小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PFUのドキュメントスキャナー「ScanSnap iX1600」にスキャンしたデータを直接ネットワークフォルダに保存できる機能が追加

2023.08.02

PFUは、ドキュメントスキャナー「ScanSnap iX1600」に、タッチパネル操作でスキャンしたデータを直接ネットワークフォルダーへ保存できる機能を追加したと発表した。

同機能は、ソフトウェア「ScanSnap Home」のアップデートおよび「ScanSnap iX1600」のファームウェアのアップデートにより利用できるようになる。

今回追加されたネットワークフォルダーへのダイレクト保存機能は、「クラウドへの保存が不安な重要書類はローカルネットワーク上のフォルダーに保存したい」「大量の書類のバックアップを大容量のネットワークフォルダーに保存したい」といった多くのユーザーからの要望をうけ、実現したもの。

あらかじめ保存先として任意のネットワークフォルダーを設定したアイコン(プロファイル)をScanSnap iX1600のタッチパネルに登録しておけば、アイコンを選んでスキャンするだけで、PCを開くことなくスキャンしたデータをネットワークフォルダーに直接保存できるので、オフィスの一角や家庭のリビングなどにScanSnapを設置して、ScanSnap単体で利用のネットワークフォルダーへとスキャンしたデータを保存するといったことが可能となる。

これにより、例えば、社内規定でクラウドサービスには保存したくない個人情報を含む書類や、士業の方が取り扱う重要書類の控えなどを、ScanSnapでスキャンしたときに、ローカルネットワーク上のフォルダーに安心して保存することが可能。また、容量の限られるクラウドサービスに保存しにくい大量のファイルも、大容量ネットワークフォルダーなら気兼ねなく保存することができる。

なお、今秋ごろには、ネットワークフォルダーへのダイレクト保存でも、スキャンした原稿の裏写り低減や、e-文書法の画質条件を満たすイメージデータの生成に対応する予定であるとのことだ。

関連情報
https://www.pfu.ricoh.com/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。