小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

浴室の気になる汚れTOP3、3位赤カビ、2位皮脂汚れ、1位は?

2023.07.05

カビが多く発生する夏場の浴室。こまめに掃除をして対策をしておきたいが、蒸し暑い浴室の掃除は大変だ。暑いからと掃除を大雑把にしていると、いつの間にか床や壁、浴槽の外部などにカビや汚れが溜まってしまう。

そこでアクティアは、同社が運用するTwitter公式アカウントにて「浴室掃除」に関するアンケート調査を実施した。

スポンジを使った浴室掃除は週1回!「浴室掃除」に関するアンケート調査

本調査は、2021年度よりアクティア社に関連性のある家事に関する項目(掃除や片付け、料理、洗濯クリーニング)などをテーマに月2回の頻度で実施しているもので、一昨年、昨年と比較して、どの質問事項においても大きな変化は見られなかった。

浴室清掃の頻度の占有順位については、一昨年、昨年と変わらず。若干の変化として「毎日」が一昨年の48%から、昨年43%と一旦ポイントを下げたが、今年は46%とポイントを押し戻した。

また「週に1回」が一昨年、昨年と18%と変化がなかったが、今年は22%とポイントが上がっていた。

掃除方法についても「お湯・水での掛け流しのみ」「洗剤つけ置き」が一昨年、昨年に比べ、微増しており、掃除頻度(週1回のポイントが上昇したこと)からも、毎日は簡易な掃除で済ませ、週1回「スポンジやブラシ等を使ったブラッシング」といった丁寧な掃除を行っているユーザーが徐々に増えているのではと推察できる。

浴室内の汚れについては、毎年微妙に変化しており、一昨年は「黒カビ」(33%)「赤カビ」(30%)「皮脂汚れ」(24%)とカビ発生における重度から軽度の順に気にするユーザーが多かったが、昨年は軽度の「皮脂汚れ」(30%)がもっとも多く、「黒カビ」「赤カビ」(ともに28%)となった。

今年は「黒カビ」のポイントが大幅に伸び(36%)、その分「皮脂汚れ」(27%)「赤カビ」(25%)のポイントを下げ、再び「黒カビ」がもっとも気になる汚れに返り咲いた。

その理由のひとつとして、調査時も含め、雨天の天候が続いており、例年に比べ、ユーザー宅において、実際にカビが発生しているケースが増えていることも推察できる。

専門業者(プロ)への依頼についても、一昨年(5%)から昨年(9%)とポイント伸長したものの、今年(7%)は伸び悩み、ポイントを下げている。

また頼んでよかった点、あるいは利用しない理由について、回答項目の追加なども行ったことから、純粋に比較検討はできないが、概ねこれまでと同様の結果(傾向)が見られた。

なお前回エアコンクリーニングの調査では「業者を家にあげるのが不安(嫌)」のポイントが上昇傾向にあったが、「浴室掃除」では、ポイントが下がっており(一昨年23%、昨年22%)、同じ家の中でも立ち入れる(見られても大丈夫な)空間(部屋)とユーザーの許容範囲(意識)も違っている可能性がある。

調査概要
調査方法:アクティア社Twitter 公式アカウントより
調査期間:6/9(金)~ 6 /11(日)
有効回答数:707件

関連情報:https://www.kajitaku.com/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。