小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

業績相場の到来も期待できる?今年後半の日本株と年末に向けた日経平均の見通し

2023.07.03

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「2023年後半の日本株見通し」と題したマーケットレポートを発表した。レポートの詳細は以下の通り。

株価の先行きは足元の好材料や海外勢の現物買いの持続性が焦点だが、上昇基調継続とみる

今回のレポートでは、6月22日に更新した三井住友DSアセットマネジメントの日本株の見通しについて、主なポイントを解説する。

改めて、今年の日本株の動きを確認してみると、日経平均株価は2022年12月30日から2023年6月27日までの約半年間で24.7%上昇、東証株価指数(TOPIX)は19.1%上昇しており、世界の主要株価指数のなかでも、際立った好パフォーマンスを示している。

この背景には、日本固有の複数の好材料、具体的にはインバウンド(訪日外国人)需要の回復、東京証券取引所(以下、東証)から企業への資本効率改善要請、日銀の異次元緩和継続などが春先に重なり、海外投資家の現物買いを誘った流れがあると推測される。

今後の日本株の方向性については、このような好材料や海外投資家による現物買いの持続性がカギを握ると思われるが、三井住友DSアセットマネジメントは日本株の上昇基調は継続すると考えている。

2023年12月末の着地水準は、日経平均株価が35,400円、TOPIXは2,420ポイントを予想

具体的な数値は図表1の通りで、日経平均株価の予想着地水準は、9月末が33,600円、12月末は35,400円、来年3月末は37,100円に設定している。

9月末の33,600円は、6月19日の取引時間中につけた33,772円89銭を少し下回る水準だが、これは7-9月期が季節的に夏枯れ相場になりやすいことや、米国など主要国の景気動向を見極める時間帯に入ることなどを踏まえたものだ。

ただ、年末にかけては、米国やユーロ圏などで利上げが一巡し、景気が停滞局面を脱することで、株価の一段高を予想する。

参考までに、12月末は、TOPIXの12カ月先予想1株あたり利益(EPS)を約181ポイント、株価収益率(PER)を約13.4倍とし、TOPIXの年末着地水準2,420ポイントを算出している。

また、NT倍率(日経平均をTOPIXで割った数値)を約14.6倍とし、日経平均の年末着地水準35,400円を算出している。

企業の構造改革への取り組みで本格的な業績相場の到来も期待、現時点でその余地は大きい

なお、レポートで何度か紹介している日経平均の「長期上昇トレンド」に目を向けると(図表2)、上値抵抗線は6月末で33,550円に位置しており、足元の日経平均はちょうどこのあたりで上昇一服となっている。

そして、長期上昇トレンドを形成する下値支持線と上値抵抗線を延長すると、9月末はそれぞれ27,700円と34,000円、12月末は28,150円と34,450円、来年3月末は28,600円と34,900円に位置することになる。

この長期上昇トレンドが来年以降も続くと仮定した場合、三井住友DSアセットマネジメントの見通しはかなり強気のように思われる。

しかしながら、国内企業がこの先、東証の要請に基づき、資本効率改善と稼ぐ力の向上を実現できれば、企業の「構造変化」により、長期上昇トレンドが、右肩上がりの傾斜をさらに強めることも十分考えられる。

企業が積極的に構造改革に取り組めば、本格的な業績相場の到来も期待され、現時点でその余地は大きいとみている。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。