小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最大飛行時間は46分!DJIから広角カメラと3倍ズーム対応の中望遠カメラを搭載した新型ドローン「Air 3」が登場

2023.07.30

DJIは、一般向けドローン「Airシリーズ」の新製品として、2つのメインカメラを搭載した「DJI Air 3」を発売した。

DJI Air 3は、重量わずか720gの軽量ボディに、Airシリーズとして初めて2種類のメインカメラを搭載したモデル。2つのカメラはともに、4K/60fps HDR動画の撮影に対応し、高品質の映像を撮影することができる。

また、最大46分の飛行時間、全方向障害物検知、O4 HD映像伝送システムなど、フラッグシップ級の機能も多数備え、空撮をサポートする。

2つのメインカメラを搭載

コンパクトなボディに、広角カメラと3倍ズーム対応の中望遠カメラの2種類のメインカメラを搭載し、ともに撮像素子には1/1.3インチCMOSセンサーを採用。

広角カメラは焦点距離(35mm版換算)が24 mm、絞り値がf/1.7、望遠カメラは焦点距離(35mm版換算)が70mm、絞り値がf/2.8となり、両カメラともに同じセンサーサイズであるため、どちらのカメラで撮影しても同等の画質で撮影できるが、焦点距離は異なるため、さまざまな構図で撮影することが可能となる。

また、4K/60fps HDR動画の直接出力や最大4K/100fpsの動画撮影に対応するほか、48MPの静止画撮影が可能。さらに、10-bit D-Log Mと10-bit HLGのカラーモードに対応。Airシリーズとして初めて2.7Kの縦向き撮影 (9:16)もサポートする。

最大46分の飛行時間を実現

Airシリーズの前モデルと比較し、飛行時間が48%アップし、最大46分の飛行が可能。また、新しくなったバッテリー充電ハブは、集電機能に対応。機能ボタンを長押しすると、複数のバッテリーの残量を残量の一番多いバッテリーに移動することができる。

全方向障害物検知機能とO4映像伝送システムを採用

Airシリーズとして初めて全方向障害物検知機能を搭載。周囲環境全体の状況を把握することができ、ドローンは障害物を全方向で検知することができる。

ドローン前部と後部に2つの魚眼レンズを搭載し、前後、左右、上方の検知に対応。底部には両眼レンズと3D ToFセンサーを搭載し、パワフルな全方向障害物検知を実現する。

また、障害物を検知すると、APAS 5.0を使用し、撮影を中断することなく、能動的かつスムーズに障害物を回避・迂回する。さらに、アクティブトラック機能を使えば、簡単な操作で自動飛行が可能になり、アドバンストRTH8と併用すれば、ドローンは安全にホーム地点まで帰還する。

次世代のO4映像伝送システムは、最大20kmの伝送距離(日本国内では10km)を実現するだけでなく、伝送の安定性を向上し、ライブビューのスタッター現象などを回避。

しかも、最大1,080p/60fpsのライブ映像と高フレームレートに対応するので、滑らかな映像でライブ映像を確認できる。

製品ラインナップ

標準送信機DJI RC-N2を同梱した「DJI Air 3(DJI RC-N2付属)」、標準送信機DJI RC-N2、2つの追加バッテリー、バッテリー充電ハブ、ショルダーバッグなどを同梱した「DJI Air 3 Fly More Combo(DJI RC-N2付属)」、700ニトの明るさを実現する5.5インチ1,080pディスプレイを搭載したDJI RC 2、2つの追加バッテリー、バッテリー充電ハブ、ショルダーバッグなどを同梱した「DJI Air 3 Fly More Combo(DJI RC 2付属)」の3製品をラインナップ。

直販価格は「DJI Air 3(DJI RC-N2付属)」が129,800円、「DJI Air 3 Fly More Combo(DJI RC-N2付属)」が165,000円「DJI Air 3 Fly More Combo(DJI RC 2付属)」が187,000円となる。

↑「DJI Air 3(DJI RC-N2付属)」

↑「DJI Air 3 Fly More Combo(DJI RC-N2付属)」

↑「DJI Air 3 Fly More Combo(DJI RC 2付属)」

製品情報
https://www.dji.com/jp/air-3

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。