小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

見たことがあるけど読めない言葉「耽る」の読み方と意味

2023.08.05

『耽る』の読み方を答えられますか?「見たことがある漢字だけど、何て読むんだっけ?」と、頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。いざというときに正しく使えるように、『耽る』の読み方・意味・言い換え表現を紹介します。

「耽る」の読み方とは?

『耽る』の字面から、なんとなく意味が分かるという人も多いのではないでしょうか。まずは正しい読み方と意味を確認し、あやふやな知識をしっかり固めておきましょう。

「耽る」の読み方

『耽る』は訓読みで『ふける』と読みます。『ひたる』と読み間違えられやすいのですが、『耽る』には『ふける』以外の読み方はありません。

なお、『耽』は音読みにすると『たん』となります。不健全なものに夢中になる『耽溺(たんでき)』、美しさを至高とする『耽美(たんび)』といった熟語にすると、よりイメージしやすいかもしれません。

「耽る」の意味

『耽る』とは、『集中してのめり込むこと』『一つの物事に熱中すること』を意味する言葉です。「一日中、読書に耽っていた」「彼は物思いに耽っているようだ」のように使われます。

心を奪われるという意味の上では、『溺れる』『夢中になる』などに言い換えることができるでしょう。

『耽』の漢字を分解してみると、『耳』と『冘(イン)』に分かれます。『』は『垂れる』『まくらに頭をしずめる』という意味があり、転じて何かに心が沈み込む様子を表して『耽』という漢字ができました。

「耽る」の類語・言い換え表現

仕事に集中する男性

(出典) pixta.jp

人が何かに夢中になることはよくあることで、その分だけ豊富な表現方法があります。いずれもよく使われる言葉なので、『耽る』の類語や言い換え表現を覚えておきましょう。

「没頭する」

『没頭する』は『ぼっとうする』と読みます。『没』には『うちこむ』『はまり込む』という意味を持つ漢字で、『没頭』は『頭を突っ込むこと』『一つの物事に熱中すること』という意味になります。

『熱中する』の意味の方に関しては、『耽る』と『没頭する』はほぼ同義語となるため、たいていは問題なく言い換えられるでしょう。

「仕事に没頭しすぎて睡眠時間が十分に取れない」「趣味に没頭すると、時間が経つのを忘れてしまう」のように使われます。

『耽る』が否応なくはまり込んでいくイメージがあるのに対して、『没頭する』が自ら打ち込む印象といった、若干のニュアンスの違いはあるかもしれません。

「浸る」

『浸る』は、『ひたる』と読みます。『つかる』と読みたくなるかもしれませんが、その場合は送り仮名が『浸かる』となるため注意が必要です。

『浸る』には、『水などの中に入る』のような、『つかる』と同じ意味もありますが、『耽る』の類語となるのは『ある状態や心境に入りきる』という意味の方です。

「映画の余韻に浸った」「大きな喜びに浸った」など、気持ちがすっかり持っていかれている様子を指すこともあれば、「酒に浸る」のように物理的な状態を示すこともあります。

植物にまつわる難読漢字

たんぽぽ

(出典) pixta.jp

『耽る』と同じように、普段から何げなく口にしているにもかかわらず、多くの人が読めない漢字があります。今回は植物にまつわる難読漢字を見ていきましょう。

「蒲公英」

『蒲公英』と書いて、『たんぽぽ』と読みます。開花前のたんぽぽを天日干しにした、『蒲公英(ホウコウエイ)』という漢方がありますが、ここからたんぽぽの漢字がつけられました。

たんぽぽの名前の由来には諸説あり、綿を丸めて布や皮で包んだ『たんぽ』に似ているからといわれています。

また、野道に咲く『田菜(たな)』に、綿毛がほぐれる様子を指す『ほほける』を合わせて音が変化したものとも、つぼみが鼓に似ていることから、鼓を打ったときの『タン、ポン、ポン』という音が語源という説もあります。

「菫」

『菫』の読み方は、『すみれ』です。『すみれ』と呼ばれるようになったのは、花の形が大工が使う『墨入(すみいれ)』という道具に似ていたからだとされています。

なお、『菫』とは、『すみれ』という名前の植物種を指すこともあれば、スミレ科スミレ属の植物の総称としても使われる言葉です。総称として用いられる場合は、スミレ科であるパンジーやビオラも『菫』の一種となります。

植物種の『すみれ』は、ほとんどの人がイメージするであろう、小さな紫色の花を咲かせる植物のことです。学名をビオラ・マンジュリカといい、『ホンスミレ』や『マンジュリカ』という俗称で親しまれています。

「含羞草」

『含羞草』の読み方は、『おじぎそう』です。7~9月に小さな桃色の花を咲かせるマメ科の低木で、葉が閉じて垂れ下がる様子から『おじぎそう』と名付けられました。

夜になると葉が閉じるため、『眠草(ネムリグサ)』ともいわれます。また、手などで触れたときも葉が閉じて垂れ下がります。その恥ずかしがるような様子が『含羞草』という漢字の由来です。

ちなみに英語名は『sensitive plant(敏感な植物)』といいます。どの名前も葉のユニークな運動に由来しているので、一度聞いただけでも覚えやすいのではないでしょうか。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。