小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年の食品値上げは7月中に年3万品目に到達する見込み

2023.07.21

昨年に引き続き、2023年も食品の値上げラッシュが止まらない。原料高やエネルギー価格の高騰などを理由に、加工食品、乳製品、パン、飲料といった様々な商品が値上がりし、消費者を苦しめ続けている。

そんな中、帝国データバンクはこのほど、食品メーカー主要195社における価格改定動向についての実態調査を行い、その結果を発表した。

今年の食品値上げ、前年を超える 10月に再び5000品目超えも

2023年の値上げが前年の累計を超えた。家庭用を中心とした飲食料品の年内値上げ品目数は、6月30日までの判明ベースで累計2万9106品目に上った。バブル崩壊以降で類を見ない、記録的な値上げラッシュとなった22年通年の2万5768品目を超えた。

2万5000品目の判明まで22年は9カ月を要したのに対し、23年は6カ月間と約3カ月早く、品目数も前年から月当たり約1.5~2倍のペースで推移している。

また、調査対象195社のうち9割超の企業が前年から1回以上の値上げを行ったほか、23年単年でも約8割・159社で値上げを既に実施・予定している。

2023年7月単月の値上げ品目数は3566品目となった。前年7月(2443品目)から約1000品目・1.5倍増加し、今年に入って5回目となる3000品目超えとなった。

8月以降の推移をみると、8月は乳価改定の影響を受けてパック牛乳やヨーグルトなど乳製品を中心に987品目、9月もチョコレート菓子など1686品目が値上げ予定となる。

10月は、瓶など包装資材価格の上昇を背景に、日本酒やワインなど酒類を中心とした3385品目が値上げ予定で、4月以来半年ぶりに5000品目超えの値上げラッシュとなる可能性がある。

足元では、2022年10月に代表される食品全体の急ピッチな値上げは、今春を境にピークアウト傾向にある。ただし、電気・ガス代に加え、プラ製包装資材、物流2024問題への対応費用などコストアップ要因は点在しており、値上げは緩やかながらも断続的に続いている。

7月は「パン」 1500品目超の一斉値上げ 年間では5食品分野で前年を上回る

2023年7月の値上げは、「パン」(1578品目)が全食品分野で最多だった。品目数でパンが最多となるのは、同じく輸入小麦価格改定の影響でパンが一斉値上げとなった昨年7月以来、1年ぶりとなる。

「加工食品」(836品目)はパックごはんやレトルトカレーなどが中心に値上げが予定されるほか、「調味料」(619品目)もめんつゆ製品やスパイス製品で値上げとなる。「菓子」(242品目)は、チョコレート菓子や焼き菓子、ポテトチップス関連製品を中心に値上げとなる。

2023年通年では、加工食品やパンなど4食品分野で前年を超えた。最も多い「加工食品」は全食品分野で唯一1万品目を超えた。「乳製品」(1175品目)は前年とほぼ同水準に並んだほか、今後さらなる乳価の引き上げも想定されており、前年を上回る可能性がある。

7月中に年3万品目へ到達 値下げや価格据え置きも年内1000品目に迫る

2023年の値上げは、原材料価格の高騰による影響は一部で落ち着きつつある半面、電気代や人件費、物流費の負担が徐々に増しており、値上げペースは引き続き高水準で推移している。

一方で、足元では物価上昇に比べて家計の食費支出は勢いを欠き、値上げ後に店頭での売れ行きが伸び悩む食品も出始めるなど、値上げに対する消費者マインドは徐々に寛容さを失いつつある。

こうした値上げについていけない消費者の「値上げ疲れ」「生活防衛」志向を受け、メーカー側でもコストアップ分を都度価格へ転嫁する「値上げ」の勢いは前年ほどの力強さがみられない。

また、一部酒類を中心に価格据え置きや値下げも累計1000品目に迫り、値上げの様相は昨年と異なっている。

2023年の食品値上げは、22年に比べて高水準を保ちながらも、10月をピークに一旦は沈静化する見通しで、年間累計は3万5000品目前後の到達が予想される。

<調査概要>
※品目数および値上げは、各社発表に基づく。また、年内に複数回値上げを行った品目は、それぞれ別品目としてカウントした。値上げ率は発表時点における最大値を採用した。なお、価格据え置き・内容量減による「実質値上げ」も対象に含む
※対象期間:6月30日9時時点
※調査機関:株式会社帝国データバンク

出典元:帝国データバンク

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。