小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

墓参りの習慣がある人は6割超、滞在時間は「5分以上10分未満」が最多

2023.07.20

行動制限のない今年の夏は、久しぶりの帰省と墓参りを予定している人も多いのではないか。

日用品流通の情報基盤を運営するプラネットが発信しているニュースレター「Fromプラネット」において、そんなお墓参りに関する意識調査の結果がリポートされているので、内容を抜粋してお伝えしよう。

「お墓参り」している人は6t割超

まず、お墓参りに行く習慣があるかどうかを聞いたところ(図表1)、「1箇所だけお墓参りに行く習慣がある」(37.8%)が最多だった。

「お墓参りに行く習慣はない」と回答した人も少なくはなく、36.0%いた。3人に1人はお墓参りの習慣がないことになる。

「複数のお墓参りに行く習慣がある」(26.3%)という人は、年齢が上がるほど割合が高くなっている。「複数のお墓参りに行く習慣がある」という人を配偶者・パートナーがいるかどうかで比べると、いる人の場合は32.3%、いない人の場合は15.7%と大きく差が付いた。結婚したことで、相手の実家のお墓にも行くようになることが推察できる。

ちなみに今回、「家に仏壇があるか」も聞いている。結果は仏壇がある人は37.9%、ない人は62.1%だった。

家に仏壇がある人のうち、「お墓参りに行く習慣はない」と回答した人は17.4%でしたが、家に仏壇がないと答えた人のうち、「お墓参りに行く習慣はない」人は約半数の47.3%となっている。

お墓のタイプは圧倒的に石墓が多い

お墓参りに行くお墓のタイプを聞くと(図表2)、圧倒的に「石」タイプが多い結果となった(73.7%)。

エリア別(北海道、東北、北・南関東、北陸・甲信越、東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄)でお墓のタイプを見ると、ほとんどのエリアで「屋内墓苑・ロッカー式」と回答した人は10%以下。

しかし、北海道は23.6%、九州・沖縄は20.7%と2つのエリアだけ突出して高くなっている。ちなみに最も割合が低いのは東北(0.9%)、次が北関東(3.9%)となっている。

また、「お墓はない」と回答した人は14.7%だった。

お墓参りの時期は旧盆が最多

次にお墓参りに行く時期について聞くと(図表3)、最も割合が高いのは、「旧盆(8月)」(38.6%)、次いで「春のお彼岸」(32.0%)、「秋のお彼岸」(29.6%)の順。

旧盆と同じく、実家に帰省する人が多いと思われる「年末年始」だが、旧盆の半分以下の16.1%に留まっている。

「特に決まっていない」と回答した人は、全体で35.3%だが、男女ともに30代が最も割合が高く、男性・30代は55.8%、女性は47.8%となっている。

また、お墓参りのとき、掃除なども含めた滞在時間を聞くと(図表4)、最も割合が高いのが「5分以上10分未満」(29.4%)、あまり差がなく「10分以上15分未満」(27.4%)、「15分以上30分未満」(24.7%)と続く。

年代別に見ると、70代以上は「15分以上30分未満」と回答した割合がほかの年代より高く、男性だと34.3%、女性だと30.8%となっている。

持参するもの1位は「線香」

お墓参りに持参するものを聞くと(図表5)、最も割合が高かったのは「線香」の73.0%、次が「花」(70.2%)となった。「ライター・マッチ」が59.4%となっていますが、持参していない人はどうやって火をつけるのか。

「掃除道具」は35.6%、「手桶・ひしゃく」は20.3%なので、手を合わせるだけで掃除はしないという人が結構多いようだ。
 
お供え物としては「花」が圧倒的だが、「果物・お菓子」(21.9%)、「お酒以外の飲み物」(18.1%)、「お酒」(13.9%)も挙がっている。

6人に1人が「今後もお墓参りに行かない」

お墓参りに行く習慣がない人に、その理由を聞いたところ(図表6)、「疎遠だったから」(5.5%)、「仲が悪かったから」(2.7%)というように、心情的に拒否感がある人は少なく、「遠方にあって行く時間がない」(27.3%)、「習慣がない」(17.2%)、「面倒くさい」(13.2%)といった回答の割合高い。

また、お墓があってもお墓参りに行っていない人を対象に、今後お墓参りに行く可能性があるかを聞いた(図表7)。

その結果、半数以上の52.5%が「可能性はない」と回答していますが、「行けるときに行っておきたいから」(26.0%)、「たまには行かないと悪い気がするから」(20.6%)と、心のどこかで「行ったほうがいいかな」と感じているようだ。

2割超が「墓じまいを考えている」

さまざまな事情から既存のお墓を解体したり、撤去したりする墓じまい。「考えたり、すでに実行したりしていますか」と聞くと(図表8)、「考えていない」という人が70.8%だった。50代は両親にかわって、自分が墓守になる年代だからか、「考えている」人の割合が最も高くなっている。

しかし「すでに墓じまいを実行した」という人は7.0%と、まだまだ少数派でることがわかる。

しかし、自分が死んだあと、遺骨をどうしてもらいたいかを聞くと(図表9)、お墓に入ることを希望する人がいる一方で、「散骨してほしい」と回答した人も13.2%いた。また、散骨を希望する人は、男性よりも女性のほうが5ポイント以上高い。

関連情報
https://www.planet-van.co.jp/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。