小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Metaの新しいSNS「Threads」はTwitterを超えられるのか?

2023.07.16

『Threads』が大きな話題になっている。

Metaの新しいSNSは、その設計からしてもTwitterを意識していることは明らかである。しかしそれは「全くの模倣」というわけではないだろう。Twitterとの違いは、当然存在するはずだ。

というわけで、今回の記事はThreadsの「Twitterとの違い」に焦点を当てつつ、これが本当にTwitterを凌駕するSNSになり得るのかも考察してみたい。

Twitterと瓜二つだが…

さて、ここで質問です。あなたはInstagramのアカウントを取得していますか?

なぜこのような質問をするのか。それはThreadsを既に試した人なら理解できるだろう。今のところ、Threadsの利用はInstagramのアカウントがなければできないようになっているのだ。

はっきり言ってしまえば、ThreadsはInstagramの「衛星」である。

故に「Instagramのユーザー名=Threadsのユーザー名」で、それを変更するにはInstagramのアプリから設定しなければならない。これはかなり面倒だなぁ……というのが筆者の正直な感想。もっとも、このあたりは今後改善される可能性もあるが。

幸い、筆者は自分のInstagramアカウントを持っていたため、そのあたりは難なくクリア。早速使ってみよう……ということで操作を進めたら、Twitterとのダブルメロンぶりにビックリ! いや、これはイーロン・マスクが怒るもの無理ねぇなぁ……。

https://www.threads.net/@oneprideimma

アイコンのデザインまで酷似している。基本的な使い勝手もTwitterそのもの。しかし、何だろうか……ここまでTwitterに寄せている設計なのに、「Twitter臭さ」というものがあまりない。

それはユーザーに由来するものだということは、すぐに分かった。

何しろThreadsはInstagramの衛星SNSだから、ユーザーもInstagramから引き継いでいる。故にThreadsの雰囲気はInstagramのそれに近いのだ。

「充実した毎日」「明るい生活」「旅行の一場面」、そしてたまに流れる「自然と調和した暮らしを送る女性」の写真。まぁ、何というか、Twitter民に冗談のネタにされそうな写真と情報が流れてくるのだ。

Threadsにはない機能

Twitterにあって、Threadsにないものもある。

まずひとつは、投稿の検索機能。もっとも、これについては近日中に実装が予定されている。この記事が配信されている頃には、Threadsに検索機能が備わっている可能性が高い。

そしてThreadsには、Twitterで言う「いまどうしてる?」といったトレンド表示機能もなければ、言語翻訳機能もない。何と、今やSNSの常識になったハッシュタグ機能もないのだ。

もちろん、これらも投稿検索機能と同じで今後実装されるものかもしれない。今現在のMetaは、つまるところ様子見に入っているのだろう。

が、どのみち我々ライターの書く記事は「今現在」を土台にしている。今この時点で実際に起こっていることを書けば、ThreadsはTwitterよりも拡散性に劣り、それ故に「当初から知名度を持っている人」の投稿が一層注目されやすいようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。