小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「日本の女性誌に違和感…」海外で暮らす日本人女性がジェンダーギャップについて感じたこと

2023.06.30

6月21日、世界経済フォーラム(WEF)が発表した最新版「ジェンダーギャップ・レポート」の男女平等度ランキングでは、日本は146か国中125位。前年の116位から9つ順位を落とし、過去最低を記録した。

WEFは政治・経済・教育・健康の4分野で男女差を分析。男女平等な状態を100%とした場合、世界全体の達成率は68・4%。

一方、日本の達成率は総合で64.7%。分野別でみると、政治分野は5.7%で世界138位。経済分野も56.1%で世界123位と低迷している結果となった。

そんな今回の結果を受け、世界176カ国5万人以上の日本人が登録するロコタビは、2023年3月に実施した、*ジェンダーギャップ指数ランキング上位の国に移り住んだ日本人女性を対象に起こった調査の中から、「日本のジェンダーギャップが低いことへの率直な意見」と「移住先で『女性として生きやすい』と感じる文化や制度」に関する結果を紹介している。

以下、その概要をお伝えする。

日本のジェンダーギャップが低いことへの率直な意見

ジェンダーギャップ指数上位国(アイスランド、アイルランド、スウェーデン、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド)に住む日本人女性に、自由記述で「日本のジェンダーギャップ指数が低い事実に対して、想うことがあれば教えてください。」と質問した。

●移住者たちのコメント

・今70代の人たちが社会を牛耳っているから(彼らは男尊女卑思想から抜けられないから)ジェンダーギャップが低いのだと思います。日本ではなんで男は男であるだけであんなに偉いのだろう?(ドイツ在住/60代以上/フリー)

・まずは、男性があまり休みをとれず女性やパートナーと家事を共にすることができないこと。そして、同じ年代の男性でも女性に対して、女性はかわいくあるべき、メイクをするべき、など固定観念が強いと感じる。それは雑誌やメディアの女性に対するファッションやメイクが男性に対してかわいく思われることなどを中心に取り上げられていることが影響されていると思う。(アイルランド在住/30代/専業主婦)

・日本の伝統的な考え方が邪魔していると思う一方、それは日本の文化でもあり、例えば一家の大黒柱である夫(父)が、一番風呂に入り、彼の言うことが絶対である、と言うのは、私は賛成というか、嫌いではない。が、女の自由がなくなるのはおかしい。共存出来るのが一番だけど。(ドイツ在住/50代/観光)

・他の国よりは変化が遅いけれど、若い世代と話しているとジェンダーギャップが減っていっているのは感じます。(ドイツ在住/40代/観光)

・都市部の若い世代に関してはジェンダー思想の強い人は少なくなってきているように感じます。女性だけでなく、男性も「男らしさ」から解放され、個人を尊重できる社会になると良いなと感じます。(アイルランド/30代/学生)

・そもそも女性が平等を望んでいるのでしょうか? 未だに女性誌のモテ系や愛され系というタイトルを見ると、違和感を感じます。(フィンランド在住/50代/金融)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。