小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヤフーが2023年上半期の検索データから分析した「各月の漢字」を発表

2023.07.03

1月は「間」、2月は「大」など特徴的に検索された漢字を抽出

2023年も早いもので7月。1年の半分を過ぎたところで、ヤフーが提供する事業者向けデータソリューションサービスから、2023年上半期の各月ごとに、前年同時期と比べて特徴的に検索された漢字をまとめたレポートが公開された。

2023年2月6日にトルコ南東部を震央として発生したトルコ・シリア地震

その概要は以下のとおり。

2023年1月は、新型コロナウイルス感染症が再流行したことや、インフルエンザが流行したため、「隔離期間」を調べる需要が増えたことにより、「間」が特徴的に検索された。

2月、3月はどちらも「大」となった。2月はトルコ・シリア地震が発生した影響で「東日本大震災」の検索数の増加、3月は、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で活躍した「伊藤大海」選手、「大谷翔平」選手に関連付けたキーワードが検索された。

参考:2023年2月の「トルコ 地震」「東日本大震災」検索ボリューム日次推移
検索ボリューム:日本全体でどれくらいの人がキーワードを検索しているかの推定値

そして4月は「黄砂」の影響で「黄」、5月は大河ドラマ「どうする家康」、漫画「変な家」などの作品名が特徴的に検索された。6月は「線状降水帯」の発生による大雨や「ヘルパンギーナ」の流行で「症状」を調べる需要が増えたことで、「状」となった。

※:対象とするキーワードは以下を基に抽出。
・集計時期の検索者数上位1,000キーワードを抽出
・昨年と比較して、特徴的な上位100キーワードを対象とする。ただし、人名、令和〇年、2022年といった各年に関する検索、昨年検索のないキーワード、弊社ポリシー上NGと判定したキーワード等は除外
・頻出しやすい漢字の影響を除くために、昨年と比較して非特徴的な上位のキーワードを比較対象とする漢字の抽出方法は以下を基に抽出した
・漢字があるキーワードに絞り、漢字1文字ずつに、出現回数、比較対象での出現回数、検索人数合算を集計
・出現回数-比較対象での出現回数 → (同数の場合)検索人数合算の多い順を見て1位の漢字をピックアップ

2018年から2022年の漢字を振り返る

では2018年から2022年の各年の漢字はどうだったのか。

2018年は、春夏連覇の大阪桐蔭のキーワードを示す「大」、2019年は、急激に注目された業務スーパーに関連する「業」となっている。

参考:業務スーパーの検索人数月次推移

最後に、2022年の各月の漢字を紹介する。

新型コロナウイルス感染症の関連キーワードが、1月、8月、11月と多く出ていることがわかった。 実際の新規陽性者数の推移と見比べてみると、基本的には大きく増加したタイミングと一致している。

参考:新型コロナウイルス新規陽性者数の推移、前月差(「新規陽性者数の推移<日別>」データを基に同社作成)

関連情報
https://note.com/ds_yahoojp/n/n08c15517e6f2

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。