小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Twitterの休眠アカウント削除を機にやっておきたいSNSアカウントの整理術

2023.07.30

2023年5月8日、イーロン・マスクが自身のSNSを通じて発表し、大きな反響を集めているのが、数年間、休眠状態にあるアカウントを削除することです。削除されたアカウントは「アーカイブ扱い」となり、ユーザーは「アーカイプ扱い」のアカウントにアクセスできなくなる可能性が高くなります。

休眠アカウントが削除されるリスクを避けるためには、少なくとも30日の間に1回は、アカウントにログインする必要があるとのことです。イーロン・マスクとしては、使われていないユーザーIDを解放し、ほかの利用者が使えるようにする狙いがある模様ですが、いずれにしても、このようなTwitterの規約変更を機に、現在利用されている様々なインターネットサービスは「永遠に継続するものではない」という意識を高めた人も多いでしょう。

そこでこの記事では、SNSをはじめとする各種サービスの登録アカウントの見直しについて解説します。SNSを運用している方は、今回の記事を参考にアカウントの整理をしてみてください。

休眠アカウントのリスクと対策

休眠アカウントの削除リスクを理解することは重要です。Twitterでは、長期間ログインしないアカウントを「休眠アカウント」とみなし、削除対象となる場合があります。削除されたアカウントはアーカイブ扱いとなり、その内容へのアクセスが制限されてしまう可能性が高まるでしょう。

このリスクを回避するためには、定期的にアカウントにログインすることが必要です。少なくとも30日に1回のログインを心掛けましょう。また、アカウントを有効に使っていない場合は、解約を検討することも一つの手段です。次に、具体的に利用頻度の低いSNSアカウントの見直しについて考えていきます。

利用頻度の低いSNSアカウントの見直し

多くの人がFacebookやLinkedInなど複数のSNSに登録していますが、時間が経つにつれて利用頻度が低下することがよくあります。こうしたアカウントは整理することで、より効果的にSNSを利用できるでしょう。

利用頻度が低くなったアカウントに対しては、以下のような対応策が考えられます。

解約の判断: 利用頻度が低いアカウントを解約する前に、そのアカウントに保存されている情報やコネクションの重要性を検討しましょう。友人やビジネス関係の重要なコンタクトが含まれている場合は、解約する代わりに他のSNSとの連携を検討する方が良いかもしれません。

有効な情報の更新: 利用頻度が低くなったアカウントでも、プロフィール情報や連絡先などの重要な情報を更新しておくことが大切です。特にビジネス関係のアカウントでは、最新の情報が含まれていることで重要な機会を逃さないようにしましょう。

別のプラットフォームへの移行: 解約する前に、同じコネクションや情報を保持しつつ別のSNSに移行する方法を検討することも重要です。例えば、Facebookアカウントの友人関係をLinkedInに移行させることで、ビジネス関係をより専門的なコミュニケーションに移行できます。

写真やテキストのアーカイブ化と他SNSでの管理方法

SNS上で公開していた写真やテキストは、大切な思い出や情報が詰まっています。それらをアーカイブ化することで、削除されたりアクセスできなくなったりするリスクを回避できます。

アーカイブ化の重要性: SNS上の写真やテキストは、サービスが終了したりアカウントが削除されたりすると失われる可能性があります。特に、長い間利用しているアカウントには多くの思い出が詰まっているかもしれません。写真や投稿をアーカイブ化し、これらの貴重なデータを保護しましょう。

アーカイブ化の方法: SNSサービス自体がアーカイブ機能を提供している場合もありますが、外部のアーカイブツールを利用する方法もあります。写真はクラウドストレージに保存し、テキストはファイルとしてダウンロードするなど、適切な形式で保管しましょう。また、写真の場合はアルバムごとに整理することで後々の管理がしやすくなります。

他のSNSでの再利用: アーカイブ化したデータを他のSNSで再利用することも考慮しましょう。たとえば、写真を別のSNSにアップロードすることで、新たなコミュニケーションのきっかけになる可能性もあります。ただし、プライバシーや著作権に注意して再利用するようにしましょう。

移行ツールの活用方法

SNSアカウントを整理する際には、移行ツールを上手に活用することで効率的な整理が可能です。具体的には、以下の活用方法が期待できるでしょう。

アカウント情報の移行: 移行ツールを使えば、アカウント情報を手作業で別のSNSに移動させる手間を省くことができます。例えば、FacebookからLinkedInに移行する場合、友人リストやプロフィール情報を一括で転送できるツールがあります。

写真や投稿の移行: 移行ツールを使用することで、写真や投稿も手軽に別のSNSに移動できます。たとえば、Instagramの写真をGoogle Photosに一括で移行させるなどの方法があります。

データの整理とバックアップ: 移行ツールを利用することで、複数のSNSに散在しているデータを一元的に整理できます。また、バックアップも同時に行い、データの喪失を防止できます。

移行ツールを使いこなすことで、SNSアカウントの整理がよりスムーズに行えるだけでなく、他のプラットフォームでの活用も進められるでしょう。

サービス解約の損しないタイミング

SNSアカウントや他のオンラインサービスを解約する際には、損失を最小限に抑えるために適切なタイミングを見極めることが重要です。具体的には、下記のポイントに注意しましょう。

契約内容を確認: 解約する前に、契約内容やキャンセルポリシーをよく理解しておきましょう。一部のサービスでは解約手続きに期間や手数料の制約がある場合があります。また、解約に際して必要な手続きや注意事項を把握し、トラブルを未然に防ぎましょう。

プランの最適化: 利用頻度が低くなったと感じるアカウントについて、そのプランを見直すことも考慮しましょう。利用頻度に合ったプランに変更することで、不要なコストを削減し、必要な機能を維持することができます。

代替サービスの確保: 解約する前に、代替のサービスを見つけておくとスムーズです。同等のサービスを提供する他のプラットフォームをリサーチし、機能や料金面で合致しているかを事前に比較しましょう。これにより、サービスの切り替えによる生活や仕事への影響を最小限に抑えることができます。

アーカイブの完了: アカウント解約前に、アーカイブ化したデータや重要な情報が正しく保存されているかを確認しましょう。解約後はアクセスできなくなる可能性があるため、アーカイブ化が完了していることを確認してから手続きを進めることが大切です。

解約の実行: 解約のタイミングは慎重に決めるべきですが、適切な判断ができたら実際に手続きを進めましょう。サービスの提供元への連絡やオンラインフォームの使用など、解約手続きに従って処理を行ってください。

まとめ

SNSアカウント整理に関する具体的な手法や解約のタイミングについて解説しました。イーロン・マスクのTwitterアカウント削除に刺激を受け、SNSアカウントの見直しは大切なタイミングとなっています。利用頻度が低くなったアカウントは解約や情報の更新を検討し、データのアーカイブ化や他のプラットフォームへの移行を行いましょう。

また、移行ツールの活用により効率的な整理が可能であり、解約時には契約内容や代替サービスの確保、アーカイブの完了などに留意することで損失を最小限に抑えられます。今回の記事を参考に、SNSアカウントを効率的に整理しましょう。

文/長谷川貴之

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。