小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

景気、物価、金利はどう動く?マーケットストラテジストが予測する今年後半の国内経済見通し

2023.07.10

2023年後半の日本経済は、どんな展望が考えられるのだろうか?

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2023年後半の日本経済見通し」と題したマーケットレポートを発表した。レポートの詳細は以下の通り。

景気は持ち直している状況、消費者物価はまちまちだが、輸入物価の伸びはマイナス圏まで低下

三井住友DSアセットマネジメントは6月22日、日本経済の見通しを更新したので、以下、要点を整理する。まず、足元の日本経済に目を向けると、自動車を中心とする供給制約の緩和が財の輸出を支えるなか、脱炭素やデジタル化の流れが企業の設備投資を促している状況だ。

また、個人消費は物価高の影響で足取りは重いものの、経済活動再開によりセンチメント(心理)は良好。以上を踏まえると、「景気は持ち直している」と判断される。

物価の動きはまちまちで、5月の全国消費者物価指数(CPI)では、生鮮食品を除く総合指数(コア指数)が前年同月比3.2%上昇し、4月の同3.4%上昇から伸びが鈍化したものの、6月の東京都区部CPIでは、コア指数が同3.2%上昇し、5月の同3.1%から伸びが拡大した。ただ、国内の輸入物価指数の伸びはすでにマイナス圏に沈んでおり(5月は同5.4%下落)、これが波及する形で企業物価指数も低下傾向にある。

この先、景気は持ち直しが続くと予想、物価はコストプッシュ圧力の緩和により減速基調をたどろう

次に、景気の先行きについては、供給制約の緩和や訪日外国人(インバウンド)消費の回復などを背景に、内需主導で持ち直しが続くとみている。ただ、2024年前半は主に米国経済の減速により、国内の経済成長は一時的な鈍化が見込まれる。実質GDP成長率について、4-6月期以降の前期比年率の予想は図表1の通りで、2023年度は前年度比+1.1%、2024年度は同+1.0%を想定している。

物価の先行きについては、6月から電気の規制料金(電気料金のうち転嫁額に上限がある料金)が引き上げられたが、輸入物価の大幅な伸びの鈍化を受け、この先はコストプッシュ圧力の一段の緩和により、コア指数は減速基調をたどる可能性が高いとみている。コア指数について4-6月期以降の前年同期比伸び率の予想は図表2の通りで、2023年度は前年度比+2.7%、2024年度は同+1.6%を見込んでいる。

日銀は7月にYCC一部修正も緩和は継続へ、中国の景気回復遅延の影響は現時点で限定的

日銀の金融政策に関する三井住友DSアセットマネジメントの見方は従来通りで、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)における10年国債利回りの許容変動幅は、7月に上下0.5%から1.0%に再拡大される公算が大きいとみている。

これにより、YCCは実質的に形骸化することになるが、日銀はYCCの枠組みとマイナス金利政策を当面維持することで、緩和継続の姿勢を示すと考えている。

なお、上記見通しに対するリスクとして、物価の高止まりによる家計の節約行動の長期化や、国際情勢の緊張(ロシアの軍事行動拡大、日中関係、米中関係の悪化)などが挙げられるが、三井住友DSアセットマネジメントではこれらの生起確率は15%程度と考えている。また、中国の景気回復の遅れも気掛かりだが、今回は中国の不動産市場に起因するところが大きく、現時点で日本経済に及ぼす影響は、それほど大きくないと考えている。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

DIME7月号の特集は「ChatGPTの超活用術」「日本株逆襲のシナリオ」

【購入する】

企画書の作成から調査分析、営業ツール、Exel関数、資産運用、ビジネス英会話、リスキリング、アプリ開発まで、これを読めば、ChatGPTの超便利な活用法がまるわかり!あなたの欲しい回答を導き出すベストプロンプトを詳しく解説。まさに超保存版です!!

■DIME SPECIAL 2
最安の電力会社はどこ? 通信+電気代のセットプランは損!? ほとんどの保険はムダ!? 賢い家計マネジメントで年間50万円カット!!
固定費削減の最適解

■DIME SPECIAL 3
住宅メーカー系 vs 家電量販店 vs ホームセンター系 vs 人気雑貨&家具店系、ベストな選択肢は? 最大275万円のお得な「補助金」リスト付き!
低予算でここまでできる!最新リフォーム案内

■MONEY HACKS
「インバウンド復活」「米国利上げ終了」「新日銀総裁」「半導体需要増」「新NISA」注目キーワードから読み解く!
2023年後半に復活!?日本株逆襲のシナリオ

■ENTERTAINMENT HACKS
ファミコン、PCエンジン、セガサターンetc.平成ゲームソフトで一攫千金!
プレ値続出のレトロゲーム市場 最新レポート

◆TREND WATCHING
・Z世代がハマるカセットテープの深イイ魅力
・食料問題も環境問題も解決するおいしい食材・海藻

※電子版には付録は同梱されません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。