小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

米国株式市場で好調なハイテク株はまだ伸び続けるのか?

2023.07.07

ダウ工業株30種平均、S&P500種株価指数、ナスダック総合株価指数からなる米国主要3指数は、23年後半に向けて、どんな動きが予想されるのか?また、米国株式市場におけるハイテク株の好調は、今後も継続するのか。

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2023年後半の米国株見通し」と題したマーケットレポートを発表した。レポートの詳細は以下の通り。

今年前半の米国株式市場はハイテク株が好調、ナスダック総合株価指数やSOX指数が大幅高

今回のレポートでは、6月22日に更新した三井住友DSアセットマネジメントの米国株の見通しについて、主なポイントを解説する。

はじめに、2022年12月30日から2023年6月30日までの主要株価指数の騰落率を確認すると、ダウ工業株30種平均は+3.8%、S&P500種株価指数は+15.9%、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は+31.7%だった。また、主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は+45.1%となった。

このように、今年前半の米国株式市場は、ハイテク株の大幅な上昇が目立っている。特に大型ハイテク株が好調で、背景には、革新的な技術と将来の成長性に対する強い期待感や、信用条件が引き締まった場合でも、潤沢な現金を持つ安心感などがあると思われる。参考までに、S&P500指数構成企業の時価総額について、アップルなど上位7社の合計は、6月30日時点でS&P500指数全体の時価総額の28.5%に達している。

2023年12月末のダウ平均は36,000、S&P500指数は4,500、ナスダックは13,180を見込む

次に、この先の米国株に関する三井住友DSアセットマネジメントの見通しを紹介する。基本的には、レンジを緩やかに切り上げる展開を想定しており、具体的な数値は図表の通りだ。12月末の予想着地水準は、ダウ平均が36,000ドル、S&P500指数が4,500ポイント、ナスダックが13,180ポイント、来年3月末は、順に36,900ドル、4,600ポイント、13,470ポイントに、それぞれ設定している。

米国では引き続き、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策判断を見通す上で、雇用や物価などの経済指標が注目されていることから、目先の米国株は、経済指標の強弱に一喜一憂する、ボラタイル(変動の大きい)な相場展開が見込まれる。ただ、三井住友DSアセットマネジメントは米国経済について、景気後退(リセッション)を回避し、軟着陸(ソフトランディング)となる可能性が高まったと考えており、基調的な株価の底堅さは維持されるとみている。

S&P500指数のEPSは、来年2ケタの伸びを予想、先行きに過度な悲観はそれほど必要なかろう

なお、ダウ平均の史上最高値(終値ベース、以下同じ)は、2022年1月4日につけた36,799ドル65セントだが、三井住友DSアセットマネジメントの来年3月末の予想着地水準は、これを上回ることになる。

一方、S&P500指数とナスダックの史上最高値は、それぞれ、2022年1月3日につけた4,796.56ポイント、2021年11月19日につけた16,057.44ポイントだが、これらの更新には、もう少し時間を要するとの見方をしている。

米大型ハイテク株については、ここまでかなり大きく上昇してきたこともあり、やや一服感が出やすい時間帯に入ることも予想されるが、前述の革新的な技術と将来の成長性に対する強い期待感自体は、今後も続く公算が大きいと考える。また、三井住友DSアセットマネジメントはS&P500指数の1株あたり利益(EPS)について、2024年は前年比+11.3%の伸びを見込んでおり、現時点で先行きに対する過度な悲観は、それほど必要ないと思われる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

DIME7月号の特集は「ChatGPTの超活用術」「日本株逆襲のシナリオ」

【購入する】

企画書の作成から調査分析、営業ツール、Exel関数、資産運用、ビジネス英会話、リスキリング、アプリ開発まで、これを読めば、ChatGPTの超便利な活用法がまるわかり!あなたの欲しい回答を導き出すベストプロンプトを詳しく解説。まさに超保存版です!!

■DIME SPECIAL 2
最安の電力会社はどこ? 通信+電気代のセットプランは損!? ほとんどの保険はムダ!? 賢い家計マネジメントで年間50万円カット!!
固定費削減の最適解

■DIME SPECIAL 3
住宅メーカー系 vs 家電量販店 vs ホームセンター系 vs 人気雑貨&家具店系、ベストな選択肢は? 最大275万円のお得な「補助金」リスト付き!
低予算でここまでできる!最新リフォーム案内

■MONEY HACKS
「インバウンド復活」「米国利上げ終了」「新日銀総裁」「半導体需要増」「新NISA」注目キーワードから読み解く!
2023年後半に復活!?日本株逆襲のシナリオ

■ENTERTAINMENT HACKS
ファミコン、PCエンジン、セガサターンetc.平成ゲームソフトで一攫千金!
プレ値続出のレトロゲーム市場 最新レポート

◆TREND WATCHING
・Z世代がハマるカセットテープの深イイ魅力
・食料問題も環境問題も解決するおいしい食材・海藻

※電子版には付録は同梱されません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。