小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インベーダーが現実世界に!タイトーがGoogleの最新AR技術を採用した没入型ゲームアプリ「スペースインベーダー ワールドディフェンス」をリリース

2023.07.22

タイトーは、没入型のAR(拡張現実)モバイルゲーム「スペースインベーダー ワールドディフェンス」の配信を開始したと発表した。

「スペースインベーダー ワールドディフェンス」は、GoogleのARCore Geospatial APIのAR技術であるStreetscape Geometry APIを駆使したモバイル3Dゲーム。プレイヤーは、スマートフォンを片手に近所を探索し、発見したスペースインベーダーを倒すことでポイントを獲得。より多く倒すことで特別なパワーアップのアンロックや、エリアごとのランキングに参加することができるほか、ARセルフィーにより撮影したプレイ画像をSNS上でシェアすることも可能だ。

Google Streetscape Geometry APIは、ユーザーの現在地から半径100m以内にある建物の 3Dモデルデータを取得することができ、ARオブジェクトが隠れて見えるように(=オクルージョン表現)したり、現実空間の建物に反射するような表現、さらには特定の建物に AR オブジェクトを貼り付けるといった表現ができる機能で、現実空間に溶け込んだ没入感の高いARコンテンツ開発を実現する。

「スペースインベーダー ワールドディフェンス」では、ARCoreとGeospatial APIにより、プレイヤーの周囲だけでなく、近くの建物、橋、その他の建築要素などを使用して、現実世界のARと画面上の3D空間を融合。これにより、プレイヤーは、現実世界の場所、時間、天気などに適応した、より没入感のある魅力的なゲームプレイを楽しむことができるというわけだ。

「スペースインベーダー ワールドディフェンス」は、Google PlayまたはApp Storeからダウンロードすることが可能。興味がある人はチェックしてみては?

SPACE INVADERS & © TAITO CORPORATION 1978, 2023 ALL RIGHTS RESERVED.
※画像は開発中のイメージです。

関連情報
https://spaceinvaders-wd.com/index.html

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。