小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

その手があったか!外出先で役立つ〝子どもの飽き〟を予防する知恵

2023.08.03

夏休みが始まって親子で出かける機会が増える時期。外出先で子どもが飽きてしまうといった悩みを抱く人も多いはず。

そんな子育て中の人ならば、誰もが抱える育児の悩みをクリエイティブの手法を活かして、新しい視点から解決するのが、プランナーの佐藤ねじさんとおもちゃ作家の佐藤蕗さんご夫妻です。

父、母、長男(小6)、次男(4歳)の4人家族である佐藤家から生まれた様々なアイデアを1 冊にまとめた『子育てブレスト』が8月 2 日に発売されます。0歳から小学校高学年まで役立つ 67 のアイデアが詰め込まれた同著から、今回は子どもとの外出時の困りごとを解決するアイデア5選をご紹介します。

1)街にある文字探し「ぬ探し」で子どもも飽きない

外出先や旅行先で子どもが飽きてしまったときの遊びとして、父・ねじさんが考えたのが「ぬ探し」。

ルールは、街にある看板やポスターなどから、いち早く「ぬ」を探し出した人が勝ちというシンプルなものです。文字の中でも、「ぬ」は街中で目にすることが少ないので、ゲームとしてもなかなか盛り上がります。さらに「道端で犬を発見したら1点」などルールを付け加えても楽しめるとのこと。

他にも街中で「パンダの絵探しゲーム」でもいいし、都心を歩いているときに「路上に咲く花探しゲーム」でもいい。「ちょっと珍しいけど、探せばあるもの」に設定するのがポイントだそうです。

2)難易度が激烈アップする「指スマ10」

「指スマ」や「ちっち」などと呼ばれる、プレイヤーが立てる親指の数を当てるゲーム。これにルールを加えて、両手の指10本をすべて使って指スマをする「指スマ10」も父・ねじさんが考案。これは待ち時間などの時間つぶしにぴったりです。

2人で対戦する場合は指の数が20本。なかなか予想が当たりませんが、難易度の高さゆえ、当たったときはものすごく盛り上がるそう!

ほかにも、手の親指代わりに足を上げ下ろしする「足スマ」も。

3)いつもの公園が新鮮に!「新しい公園ルール」

いつも同じ公園遊びをしていると飽きてしまうもの。そこで、父・ねじさんが導入したのが「新しい公園ルール」です。

たとえば、本来なら漕いで遊ぶブランコを、逆に「先に止まった方が勝ち」というルールで対戦します。「足を使って止めてはいけない」「身体が地面についてはいけない」などの制約をつけて、親子どっちが早くブランコを止められるかを競います。

そのほか「クイズすべり台」は、解答者が、すべり台の上に登ったら、出題者はその人がすべる直前にクイズを出し、解答者はすべり終えるまでに答えるというもの。すべり台でクイズ番組のアトラクション感覚を楽しめて、子どもにも大好評だったとか。追加ルールを考えることで、いつもの公園で、さまざまな新しい遊びを楽しめるようになりました。

4)木の枝が、ドキドキする文具に変わる「パークペン」

最後は“飽き予防”ではないですが、公園での新しい遊び方を紹介。

公園に行くと、子どもたちが枝で地面に絵を描いているのを見かけるもの。「公園の木の枝が太さ順に整理されて、文房具屋さんのペンのようにパッケージされて並んでいたら楽しいかもしれない」という父・ねじさんの空想から生まれたのが、「パークペン」でした。

専用のパッケージを作り、2~15mmの太さ順に、公園に落ちていた枝を入れてきます。当時4歳だった長男は、喜んでいろいろな太さのペンを試していたそうです。

「子育てブレスト」大好評予約受付中

今回紹介したアイデアをはじめ、寝ない、食べない、登園しない、宿題をしないといった日々の育児悩みを解決する真似しやすいアイデアも多数収録。忙しいお父さんお母さん必読の一冊です。ぜひチェックしてみてください。

子育てブレスト その手があったか!67のなるほど育児アイデア集』(小学館)
著/佐藤ねじ・佐藤蕗
8月2日発売
定価:1650円(税込)

絶賛予約受付中!
www.amazon.co.jp/dp/4093891230

【著者プロフィール】
●佐藤ねじ
1982年生まれ。プランナー/クリエイティブディレクター。面白法人カヤックを独立後、2016年ブルーパドルを設立。WEB・アプリ・商品やお店などの企画とデザインを行う。主な仕事に「ボードゲームホテル」「隠れ節目祝いby よなよなエール」「アルトタスカル」「不思議な宿」「佐久市リモート市役所」「小1起業家」「劣化するWEB」など。著書に『超ノート術』(日経BP)がある。

●佐藤蕗
1982年生まれ。手づくりおもちゃ作家。建築設計事務所勤務を経て、第1子の出産を機にフリーランスに。育児をしながら作っていたおもちゃが反響を呼び、デザイナーやイラストレーターとしての活動のかたわら造形作家として、現在は雑誌や新聞、WEBなどで作品を発表している。著書に『ひらめいた! 遊びのレシピ ふきさんのアイデアおもちゃ大百科』(偕成社)など。

文/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。