小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ユニクロとの協業で知名度が爆上がり!女性を夢中にさせる注目ブランド「マメ クロゴウチ」

2023.07.18

マメ クロゴウチ

 ファッション産業は出口の見えない苦境にあえいでいる。だが、暗い話題ばかりではない。次世代を担うブランドの存在感が増す。その筆頭がマメ クロゴウチだ。2011年春夏のデビュー以来売り上げを落としたことがないといい、今年1月には東京・青山に旗艦店を持つなど攻めの手を緩めない。今季で第5弾を数える「Uniqlo and Mame Kurogouchi」も好調で、特に第1弾は注文が殺到。発売直後に品切れになったほどだ。なぜマメ クロゴウチは女性を夢中にさせるのか。ファッションジャーナリストの宮田理江さんは〝女性らしい官能美〟に着目する。

「マメ クロゴウチのお洋服は、有機的なニュアンスが持ち味。体の曲線美を生かしたワンピースに大胆なスリットを入れるなど、男性をドキッとさせるムードがある。実は女性らしさや官能美を打ち出すブランドは、日本のモードシーンでは珍しいのです」(宮田さん)

 大人の女性が身をゆだねたくなる安心感もあるという。「タイムレスなデザインなのに個性的で、スタイルはよく見えるけれど体の線が出すぎない。これを着ればどこで誰に会っても変に思われない。そういう安心感を感じている人は多いはずです」(同)

 外部デザイナーとの協業はユニクロ製品のデザイン性向上に寄与してきた。インナーウエアを主軸とするこの取り組みによって『ブラトップ』に続く画期的製品が誕生しそうだ。

マメ クロゴウチ

2021年、長野県立美術館のリニューアルに伴い、同地出身の黒河内氏がスタッフユニホームをデザイン。同年6月、美術館では初となるMame Kurogouchiの単独展覧会を開催した。

Uniqlo and Mame Kurogouchi

ユニクロとの協業プロジェクト「Uniqlo and Mame Kurogouchi」。ユニクロが日本人デザイナーを起用したコラボは、2012年にアンダーカバーと協業した「UU」以来となった。

取材・文/渡辺和博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。