小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ゲリラ雷雨は今年5万7000回程度発生する見込み、ピークはいつ?

2023.07.09

これからの時期に気を付けたい、突発的かつ局地的に激しい雨や落雷をもたらす「ゲリラ雷雨」。外出時に傘も持たない中で見舞われると大変厄介な気象現象だが、今年は日本全国でどれくらいのゲリラ雷雨が発生する見込みなのか。また、発生のピークはいつになるのか。

ウェザーニューズはこのほど、「ゲリラ雷雨」に対し、事前対策への意識を高め被害軽減につなげるため、「ゲリラ雷雨傾向2023」を発表した。

ゲリラ雷雨発生傾向2023

発生回数:全国の総発生回数は約5.7万回

2023年7〜9月のゲリラ雷雨は、全国でおよそ57,000回発生する予想。全国の総発生回数がおよそ75,000回だった昨年よりもやや少なくなり、過去5年平均と比べるとほぼ同数となる見込みだ。

都道府県別にみると、昨年の半分〜昨年並みの回数となるところが多くなっている。

東京都では680回(昨年比0.7倍/例年比0.8倍)、愛知県では790回(昨年比0.5倍/例年比0.7倍)、大
阪府では240回(昨年比0.4倍/例年比0.6倍)となる予想。北陸西部や西日本日本海側では発生回数が昨年の半分以下となるところもありそうだ。

今年は昨年と比べるとゲリラ雷雨の発生回数が少なくなるものの、例年並みの発生回数が予想されている。一度ゲリラ雷雨が発生すると、激しい雨による冠水や浸水、落雷による停電や交通機関への影響など様々な被害が懸念される。油断せずに随時最新の雨情報を確認してほしい。

発生時期:8月中旬から9月上旬にかけて多く発生

ゲリラ雷雨は、気温の上昇や湿った空気が流れ込むことで、大気の状態が不安定になる時に発生しやすい現象だ。今シーズンのゲリラ雷雨は、8月中旬から9月上旬にかけて発生しやすい見込みだ。

9月上旬にかけて日本付近は高気圧に覆われて晴れる日が多くなる。太平洋側や内陸部では湿った空気や地表面の昇温の影響を受けて、ゲリラ雷雨が発生しやすくなる。日差しが届いていても、天気の急変に注意が必要だ。9月中旬以降は秋雨前線や台風の影響を受けて、突発的かつ局地的なゲリラ雷雨の発生は徐々に減少していき、ゲリラ雷雨のシーズンも終息に向かう見通しだ。

要因:気温の上昇と湿った空気の影響で発生するパターン

今シーズンは、日本付近は広く太平洋高気圧に覆われ、晴れて気温が上がりやすくなる見通し。このため、気温の上昇と南から流れ込む湿った空気の影響でゲリラ雷雨が発生するパターンが多くなり、特に太平洋側や内陸部でゲリラ雷雨が発生しやすくなる予想だ。

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。