小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

探偵事務所の調査で明らかになった浮気相手の正体TOP3、3位飲み屋やキャバクラの店員、2位友人や知人、1位は?

2023.07.02

パートナーが浮気している疑いがあったため、探偵事務所に調査の依頼をしたという人もいるかと思う。

もちろん、浮気の事実がない(浮気していない)場合もあるが、「浮気しているのにもかかわらず、浮気の証拠(確証)が得られなかった」ということもあるかもしれない。

しかし、「パートナーが不倫したため離婚の手続きを進めたいが、離婚裁判で有利となるような証拠を集めたい」と考えている場合は、浮気調査をどこまで継続するか判明するのは切実な問題となるだろう。

では、浮気調査で浮気の事実が判明したと仮定して、どのくらいの割合でパートナーに非を認めさせるほどの証拠が得られるものなのだろうか。

そこで今回、浮気・不倫調査や結婚信用調査、素行調査などを行うHAL探偵事務所は、探偵事務所に浮気調査を依頼したことがある人を対象に、「浮気調査でクロと判明する割合」に関する調査を実施した。

浮気調査によって浮気が“クロ”だと判明するのはおよそ85%!相手や原因など浮気調査ではどの程度のことまで判明する?

「浮気調査によって、浮気は“クロ”だと確定しましたか?」と質問したところ、およそ85%の人が『はい(84.6%)』と回答した。およそ85%と多くの人が、浮気調査で相手の浮気が確定したようだ。

「浮気調査によって、パートナーの浮気の実態はどのくらい判明しましたか?」と質問したところ、『詳しいことまで判明した(55.7%)』と回答した人が最も多く、次いで『ある程度のことは判明した(42.8%)』『ほとんど判明しなかった(1.5%)』と続いた。

「詳しいことまで判明した」「ある程度の事は判明した」を合わせると、98%以上が浮気の実態が判明したと回答している。浮気調査が全くの空振りに終わることは少ないと言えそうだ。

先程の調査で、8割以上の人が、浮気調査によって浮気が確定し、98%以上の人が浮気の実態が判明したことが明らかになった。では、パートナーは誰と浮気していたのだろうか。

「パートナーは誰と(または、どこで)浮気していたことが判明しましたか?(複数回答可)」と質問したところ、『仕事関係(職場の同僚や取引先の相手、バイトなど)(51.8%)』と回答した人が最も多く、次いで『友人や知人(もしくは、そのパートナー)(34.8%)』『飲み屋やキャバクラなど(18.1%)』『マッチングアプリやSNSなどで知り合った相手(17.0%)』と続いた。

86%以上の人が仕事先または、友人・知人など、身近な人と浮気をしていたことが明らかに。パートナーはなぜ浮気をしたのだろうか。原因やきっかけが気になるところ。

「浮気の原因はどのようなことだったと判明しましたか?近いものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『パートナーが浮気性だったこと(刺激を求めている、遊び感覚で浮気をしているなど)(33.8%)』と回答した人が最も多かった。

次いで『連絡や会う機会が少なかったこと(遠距離恋愛による寂しさなど)(29.3%)』『相性が合わないとわかったこと(趣向や性格、スキンシップなど)(28.1%)』『パートナーの恋愛感情が冷めてしまっていたこと(22.6%)』『パートナーの浮気相手が魅力的だったこと(15.0%)』と続いた。

3割以上の人が、パートナーが浮気性だったと回答している。ハッキリとした理由があったというよりは、パートナーの人間性が原因という人も少なくないようだ。

浮気調査では“シロ”だった!でも納得できない理由とは

次に、浮気調査の結果が潔白だった場合について調査した。結果についてどう受け止めた人が多いのだろうか。

「浮気調査の結果が“シロ”だと判明したことに対して、どのくらい納得できましたか?」と質問したところ、『とても納得できた(21.7%)』『ある程度は納得できた(52.2%)』『あまり納得できなかった(20.4%)』『とても不服だった(5.7%)』と回答があった。

浮気調査でパートナーが”シロ”という結果が出た人は、その後全く疑惑は残らなかったのだろうか。

「浮気調査の結果が“シロ”だと判明した後も、パートナーが浮気しているという疑惑は残っていますか?」と質問したところ、『やや疑惑が残っている(48.8%)』と回答した人が最も多く、次いで『まったく疑惑は残っていない(26.8%)』『とても疑惑が残っている(24.4%)』と続いた。

7割以上の人が、疑惑が残っていると回答していたので、その理由を伺うべく「疑惑が残った理由として近いものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『浮気しているパートナーが調査をすり抜けたと思うから(43.3%)』と回答した人が最多に。

次いで『浮気調査を依頼する前と状況が変わっていないから(26.7%)』『浮気調査の精度が悪いと思ったから(26.7%)』『探偵事務所が信頼できなかった(23.3%)』『浮気調査に問題があった(尾行がバレてしまったなど)から(13.3%)』と続いた。

4割以上の人が、パートナーが今回の浮気調査をすり抜けたと思うと回答した。怪しい言動などからパートナーの浮気を確信している場合、調査結果に疑惑が残る人は多いのではないだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。