小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

作り置きや食材の保存に便利!アイリスオーヤマが食材を真空保存できる「真空パック機」を発売

2023.07.14

アイリスオーヤマは、食材を真空パックできる「真空パック機(VPF-M60)」と汁気の多い料理も真空保存できる「耐熱ガラス容器(TGS-650/TGS-1500)」を発売した。価格はいずれもオープン。アイリスオーヤマ公式通販サイトの「アイリスプラザ」での販売価格は「真空パック機(VPF-M60)」が11,880円、「耐熱ガラス容器(TGS-650)」が2,178円、「耐熱ガラス容器(TGS-1500)」が2,728円。なお、「アイリスプラザ」ではセット製品も用意。販売価格は「真空パック機(VPF-M60)」と「耐熱ガラス容器(TGS-650)」のセットが13,880円、「真空パック機(VPF-M60)」と「耐熱ガラス容器(TGS-1500)」のセットが14,380円となる。

「真空パック機(VPF-M60)」は、食材などを家庭で真空保存できる便利なアイテム。専用袋や専用容器のなかを真空にすることで、内容物を密封して保存できるので、食材を冷蔵・冷凍した際の冷凍焼けや酸化による変色、傷み、乾燥を防ぎ、食感や風味、鮮度を保つことができるのだ。

しかも、真空パックにした食材は、サイズもコンパクトなので、冷蔵庫・冷凍庫内部などに省スペースで収納することが可能。また、大容量の食材や開封後に全てを消費しきれなかった菓子も小分けにして密封保存することもできる。

なお、専用ロール(アイリスプラザ販売価格2,400円~)と専用袋(アイリスプラザ販売価格1,090円~)は、「真空パック機」には同梱していないので、別途購入する必要がある。専用ロールは、「真空パック機」の中に収納できるので場所をとらず、ロールカッターが付いているのでハサミも不要で、簡単に使用することが可能。また、専用ロールと専用袋は湯煎のほか、封を切って電子レンジでも使用できるので、ローストビーフなどの低温調理にも活用できる。

さらに、同時発売の「耐熱ガラス容器(TGS-650/TGS-1500)」を使うことで、カレーやシチュー、ロールキャベツ、煮物といったスープや汁気の多い料理なども保存することが可能。食材の下ごしらえや味付け後に密封することで、味が染み込みやすく、時短料理や作り置きにも便利に活用できる。サイズは650mL(TGS-650)と1,500mL(TGS-1500)の2サイズで展開。どちらも-20℃から350℃まで対応するので、電子レンジやオーブンで加熱でき、食洗機などで洗えば繰り返し保存容器として使うことが可能だ。

「真空パック機(VPF-M60)」の主な仕様は、電源がAC100V(50/60Hz共用)、定格消費電力が150W、シール可能幅が最大280mm、脱気力が最大約60kPa。使用可能な袋は別売の専用ロール、専用袋。使用可能な容器は別売の耐熱ガラス容器。本体サイズは幅約38.9×奥行約15×高さ約8.3mm、重量は約1.4kg。コード長は約1.3m。付属品は電源コードセット、容器用チューブ。

↑「真空パック機(VPF-M60)」

「耐熱ガラス容器(TGS-650/TGS-1500)」の主な仕様は、ガラス耐熱温度が350℃、ガラス耐冷温度が-20℃。容量はTGS-650が650ml、TGS-1500が1,500ml。本体サイズはTGS-650が幅185×奥行125×高さ73mm、TGS-1500が幅235×奥行165×高さ89mm。重量はTGS-650が約0.6kg、TGS-1500が約1.0kg。

↑「耐熱ガラス容器(TGS-650)」

↑「耐熱ガラス容器(TGS-1500)」

製品情報
https://www.irisohyama.co.jp/food-sealer/vacuum-packer/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。