小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パニック状態で思考停止になった時にまずやるべきこと

2023.09.15PR

「ダイエットしたいと思いながら、つい食べすぎてしまう」「忙しすぎて、自分のやりたいことをする時間がもてない」「相手にハッキリ言うことができず、ストレスを感じた」「ついスマホを見すぎて、時間をムダにしてしまった」など、思いどおりにいかない自分に苛立だったり、自分を責めたりしたこはないでしょうか?

日々の生活の中で、意志が弱く、なかなか思いどおりにいかないことってありますよね。でも、実は自分を変えることができるかどうかに、意志が強いか弱いかは関係ないそうです。
意志の力に頼るのでなければ、どうしたらいいか。その答えは「言葉の力」を利用することだそうです。
人は1日の中で、自分との会話「脳内トーク」を何千回から何万回も行っていると考えられています。つまり、脳は「脳内トーク」の影響を多大に受けているのです。

それなのに私たちは他人と話す技術は学ぼうとするのに、なぜ自分と話す技術は学ばないのでしょうか? 今回は最新の研究データに基づき、誰でも簡単に「脳内トーク」を変えられる方法を、わかりやすく解説した脳科学者の西 剛志さんの著書「世界一やさしい自分を変える方法」の中からDIME読者におすすめしたいノウハウを厳選、再編集してお届けします! 

「脳内トーク」の技術を駆使して、脳をよい意味で騙し、自らを成功へと導いてください。

思考停止したら、「わかること」に全集中!

上司から呼び出され、「悪いけど、これ、明日までにやっておいて」なんて急な作業をお願いされ、「承知しました」と自席に戻ってはきたけれど……心の中は、

「えーー、どうしよう! 今日はSさんから頼まれた仕事の〆切なのに。A社に提案予定の企画も考えなくちゃ。あっ、昨日Bさんから差し戻された資料も修正しないと! あれ、Pさんにお願いしたプレゼン資料、まだ届いてないな。お得意さんのD社にも、メールの返信できてない。どうしよう、何からやったらいいかわからない……」

こんなふうに、パニック状態になってしまったこと、ありませんか。

なぜ、こんなことになってしまうかというと、無意識に脳内で「わからない」という言葉を使っている可能性があるからです。

特に、うまくいかない人ほど、このような言葉をよく使います。

「優先順位がわからない」

「勉強してないからわからない」

「上司の気持ちがわからない」

ただ、「わからない」を使うと、脳は思考を停止してしまいます。

本当はわかるかもしれないのに、脳ではできないイメージになってしまい、脳のパフォーマンスが下がってしまいます。

そんなとき有効なのが、「もし」という「仮定の脳内トーク」です。

何かを「わからない」と思ったら、そのあとに続けてこう「脳内トーク」してみてください。

「もし、わかるとしたら?」

優先順位がわからない→「もし、わかるとしたら?」

勉強してないからわからない→「もし、わかるとしたら?」

上司の気持ちがわからない→「もし、わかるとしたら?」

「仮定の脳内トーク」を使うと、脳は「わかること」を前提に考えはじめます。

「もし」を使うだけで、「わからない」から、「わかる」という視点に変更され、止まっていた思考が動きはじめます。

私は、「もし」と自分に問いかけることで、人生が変わる人をたくさん見てきましたので、ぜひ使ってみてください。

また、復習になりますが、先に述べた「優先順位の視点」で考えて、「この中で最も重要なものはどれだろう?」と「脳内トーク」するのも改善策の1つになります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。