小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中小企業の従業員は今年の夏どれくらいボーナスを支給されたのか?

2023.07.28

なんとなく気になる他人のボーナス。今年の夏、中小企業および零細企業の従業員にはどれくらいの金額が支給され、またこの臨時収入をどんなことに使う予定なのだろうか?

フリーウェイジャパンはこのほど、中小企業/零細企業の従業員140人、ならびに代表取締役115人を対象とした、「2023年度 夏のボーナス実態調査」を実施し、その結果を発表した。

夏のボーナス、支給済/支給予定は31.3%

経営者に対して夏のボーナスの支給予定について聞いたところ、「支給予定あり/支給済み」が31.3%で、2022年度に実施した夏のボーナス調査の結果と比較して11.7ポイントの減少となった。「支給予定無し」については33.9%、「未定」が8.7%という結果に。

Q1. 夏のボーナスの支給予定はありますか?またはすでに支給しましたか? (SA)
(n=115)

ボーナス支給額は平均44.1万円、「10万円~20万円」「50万円~60万円」が多い結果に

Q2. 支給額はいくらですか?(SA)
対象:従業員の内、ボーナスが「支給された」「まだ支給されていないが、支給される予定で支給額も把握している」と回答した方(n=30)

ボーナスが支給された、または支給予定で金額を把握している従業員にボーナスの支給額を聞いたところ、「10万円~20万円未満」と「50万円~60万円未満」が同率最多で20.0%となった。その他、「40万円~50万円未満」が16.7%、「30万円~40万円未満」が13.3%と続き、回答者の平均額は44.1万円であった。

今年度のボーナス支給額が増加した企業は44.4%

Q3. 昨年の夏のボーナスと比べて増減はありましたか?(SA)
対象:Q1について「支給予定あり/支給済み」と回答した方(n=36)

昨年度と比較した支給額の増減のについて聞いたところ、「全体的に増加した・増加する」が44.4%という結果に。前述の支給平均額44.1万円について、昨年度の支給額平均42.8万円からは1.3万円の増加となった。また、「全体的に減少した・減少する」は16.7%、「変わらない」が38.9%であった。

ボーナスの使い道、「預金・貯金」が最多の40.0%、昨年夏と比べて12.1ポイントの減少

Q4. ボーナスの使い道を教えてください。(SA)
対象:従業員でボーナスが「支給された」「まだ支給されていないが、支給される予定で支給額も把握している」と回答した方(n=30)

ボーナスが支給された、または支給予定で金額を把握している方に使い道を聞いたところ、最多が「預金・貯金」の40.0%で、昨年から引き続き最多回答となったものの、割合としては12.1ポイントの減少に。次点で「生活費」が20.0%、「借金・ローンなどの返済」が13.3%と続き、コロナ禍で貯蓄に回す傾向が強かった昨年と比較して、支出の傾向が強まる結果に。

昨年下期から今年度上期まで、業績に「変化なし」の回答が44.3%

Q5. 今年度の上期と昨年度の下期で業績の変化についてお答えください。(SA)
(n=115)

今年度の上期と昨年度の下期での業績の変化について聞いたところ、「変化なし」が最多の44.3%ということが明らかに。また、「昨年度の下期では業績が下がったが、今年度の上期は業績が上がった」が5.2%、「昨年度の下期から今年度の上期を通して、業績が上がった」が20.9%。「昨年度の下期では業績が上がったが、今年度の上期は業績が下がった」が12.2%、「昨年度の下期から今年度の上期を通して業績が下がった」が17.4%という結果になった。

過去半年以内に賃上げを実施した41.7%の企業の内、半数がボーナス支給額に「影響はない」と回答

Q6. 賃上げは今年度のボーナス支給額に影響はありましたか?(SA)
対象:経営者の内、過去半年以内の賃上げ実施有無について「はい」と回答した方(n=48)

過去半年以内の賃上げ実施有無について聞いたところ、「はい」が41.7%、「いいえ」が58.3%という結果に。また、賃上げを実施した企業の内、今年度のボーナス支給額への影響については「良い影響がある」が6.3%、「やや良い影響がある」が18.8%という回答に。「悪影響がある」は2.1%、「やや悪影響がある」は4.2%、「影響はない」が50.0%であった。

冬のボーナス支給、見通しが立っている経営者は全体の23.5%

Q7. 冬のボーナスに対して支給の見込みが立っていますか?(SA)
(n=115)

冬のボーナスの支給見込みについて聞いたところ、「立っている」が23.5%、「立っていない」が44.3%、「わからない」が32.2%という結果に。昨年度に比べて、冬のボーナス支給の見込みが立っている企業は14.2ポイントの減少となった。

<調査概要>
調査タイトル:2023年度 夏のボーナス実態調査
調査方法  :インターネットリサーチ
調査期間  :2023年 5月16日~5月22日
調査対象  :中小企業/零細企業の従業員140人、代表取締役115人

出典元:フリーウェイジャパン調べ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。