小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外貨預金として運用する通貨として米ドルが人気、オーストラリアドルは関心薄の傾向

2023.07.17

マイボイスコムは、11回目となる『外貨預金の利用』に関するインターネット調査を実施。9706名から得た回答結果をグラフにまとめて発表した。本稿はその一部を抜粋してお伝えする。

外貨預金の利用経験

外貨預金の利用経験者は2割強だった。現在利用している人は1割強、世帯収入が高い層で比率が高くなっている。

外貨預金をしている金融機関、選んだ理由

外貨預金をしている金融機関は、「住信SBIネット銀行」が利用経験者の10.0%、「三菱UFJ銀行」が9.6%、「楽天銀行」「ソニー銀行」が8~9%となった。

選んだ理由は(複数回答)、「口座を持っている」が利用経験者の33.0%、「手数料が安い・お得」「金利が高い」が各20%台、「信頼できる」が16.7%と続く。

外貨預金を利用するきっかけとなった情報源

外貨預金を利用するきっかけとなった情報源は(複数回答)、「金融機関のWebサイト」が利用経験者の36.8%、「金融機関の担当者のアドバイス」が16.9%だった。

『auじぶん銀行』『SBI新生銀行』『住信SBIネット銀行』主利用者では、「金融機関のWebサイト」が各60%台で他の層より高くなっている。

外貨預金の利用方法

外貨預金の利用方法は(複数回答)、「金利がよいので、中長期間で保有し、金利差益を求める」が利用経験者の35.4%、「為替レートの変動を利用し、中長期間で保有し、為替差益を求める」が24.9%。

これらに続き、現在利用している人では「日本円自体に不安を感じているのでリスク分散のため、運用している」「資産のポートフォリオの一環として、リスク分散のため、組み入れている」が各2割弱となっていた。

外貨預金の利用意向

外貨預金の利用意向(「したい(続けたい)」)は、13.4%だった。現在利用している人では7割強となっている。「特にしたいとは思わない(続けたくない)」が53.6%、「わからない」が33.0%という結果だった。

預金・運用する通貨として興味があるもの

預金・運用する通貨として興味があるものは(複数回答)、「米ドル(USD)」が30.2%、「日本円(JPY)」が18.3%となっていまる。過去調査と比べて、「オーストラリア・ドル(AUD)」は減少傾向にあるようだ。

回答者のコメント〜外貨預金を利用したいと思う理由

・長期ではあったが為替利益でかなり家計が助かったことがある。いざというときのために持っておきたい。(女性61歳)
・物価高騰、経済悪化により収入やもらえる年金が減るおそれがあり、より運用を積極的に行おうと思っているため。(女性36歳)
・日本経済の成長に深刻な懸念があるので通貨は極力分散したい。(男性55歳)
・ドル-円相場は情報が豊富なので、ある程度リスクを抑えつつ、高い利回りを期待できるから。(男性49歳)

回答者のコメント〜特に利用したいとは思わない理由

・為替による日本円への戻すタイミングが難しい。(男性42歳)
・これから円安に向かい続けるとは限らない。むしろ円高に向かって目減りしかねない。(男性58歳)
・リスクが高いと聞いたことがあり始められずにいます。(女性37歳)
・別の投資を行なっているので、新しく始める必要がないから。(男性29歳)

調査概要
調査方法/インターネット調査
調査対象/MyVoiceのアンケートモニター
調査時期/2023年5月1日~5月5日
回答者数/9706名

関連情報
https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=29809

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。