小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どうなる?iOS 17の発表で見えてきた「iPhone 15」の姿

2023.07.11

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は、WWDC 2023で発表された「iOS 17」の新機能や、新型iPhoneについて会議します。

iOS 17ではコミュニケーションツールが強化

房野氏:WWDCではiOSやiPadOSといった、各OSの最新アップデート情報も紹介されています。特に注目度が高いのは、やはりiOS 17ですかね。

iOS 17

石川氏:iOS 17ではコミュニケーションの強化に力をいれるとのことだったので、一瞬「RCS(リッチコミュニケーションサービス:メッセージを送受信する規格の1つ)に対応するか」と一瞬思いましたけど、全然逆でした。むしろiPhoneユーザーをどんどん囲い込むような内容でしたね。

石野氏:僕はアップルがRCSをやることはないと思っていましたよ(笑)

石川氏:そう? まあ、今回は、iMessageが進化していたり、新たに「連絡先ポスター」という、自分のプロフィール写真が登録できる機能が追加されますね。

連絡先ポスター

房野氏:連絡先ポスターは、設定すると、通話相手の画面に表示されるということですよね?

石野氏:相手が登録していれば見えるんですかね? 電話しただけで勝手に表示されちゃうのもどうなのかな。

法林氏:そもそも音声通話だとデータを送れないからね。

石野氏:そうですよね。

法林氏:だから、データを送れるFaceTimeの利用で表示されるんだと思う。

石川氏:それか、つながったところで相手がiPhoneユーザーだと認識できたら表示するとか?

石野氏:ちょっとあいまいですよね。アップルはプライバシーを重視しているのに、顔写真を表示するのか、とも思います。

石川氏:連絡先ポスターは自分が見せたい写真を設定するからね。

石野氏:FaceTimeとかiMessageだと、自分のアイコン画像を共有するかの通知が来るから、できるのはわかるけど、電話でそれをやる方法がわからない。

法林氏:だから、FaceTime通話の話でしょ。

石野氏:そうですね。一般の音声通話だと、相手がAndroidスマートフォンユーザーだったり、なんなら固定電話の可能性もあるので、できないはず。

法林氏:もう1つあるのは、仮に音声通話で顔写真を表示するのができたとして、怖そうなおじさんの顔が表示されてうれしいのかな? ツイッターとかフェイスブックでアイコンを設定するのはわかるけど、電話をかけた時に自分の写真を見せるという行為が、受け取る側にとってどう思われるのかは議題になる。やるのはいいけど、結局iOS同士のみの話でもあるしね。

石川氏:それがアップルの戦略で、若い人たちのコミュニケーションツールはAirDropとiMessage。これが使えないと仲間外れになる可能性があるので、さらに強化して、iPhoneユーザー同士だと楽しいよねという世界観を一生懸命作っているなと感じます。仲間外れにならないよう、スマートフォンはiPhoneを選びなよというメッセージだと思う。

房野氏:ほかにiOS 17の注目ポイントはありますか?

石川氏:一応、オーディオメッセージをリアルタイムで文字起こしする機能がありますが…

石野氏:日本語は非対応ですね。

房野氏:オーディオメッセージは、海外ではよく使われているんですか?

石野氏:そうですね。特に中国とかではよく使われています。中国では、ボイスメッセージでやり取りしている人も見かけますけど、日本では少ないですね。

石川氏:iOSのアップデートを見ていると、スタートアップ企業がアプリで戦えなくなっていくなと感じますよね。macOSだと、自分を切り抜いてビデオ会議に参加する機能があったり、iPadOSはPDF関連の強化がありますし。

石野氏:PDFは、そろそろきちんと管理できるようにしてよという気持ちもあったので、あれはあれで仕方ないですかね。iOS 17の新機能的には、置時計みたいになる「スタンバイ」モードが追加されますね。

石川氏:あれ、Pixel Tabletっぽいよね。

石野氏:そうですね。Pixel Tabletっぽさは満載です。まあ、おかげでまたアクセサリ類が売れると思います。

石川氏:あと、iOS 17でいうと、NameDropも新機能として追加されますね。

石野氏:連絡先ポスターを交換する機能ですよね。

法林氏:お互い共有したい電話番号かEメールアドレスを選んで、連絡先ポスターと一緒に交換ができると。要するに、AirDropで連絡先を交換する機能ですね。

石野氏:赤外線通信みたいですよね(笑)言われてみれば、連絡先交換ってやりにくかったなと思いますよね。赤外線があった時は簡単に連絡先を交換できましたけど、スマートフォンになって意外と退化していた部分なのかなと思います。

法林氏:LINEのQRコードはあるけどね。

石野氏:LINEだけですからね。

石川氏:それでいうと、iOS 17の進化はLINEにとっても脅威かも。iMessageが強化されていて、写真を切り抜いて動画になる機能はスタンプに近いですし。

法林氏:それをOSでやるべきかは疑問。アップルはよほどやることがないのかなと思っちゃうよ。

石野氏:iOS 17もiPadOS 17も、本流という感じがなかったですよね。iPadOSは去年、マルチウィンドウ機能が追加されていたりと大掛かりなアップデートがあったので、2年連続で大きく進化するのは難しいのかなと思います。iOSも、ウィジェットを追加したときは大きく進化しましたけど、そこからはマイナーチェンジを繰り返しています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。