小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

無人島に持っていきたいキャンプ用品TOP3、3位寝袋、2位テント、1位は?

2023.07.23

「無人島に1つだけ持っていけるとしたら?」誰もが1度は考えたことがあるかと思う。

なかにはスマホや頼りになる友人をチョイスする人もいるかもしれないが、「キャンプ用品」に限定したら何を選ぶ人が多いのだろうか。

そこで日本トレンドリサーチは、「タナベスポーツ」と共同で全国の男女1000名を対象に、「無人島に持っていきたいキャンプ用品」に関するアンケートを実施した。

無人島に1つだけ持っていけるとしたら選びたいキャンプ用品ランキング

無人島に1つだけ持っていけるとしたら持っていきたいキャンプ用品ランキング、1位は「包丁・ナイフ」で363票であった。

代わりとなるものを無人島で入手することの難易度やその汎用性から、1位に輝いたようだ。ほかにも上位にランクインしたものはどれも生活に欠かせないものばかり。

あなたが「無人島に1つだけ持っていけるとしたら持っていきたいキャンプ用品」はあっただろうか。自分ならどのように無人島生活を生き抜くか、想像してみるのも楽しいかもしれない。

以下、回答者から寄せられたコメントを紹介しよう。

第1位 包丁・ナイフ 363票

・狩猟、食材の捌き等、刃物じゃないとできないことが一番多いと思うから(40代・男性)
・食料を切ったり、何かに襲われそうになったときに武器にもなるから。(20代・女性)
・テントと迷いました。けれど、包丁が一番代用品を探しにくいと思ったので。(50代・性女)
・ナイフさえあればなんでも切れるので、狩りもできるし、木を切ったりして小屋を作ったりもできるから。(40代・女性)
・無人島には水もあるし、火も頑張れば起こせそうだけど、包丁だけはどうにもならないと思うからです。獲物を獲るのにも使えるし、調理にも使えるし、蔦などを切るのにも使えるので便利だと思います。(30代・女性)

他のアイテムは現地で調達したり代用品を準備できそうだが、刃物を用意するのは難しそうだ。さらに包丁やナイフがあれば無人島での活動もしやすいとのことで、納得の1位であった。

第2位 テント(タープ) 239票

・住むところと、虫が嫌だから(10代・男性)
・夜寝る時に虫や動物の恐怖を少しでも減らして安心して眠りたいから。(50代・女性)
・雨風しのげる空間がないと落ち着けないと思うから(50代・男性)
・雨風や虫などから身を守るため。(40代・女性)
・干からびないように少しでも体力の消耗を防ぐためテントにした(30代・女性)
・とりあえず寝たり、身を隠したりができるから(30代・女性)

第2位は「テント(タープ)」。「雨風をしのげて、虫や外敵などからも身を守ることができるから」という理由が多く寄せられた。ほかにも「自分だけの空間が無いと落ち着かない」といった声も少なくなかった。

第3位 寝袋(シュラフ) 187票

・地べたでは寝れないから。(20代・女性)
・布団がないと寝れないタイプだから(10代・女性)
・寒さには耐えられないだろうから、虫から肌を守れる(30代・女性)
・雨や寒さもしのげる(50代・男性)
・睡眠がある程度快適でないと日中の活動もできないから(30代・男性)
・火は色んな方法で着けられるので不要。食べ物は食べられる草を知っていますし、魚を釣れば済みます。寝袋は必須です。無人島なので野外で寝ることになりますが、虫刺されがひどいと思うので、虫刺されから自分を守るために必要だと思います。(50代・女性)

第3位にランクインしたのは「寝袋(シュラフ)」であった。睡眠は生きていく中で必要不可欠ということで、安全に眠れる環境を重視している人も多いようだ。

第4位 焚き火台 62票

・まず明かりや火がないと生活できない(40代・女性)
・火がないと何もできないと思うから(30代・男性)
・キャンプには一番火が必要だと思うから(50代・女性)
・火をおこすのが一番大変で面倒くさそうだから(50代・女性)
・どれも捨てがたい道具ばかりだが、火を起こすことができればどうにかなりそうだから。(40代・男性)

第4位は「焚き火台」。「火」は生きるために欠かせないものなので、それを起こせる焚き火台も上位にランクインしていた。

第5位 ランタン 56票

・明かりがないと夜は何も出来なさそうだから(20代・男性)
・夜の暗闇に対処するため(50代・女性)
・他のものは現地調達で何とかなりそうだが、明かりは入手困難だと思うので。(40代・男性)
・夜に獣から身をまもるために明かりがほしいから(50代・女性)
・光を出して救助してもらいやすくするため(40代・男性)

第5位は「ランタン」が獲得。「生活に明かりは必要だから」といった回答が多く見られたが、なかには「救助してもらいやすくするため」といった意見もあった。

第6位 鍋 50票

・他のものは作ったり代用したり出来るけど、鍋の変わりはなかなか作ったり代用するのは難しいから(30代・男性)
・食事は必ずするので。ナベはその辺で簡単に拾って来る事は出来ないと思うので。(50代・女性)

第7位 マッチ・ライター 22票

・火を自分で起こせそうにないから(30代・女性)
・火をおこす事が最重要(50代・男性)

第8位 チェア 9票

・地面に座るとお尻が痛くなりそうだから(30代・男性)
・何を選ぶにも悩みますが島に到着したならばチェアに座り海や周りの風景をゆっくりと眺めて自然を感じる事が出来るから。(60代・女性)

同率第9位 テーブル 6票

・便利だから(50代・男性)
・手軽に扱えるから(20代・男性)

同率第9位 食器 6票

・食事の際に必要。ないと困る。(50代・女性)
・葉っぱで食べるのはいや(40代・女性)

調査概要
調査名:無人島に持っていきたいキャンプ用品に関するアンケート
調査期間:2023年6月26日 ~6月29日
調査機関:日本トレンドリサーチ(自社調査)
調査対象:全国の男女
有効回答数:1000サンプル
調査方法:インターネット調査

関連情報:https://trend-research.jp/18727/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。