小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最高出力715PS、最大トルク753Nmを実現!アストンマーティンがV12エンジンを搭載した110周年スペシャルモデル「Valour」を発表

2023.07.15

アストンマーティンは、創立110周年を記念し、V12エンジンと6速MTを組み合わせたスペシャル・エディション「Valour(ヴァラー)」を発表した。

この極めて特別な限定モデルは、フロントエンジン・スポーツカーの長い伝統を称えると同時に、純粋かつ直感的なドライビング体験を求めるドライバーのために開発された。

このニューモデルは、真に感動的なドライビング体験を求める人々をターゲットにしており、いまという時代を再定義するパフォーマンスと刺激的な走りは、他のスポーツカーとは一線を画している。

Valourは、マニュアル・トランスミッションを備えた唯一のフロントエンジンV12スポーツカーで、その走りを純粋に追求したアプローチは、現代においてきわめてユニークな存在であり、かつての、スリリングな走りを追い求めた黄金時代へのオマージュでもある。

オリジナルのV8 Vantageおよび1980年に登場したVantageベースのル・マン・レースカーであるRHAM/1「Muncher」にインスピレーションを得たこのモデルは、アストンマーティンによる究極のスポーツカーの特徴となっている力強いデザインを全身で表現。

その姿は、1990年代に世界でもっともパワフルな量産車として一世を風靡したツイン・スーパーチャージャー付きV600 Vantageを彷彿とさせる。

完璧なデザインとエンジニアリングを備えたValourは、精密なデザインを特徴とするOne-77スーパーカーのコンセプトを受け継いでおり、その強烈なドライバー中心のキャラクターは、すべてのValourのDNAに組み込まれている。

生産台数は世界でわずか110台に限定されており、その希少性により、すべてのアストンマーティン・モデルの中でも、もっとも価値の高いコレクターズ・アイテムの1台となることが期待される。

驚異的な最高出力715PS、最大トルク753Nmのパワーを発生するツイン・ターボチャージャー付き5.2リッターV12エンジンと専用設計された6速MTを初めて組みわせたこの車は、そのスリリングなドライブ体験でドライバーを魅了し、史上最高のドライバーズカーとしての地位を揺るぎないものとするだろう。

そして、パワートレインに専用のキャリブレーションを施したことにより、あらゆるギアと回転域で圧倒的なパワーを発揮し、最高レベルのパフォーマンスと最大限のコントロール性を提供する。

機械式リミテッドスリップ・ディファレンシャルは、エレクトロニック・トラクション&スタビリティコントロール・システムのサポートを受けながら、ドライバーと車の一体感を高め、アナログ的なドライビングの楽しさを強化。

Valourのドライビングモード(Sport、Sport+、Track)は、細かく調整され、それぞれの状況で最適なスロットル・レスポンス、トルク特性、サウンド・キャラクターを提供する。

そのダイナミックな走りを強調するためValourは、この車両に合わせて専用設計されたアダプティブ・ダンパー、スプリング、アンチロールバーを備えたサスペンションを採用している。

ホイールアライメントのジオメトリは、専用のキャンバー、キャスター、トーに改められた。これらにより、Valourは、明快なキャラクターの乗り心地とハンドリングを得ている。

ロードカーであることを第1に開発した結果、スポーティで引き締まったバランスを手に入れるとともに、垂直方向の極めて正確なボディの動きやしっかりとしたロール剛性を実現しながら、路上では絶妙のコンプライアンスにより優れた快適性をもたらす。

さらにユニークでダイナミックなキャラクターを磨き上げるため、Valourは専用のボディ構造として、フロントおよびリア・シアーパネル、リア・サスペンション・タワーストラット・ブレース、燃料タンク・ブレースなどを採用。

これらによって、ねじり剛性と横方向の剛性の両方を最大化し、サスペンションに合わせて最適化されたプラットフォームを提供して、より正確なボディ・コントロールと優れた洗練性を実現している。

さらに、新しいステアリング・システムは、精度をさらに高めることにより、路面の状況やタイヤと路面とのコンタクトをドライバーに正確に伝え、素晴らしいステアリング・フィールを生み出している。

またフロントには、カーボンセラミック(CCB)ブレーキを備えた410mmx38mmのブレーキローターと6ピストンキャリパーが装着され、非常に強力な制動力を発揮。

リアブレーキは、360mmx32mmディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせとなる。CCBディスクは、ブレーキ性能を向上させるだけでなく、スチール製ブレーキと比較してバネ下重量が23kgも大幅に軽減され、最大800℃の温度でもブレーキフェードが起きないように設計されており、その正確なコントロール性により、ドライバーは自信を持ってValourのポテンシャルを最大限に引き出すことが可能となっている。

さらに、美しいデザインを誇る21インチ軽量鍛造合金「ハニカム」ホイールによって、Valourの印象的なハードウェア・パッケージが完成。このホイールには、最新のアストンマーティン専用ミシュランPilot Sport S5タイヤ (サイズ:フロント275/35R21、リア325/30R21)が装着される。このタイヤは、ウェットまたはドライ・コンディションを問わず、優れたハンドリングとグリップ性能を発揮する。

大胆で力強く洗練されたデザイン

その計り知れないパフォーマンスと強烈なドライビング特性は、Valourの力強いスタンスと高度に洗練されたボディ形状により、明確に表現されている。

フル・カーボンファイバー製のボディワークは、アストンマーティンの現代的なデザイン言語と、1970年代の象徴的なV8 Vantageのデザインからヒントを得たエレメントを融合させている。その結果、どの角度から見ても大胆でユニークなデザインが完成した。

クラムシェル・ボンネットには、大きな「U字形」ベントとふたつのNACAダクトが設けられており、その下に搭載されるツイン・ターボチャージャー付きV12エンジンに十分な冷却エアを供給。アストンマーティンを象徴するフロントグリルの形状は、形態と機能の両方を向上させるために進化を遂げている。

中央セクションのハイライトは、アルミニウム製のストレーキで、両サイドにはカーボンファイバー製の大型エアインテークが設置され、エンジンとブレーキに冷気を供給。また、Valour独自のクラシックな雰囲気を醸し出す丸型LEDヘッドライトを採用し、アイブローを連想させるグリルの下に配置されている。

このデザインは、最先端のエアロダイナミクスを考慮しており、エアの流れを専門的に管理することで、車両の安定性を最適化し、独自の主張を持ったデザインを実現している。

Valourの両サイドに組み込まれた大きなフロント・スプリッターとフロントフェンダー・ベントは、リアスクリーンパネルを特徴付けているボーテックス・ジェネレーターのエキソブレード、エレガントに上昇するカムテール、大型のディフューザーと調和して機能し、空力バランスを整えている。

リアエンドの特徴はテールライトのグラフィックで、LEDライトブレードのクラスター(両側に各6つ)は、革新的なハイパーカー、Valkyrieを連想させる。さらに、アルミの塊から切削加工され、研磨されたアクセントが車両全幅にわたって装着され、上部セクションと下部セクションを明確に分離している。

リア・ディフューザーの奥深くには、Valourのリアデザインのハイライトとなる、軽量ステンレス・スチール製のトリプル・テールパイプが配置されている。

板厚が1mm未満のこの特別なパイプは、従来のシステムと比較して7kgの軽量化を実現しながら、非常に重量感のあるエキゾースト・サウンドを奏でる。

そしてValourにおけるアストンマーティンの伝統は、シンプルかつ魅力的で時代を超越した2人乗りコックピットにも受け継がれている。その中心には、6速MTのシフトレバーが設置されている。

ギアノブは、機械加工されたアルミニウム、チタニウム、カーボンファイバー、またはウォールナットから選択することが可能。また、メカニカルな機能を強調するためにシフト・メカニズムを露出させたその外観は、テクノロジーの進化によって失われつつある、ドライバーが車と一体となって運転する楽しみを提供することに重点を置いている。

このような素材の使い方は、長年にわたってアストンマーティンが得意としてきたものであり、ユーザー独自の仕様をチョイスすることによって、オリジナリティの高いValourを作ることも可能となっている。

たとえば、1959年にル・マン24時間レースで優勝したアストンマーティンDBR1のシート地からインスピレーションを得た伝統的なウールのツイードは、Valourの軽量パフォーマンス・シート、特注のドアカード、フェイシア・エアベント、アッパー・センターコンソール、トランスミッション・トンネルに採用されるハイテク織りカーボンファイバーなどと素晴らしいコントラストを生み出す。

さらに、カラーをカスタマイズすることで、パーソナライゼーションの幅が大きく広がる。Valourのボディをフロント、ボンネット、サイド、リアの4つのエリアに分割するとともに、21色のなかから、さまざまな手描きのストライプやグラフィック・デザインを選択することが可能となっている。

なお、オプション設定されている標準パレット以外のカラーを使用して、さらなるカスタマイズを施したい場合は、「Q by Aston Martin」によるビスポーク・サービスを利用し、真のオーダーメイド仕様を作成することもできる。

その一例として、ワンオフのボディカラー、カーボンの織り目が見える2×2ツィル・カーボンファイバー・ボディワーク(レッド、ブルー、グリーンのグラディエーションから選択可能)、ペイントされたホイール、インテリア用の“木目”カーボンファイバー・フェイシア、ジョンストンズ オブ エルガン製ツィードやカシミアをシート地やヘッドライニングに用いることなどが挙げられる。

Valourの生産は、2023年第3四半期にアストンマーティンのゲイドン本社で開始され、最初の納車は2023年第4四半期に開始される予定となっている。

Valourは、アストンマーティンを象徴するフロントエンジン・スポーツカーのリミテッド・エディションとして、自動車愛好家にもっとも切望される車の1台になると同時に、走りへの欲望を駆り立てる貴重なコレクターズ・アイテムとなるだろう。

関連情報:https://www.astonmartin.com/ja/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。