小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

相次ぐ国内メーカーの事業撤退、日本のスマホ業界はこれからどうなる?

2023.07.13

新参入のOrbicはセルラータブレットで攻める?

房野氏:米国のスマホブランド「Orbic(オルビック)」が、とうとう日本向けの端末を発表しました。

石野氏:FCNTと京セラの後を担うぜって感じのOrbicですが、レビュー用端末の「FUN+ 4G」を使ってみた感じだと不安が残りますね。

FUN+ 4G

石川氏:Orbicはアメリカで「キャリア品質」だと言っているけど、アメリカのキャリアの端末は正直レベルが高くないから。

法林氏:確かにもっさりするところ、足りないところはあるんだけど、何を載せたいかによるものだと思っている。コスト重視の場合はあれくらいなのかなと。

石野氏:Snapdragon 680を搭載しているわりには、なんかちょっと動きが渋い。

房野氏:MWC Barcelonaのブースで触った時には、そんなにもっさりとも思わなかったのですが。

石野氏:チューニングかな。

法林氏:今回、試用でみんなが触っているバージョンは最終版ではないみたい。

石野氏:やっぱりそうなんですね。アプリが突然終了することが多かったので。

法林氏:カメラアプリのメニュー表記が「動画」「写真」「ボケ」「美しさ」……なかなかユニーク。

石野氏:カメラの画像サイズを選ぶメニューで「百万画素」と漢字になっていたり。

法林氏:そして、初期化すると、オーストラリア版がベースなの? って思った。それを日本語で見ているだけという感じ。

石野氏:この状態のものをレビュー機として貸し出していいのかとは、ちょっと思いますね。

法林氏:Orbicは今後、どういう風にプロモーションして、ブランドを広めて行こうとするのかを、僕らは見守っていくしかない。今の端末で判断はちょっとできないです。

石野氏:市場の空いているとこを探す能力というか、マーケットリサーチはちゃんとしていますよね。

石川氏:だけど、発表会で言っていた端末の平均利用期間に関しては、調査がちょっと甘いなと思った。

石野氏:日本ではセルラー版のタブレットがあまりないので、タブレットを手厚くやったと言っていましたね。

法林氏:8インチの4Gタブレットって意外とない。かつ、経済安全性の問題で、中国製じゃないタブレットが求められているけど、あまりない。

石野氏:Orbicの第一弾はタブレットがメインな感じ。スマホは「とりあえず出してみました」感がありますが、タブレットには期待できそうだと思いました。

……続く!

次回は、スマホ新製品について会議する予定です。ご期待ください。

法林岳之(ほうりん・ たかゆき)
Web媒体や雑誌などを中心に、スマートフォンや携帯電話、パソコンなど、デジタル関連製品のレビュー記事、ビギナー向けの解説記事などを執筆。解説書などの著書も多数。携帯業界のご意見番。

石川 温(いしかわ・つつむ)
日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、2003年に独立。国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップルなども取材。NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師役で出演。メルマガ「スマホで業界新聞(月額540円)」を発行中。

石野純也(いしの・じゅんや)
慶應義塾大学卒業後、宝島社に入社。独立後はケータイジャーナリスト/ライターとして幅広い媒体で活躍。『ケータイチルドレン』(ソフトバンク新書)、『1時間でわかるらくらくホン』(毎日新聞社)など著書多数。

房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

構成/中馬幹弘
文/房野麻子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年4月16日(火) 発売

DIME最新号は「名探偵コナン」特集!進化を続ける人気作品の魅力、制作の舞台裏まで徹底取材!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。