小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年5月の外食市場規模は2719億円、コロナ禍以降で最高値を記録

2023.07.03

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とする2023年5月度の「外食市場調査」を実施。先日、結果を分析したリポートが発表されたので、その概要を紹介したい。

5月の外食市場規模と外食単価について

2023年5月の外食市場規模は、3圏域合計で2719億円。前年同月比(以下、前年比)は104.3%(+111億円)と18か月連続して前年実績を上回った。

市場規模の2019年同月比(コロナ禍前比、以下19年比)は84.0%で、4月に続き19年比マイナス幅が連続して縮小。外食単価は19か月連続で前年を上回り、19年比でも108.9%と高い伸び率を示した。

外食実施率の19年比(88.2%)、外食頻度の19年比(90.8%)ともに前月よりマイナス幅が縮小したことで、延べ外食回数の19年比(77.1%)が2か月連続して回復傾向となり、結果、市場規模の19年比84.0%はコロナ禍となった2020年3月以降では、最高の回復率となっている。

市場規模の食事主体業態・計は前年比107.0%(19年比92.5%)、飲酒主体業態・計は同100.6%(同71.7%)、軽食主体業態・計は同105.8%(同70.5%)。主要16業態中では12業態で市場規模が前年を上回り、5業態では延べ外食回数・単価ともに前年を上回った。

19年比では「お好み焼き、鉄板焼き等の専業店」(103.1%)がコロナ禍前の市場規模を上回った。

3圏域計(首都圏・関西圏・東海圏)

● 2023年5月の外食実施率は 67.5% (前月比増減 +0.9pt、前年比増減 -0.2pt)
● 2023年5月の外食頻度は 3.82回/月 (前月比増減 +0.05回、前年比増減 +0.05回)
● 2023年5月の外食単価は 2,662円 (前月比増減 -56円、前年比増減 +92円)
● 2023年5月の外食市場規模は 2719億円 (前月比増減 +23億円、前年比増減 +111億円)

圏域別

● 外食実施率は、首都圏:67.6%(前年比増減 +1.4pt)、関西圏:66.5%(同 -4.2pt)、東海圏:69.1%(同 +1.3pt)
● 外食頻度は、首都圏:3.98回/月(前年比増減 +0.10回)、関西圏:3.73回/月(同 -0.05回)、東海圏:3.38回/月(同 +0.04回)
● 外食単価は、首都圏:2,758円(前年比増減 +92円)、関西圏:2,609円(同 +117円)、東海圏:2,336円(同 +16円)
● 外食市場規模は、首都圏:1702億円(前年比増減 +127億円)、関西圏:691億円(同 -26億円)、東海圏:326億円(同 +10億円)

業態別(3圏域計)

● 業態別の市場規模は、「和食料理店」(前年比増減 +63億円)、「中華料理店」(同 +34億円)、「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」(同 +20億円)等16業態中12業態で前年を上回った。
● 「和食料理店」(延べ回数 +49万回、単価 +433円)、「中華料理店」(延べ回数 +54万回、単価 +293円)等は延べ回数・単価ともに前年比で増加した。

本調査の概要
調査目的/対象月間の夕方意向の外食・中食内容を知るために実施。
調査時期/2023年3月31日(金)~4月10日(月)
配信数/1万2844件
回収数 /1万114件(回収率78.7%)
有効回答数/1万103件
調査機関/アール・ピー・アイ

関連情報
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20230629_gourmet_01.pdf

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。