場における起亜のブランドアイデンティティのさらなる強化に向けた取り組みに着手しています」

■メルセデス・ベンツ・グループCEO オラ・ケレニウス氏のコメント

「気候変動との戦いは現代最大の課題だ。今必要なのは、政治、社会、企業の境界を越えたスピードだ。電気自動車への移行を加速するために、私たちは賛成している」

■ステランティス CEO カルロス タバレス氏のコメント

「市場で予想される大幅な成長を踏まえ、シームレスな充電体験の機会を増やすことで、お客様の期待を超えるつもりです。私たちは、すべての人の移動の自由を守るために、大規模な充電ネットワークが不可欠であると信じています。特に、当社は野心的なカーボンニュートラル計画の達成に向けて取り組んでいます。強力な充電ネットワークは、すべての人が同じ条件下で利用可能であり、Win-Winの精神で構築されるべきです。これはマイルストーンとなる例なので、関係する各同僚に感謝したいと思います。私たちの力を結集して顧客の声に耳を傾け、サービスを提供します」

関連情報:https://www.honda.co.jp

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。