小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

室内の広さと使い勝手のよさで売れ続けるホンダ「N-BOX カスタム L コーディネートスタイル」の買い得度

2023.07.16

■石川真禧照のKカー徹底解剖

 2022年から2023年にかけて、最も売れた乗用車がホンダ「N-BOX」だ。「ヤリス」や「プリウス」といった普通乗用車を含め、軽自動車の「N-BOX」が1位だった。その台数は20万2197台。ちなみに2位は「ヤリス」で16万8557台だった。約3万5000台の差をつけての堂々の販売台数1位。しかも現行モデルが登場した2017年以降、年間販売台数で連続4年、昨年で5度目の快挙達成なのだ。

「N-BOX」が売れ続ける理由

 なぜこれほどの長期間、「N-BOX」は売れ続けているのだろう。オートブレーキホールド付電子制御パーキングブレーキを全車に標準装備した最新モデルに試乗した。「N-BOX」シリーズは大きく分けて「N-BOX」と「N-BOXカスタム」がある。エンジンやミッション、サスペンションなどの基本的なコンポーネンツに違いはない。両モデルともにNA(自然給気)とターボエンジンが用意されている。足回り系での違いといえば「N-BOX」は基本的にスチールホイールが標準装備なのに対し、カスタムはアルミホイールで、14インチと15インチが用意されている。

 外観では「N-BOX」は、丸目のヘッドライトでファミリーカーをイメージした大人しいデザインを採用、日常生活の中に溶けこむような使いやすいクルマに仕上げられている。カスタムはクロームメッキグリルとバンパー下にコの字のメッキ部分を採用し、ダイナミックデザインで登場。ライト周りも9灯式のフルLEDヘッドライトが装備されている。リアは大型のルーフスポイラーが装着され、スポーティーなイメージだ。

 試乗したのは、カスタムLコーディネートスタイル。Lとの違いはリア右側のパワースライドドアが標準装備になっているのと、フロントグリルやフォグライトガーニッシュ、アウタードアハンドルがクロームメッキでもツヤ消しのダーククロームになり、室内では助手席インパネ、ドアノブパネル、ハンドルスポーク下部にそれぞれマルチボルドー色の偏光る塗装が施されている。

 運転席に座り、ポジションを合わせる。着座位置はやや高め。それでも頭上のスペースは、手を伸ばして、天井やフロントウインドに手が着くか、というほどに広い空間。サイズが大き目の前席は中央から2分割になり、スライド、可倒する。両席の間には大きめのアームレストも備わっている。床面もフラットだし、コンソールの張り出しも小さいので、前席間でサイドスルーすることができる。

 試乗中に、後席で寛ぐ時間があった。スライドドアは左右ともに電動式。運転席からコントロールもできる。ベンチシート仕様のLは後席がスライドしないが十分に広い。後席は座面だけをチップさせ、高さのある空間を創り出したり、背もたれを前に倒すと座面もスライドして床下に潜りこむスライドダウン方式も採用している。室内高も他社のスーパーハイトワゴンよりも高くとれている。この広さは「N-ONE」の絶対的な強味だ。

 ただし、気になったのはスライドドアのウインドウ。開閉させたが、約2分の1しか降りなかったことと、リアゲートから後席を倒すと、引きおこすのにサイドに回りこまなければならなかったこと。背もたれにロープを装備してくれると有難い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。