小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メルセデス・ベンツがF1マシンをモチーフにした限定17台の特別仕様車「メルセデスAMG SL 63 4MATIC+ Motorsport Collectors Edition」を発表

2023.07.02

メルセデス・ベンツ日本は、新型メルセデスAMG SLの特別仕様車「メルセデスAMG SL 63 4MATIC+ Motorsport Collectors Edition」を発表し、6月28日より予約注文の受付を開始した。納車は2023 年7月以降を予定している。日本での販売は、17台限定となり、販売台数以上の申込みがあった場合には抽選となる。

「Super」と「Light」(軽量)を略したモデル呼称であるSLは、1952年に公道を走行できるレーシングスポーツカーとして発表され、ルマン24時間レースで見事なワンツーフィニッシュを飾ったほか、世界各地のレースで輝かしい戦績を重ねた「300 SL」(W194)をベースに、1954年に「300 SL」(W198)として発売された。

初代300 SLの誕生から70年以上の歴史の中で、新型SLはメルセデスAMGによる完全自社開発モデルとして生まれ変わった。SL専用の高剛性プラットフォームによる卓越したドライビングパフォーマンスと快適性を兼ね備えたドライバビリティ、2+2シートレイアウト、そしてAMG製V8ツインターボエンジンがもたらすパワフルな

ドライビングを楽しむことができるモデルとなる。また、インテリアはアナログとデジタルを融合した「ハイパーアナログ」デザインを採用することで、300 SLのデザインをオマージュしながらもラグジュアリーで快適な空間を実現している。

メルセデスAMG SL 63 4MATIC+ Motorsport Collectors Editionの特長

今回の特別仕様車は、メルセデスAMG SL 63 4MATIC+をベースに、Mercedes-AMG F1W13 E Performanceをモチーフとしたエクステリアデザインに仕上げている。

外装色には車両先端から後輪前部までをハイテックシルバー、後輪部分以降にオブシディアンブラックをグラデーションにより組み合わせた特別仕様車専用のツートーンペイントとともに、車体後部にスターパターンのペイントワークを施すことで、斬新なエクステリアを演出している。

また、フロントおよびリアエプロンの大型フリックやリアディフューザーなど空力特性を向上させるAMGエアロダイナミックパッケージと、フロントスプリッター、ドアミラーカバー等のトリム部やエグゾーストエンドをブラックに仕上げるAMGナイトパッケージも標準装備。

さらに、マットブラックペイントの21インチAMG 10スポークアルミホイールにはPETRONASカラーのリムフリンジを施し、そこに納まるブレーキキャリパーもブラックに仕上げている。

インテリアには、ナッパレザー/MICROCUT素材にイエローステッチを採用したAMGパフォーマンスシートやAMGカーボンファイバーインテリアトリム、カーボンファイバーとMICROCUTを組み合わせたAMGパフォーマンスステアリングを装備し、さらにスポーティな世界観を演出している。

メルセデスAMG SL 63 4MATIC+の特長

SL 63 4MATIC+はメルセデスAMG 社が完全自社開発した、最高出力585PS(430kW)、最大トルク800N・m を発揮するAMG 4.0 リッターV 型8 気筒直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載し、AMGスピードシフトMCT 9速トランスミッション(MCT=Multi-Clutch Transmission)を組み合わせている。0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は315km/hとなる。

また、SLとして初めてAMG のパフォーマンス志向連続トルク可変配分式四輪駆動システム「4MATIC+」を標準装備し、駆動トルクの前後配分比を無段階で連続的に変化させることで、物理的限界まで最適なトラクションを確保するだけではなく、ドライ、ウェット、スノーといったあらゆる走行条件下で高い操縦安定性と安全性を実現。同じくリア・アクスルステアリングも標準装備し、アジリティと操縦安定性を同時に実現した。

フロントサスペンションには、メルセデスAMGの量産車としては初めて5 本のリンクをホイールの内側にすべて収めたマルチリンク式が採用されており、そのため運動学性能が大幅に向上している。

リアサスペンションにも、5 リンク式が採用されている。さらに、新たに開発されたAMG ACTIVE RIDE CONTROLサスペンションを装備することで、トーションバー(スタビライザー)を利用した従来の機械的なアンチロールバーに代えて能動的な油圧機構によりロールを瞬時に補正することが可能になった。

【車両概要】

関連情報:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/models/cabriolet-roadster/sl/overview.html

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。