小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タグ・ホイヤーのセーリングウォッチ「スキッパー」が40年ぶりに復活

2023.07.17

スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、個性あふれるクロノグラフ「タグ・ホイヤー カレラ スキッパー」を発売した。

快適性と耐久性を併せ持つスポーティなデザインのアイコニックなセーリングウォッチ

「スキッパー」は、初登場の1968年のオリジナルモデルから生産を終えた1983年まで、プロからアマチュアに至るヨットマンたちの腕元を飾った。そしてカタログから姿を消してちょうど40年が経ったいま、多くの人から愛された「スキッパー」が戻ってきた。

後期の「スキッパー」は「オータヴィア」のケースを使用し、製造初期(生産量はわずか300本)では、人気のクロノグラフ「カレラ」のケースを使用していた。

タグ・ホイヤーに伝わるヨットセーリングの系譜に敬意を表して、新世代のスキッパーには、最近リリースされた「グラスボックス」のカレラのケースを採用。このデザインは、美観と実用性を兼ね備えたセーリングウォッチにとって理想的なものだ。

ベゼルを省き、グラスボックスがケースの縁まで覆い、ダイヤルはフランジのカーブにぴったりと沿い、クロノグラフカウンターは完璧な位置に配されている。こうした特性を備えた「タグ・ホイヤー カレラ スキッパー」はどんな状況でも優れた視認性を発揮する。

高い視認性は、過酷なレガッタレースでスタート合図を待つボートが水上で揺れる時など、非常に重要だ。

新世代の「スキッパー」は「カレラ」の堅牢かつ優美な39mmケースと、カレラの最新モデルTH20-06の双方向巻きムーブメント、約80時間のパワーリザーブを受け継いでおり、ストラップはもちろん、高級感と耐久性を合わせ持つテキスタイルストラップとなっている。

このように21世紀の「スキッパー」は最新技術を搭載しているが、その個性的かつ見逃せない外観は、ジャック・ホイヤーが世界で最も歴史あるヨットレース、アメリカズカップに関わった結果生まれたオリジナルモデルに由来している。

アメリカズカップとのつながりが生まれたきっかけを知るには、時計の針を1940年代半ばまで戻す必要がある。

当時、高級スポーツグッズを販売していたアバクロンビー&フィッチが、ニューヨークの店舗で販売する同社ブランドの腕時計の製作をホイヤーに依頼するようになった。

最初に登場した腕時計「ソルナール」は潮の満ち引きを知ることのできる潮汐計を備えていた。この時計は1950年代にさらに洗練されたクロノグラフ「シーファラー」と「マレオグラフ」へと進化する。

ジャック・ホイヤーとアバクロンビー社の社長ウォルター・ヘインズとの間に結ばれた親密な友情がきっかけとなり、ホイヤーはアメリカズカップに出場するヨット、イントレピッド号の公式計時機器を提供することになる。

ディフェンディングチャンピオンとして、ニューヨーク・ヨットクラブ主催レースのトロフィーをめぐり、挑戦者であるロイヤル・シドニー・ヨットスコードロンのデイム・パティ号と対戦することになっていた。

1967年のアメリカズカップに向けて、ホイヤーはイントレピッド号にヨット用携帯ストップウォッチを、そしてクルーには腕時計「アクアスター」を提供。

これは赤と白のディスクが、5つ並んだ窓の奥で回転するという工夫を凝らしたカウントダウン機能を搭載していた。

イントレピッド号はこのレースに4戦全勝という圧倒的な結果で優勝。ホイヤーは優勝を記念して特別なクロノグラフ「スキッパー」を誕生させた。

30分計サブダイヤルに手を加え、レガッタでスタートラインを通過するまでの15分間をさらに5分単位に3分割してカウントダウン機能を搭載。

3つはそれぞれ色が異なり、鮮やかなオレンジ色は残り時間が5分であることをクルーに警告する色、グリーンはヨットの索具を表現する色、そしてライトグリーンはイントレピッド号のデッキの色を再現していた。

新たな「スキッパー」はオリジナルモデルの個性的でカラフルな装いを再現し、メインダイヤルには「カレラ」を象徴するブルー(海の色から着想した色調)を採用。

このブルーとコントラストを成す「イントレピッド・ティール」ブルーの12時間計カウンター、そして3分割した15分計レガッタカウンターにはそれぞれ、イントレピッド・ティール、ラグーングリーン、そしてレガッタオレンジの3色を配した。

歴史的な腕時計からインスピレーションを得た特徴はほかにもある。外周部のカーブしたフランジに5分間隔で配した、鮮やかな三角形マーカー、中央の秒針のブライトオレンジ、そして12時間計カウンターの下部には「スキッパー」と表示した。

2017年、タグ・ホイヤーが世界的な時計専門webメディアサイト「HODINKEE」と提携して、1968年モデルに敬意を表した限定ウォッチ125個を発売すると、「スキッパー」は再び注目を浴びた。

熱心なコレクターたちはすぐに「スキッパー」の1968年オリジナルモデルを探し始め、オークションでは8万ドルもの高値がついた例もある。

製品概要

タグ・ホイヤー カレラ スキッパー
CBS2213.FN6002 / 84万7000円(税込)
キャリバー TH20-06 / 自動巻 / ブルーサーキュラーサテン仕上げダイヤル / ブルーフランジ / ステンレススティール製ケース / 直径39 mm / 100m 防水 / ブルーファブリックストラップ

関連情報:https://www.tagheuer.com/CBS2213.FN6002.html

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。