小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

吉田直樹プロデューサーが語る「ファイナルファンタジーXVI」のアクションバトルシステムへのこだわり

2023.07.09

FF16

『FF16』は〝シリーズ初の本格アクションRPG〟を銘打っている。これまでとは異なるバトルシステムを導入した狙いとは何か? それを実装するうえでどんなことに注力したのか? 前出の吉田プロデューサーに話を伺いながら、アクションの概要とともに各種サポートシステムを解説しよう。

『FF』シリーズ初!リアルタイムバトルで本格アクションをじっくり満喫できる

FF16

近接戦用の「攻撃」や遠距離戦用の「魔法」とともに、召喚獣の力を借りた攻撃「召喚獣アビリティ」を行なえるのが特徴。最大3体の召喚獣を選んでセットでき、召喚獣ごとに使える技が異なる。一度発動すると再び使えるまでには一定時間の経過が必要。ほかの召喚獣アビリティや通常攻撃、魔法を組み合わせて戦うことが重要だ。一部の敵はHPゲージ下のウィルゲージを削り切れば動きを一時的に止めて大ダメージを与える機会が生まれる。

アクションに不慣れでもOK!オートドッジ&スロー機能で攻撃を回避できる

FF16

アクションはほどほどに物語を楽しみたい人向けの「ストーリーフォーカスモード」では攻撃や回避の操作を補助する「サポートアクセサリ」を用意。「《オートドッジ》の指輪」を装着すると攻撃を自動で回避できる。「《オートスロー》の指輪」を装備すれば攻撃が来た瞬間に時の流れが遅くなり、回避しやすい。

攻撃もラクラク!新機能の召喚獣アクションがボタンひとつで発動する

FF16

「《オートアタック》の指輪」を装備すれば、複数のボタンを駆使して発動する多彩なアクションが、□ボタンを連打するだけで繰り出せるようになる。簡単操作で爽快なバトルを楽しもう。

パーティやバディ(トルガル)はクライヴと一緒に戦ってくれる心強い存在

FF16

戦闘ではクライヴのバディとして、狼のトルガルが参加。指示のコマンドに合わせて、回復や攻撃、突進を繰り出す仕組み。バトルをより戦略的に楽しめる。「《オートトルガル》の指輪」を装着することで、トルガルに指示する各種コマンドの自動化も可能だ。

FF16

物語の中で出会った仲間が戦闘に参加してくれるのも特徴だ。パーティのメンバーはゲームシステムによるAIのオートサポートで、プレイヤーは操作しない。物語の進行に応じてメンバーが入れ替わるとのこと。どんな仲間が参加するのかはお楽しみ。

バトルシステムで注力したのはアクションを〝やり込める〟要素と〝サポートする〟要素の両立でした

──本格アクションRPGではあるものの、初心者向けのサポート機能が手厚い印象を受けます。

吉田 初心者向けという意識はなく、あらゆる人が物語を楽しめるゲームにしたいと考えました。『ファイナルファンタジー』といえば、ターン制をベースとしつつ、コマンドバトルでありながら、様々な進化を遂げてきた作品です。改めて今の時代、そしてこれからも世界市場を相手に挑戦していく作品とするのであれば、今作は本気のアクションにチャレンジしようと考えました。一方、従来のコマンドバトルとしての『ファイナルファンタジー』が好きだった人に「向いてない」と思わせてはダメだと思うのです。「アクションが苦手」「ターンベースだったからこそ遊んでいた」という人たちに、それでも本作を手に取ってもらえた時、ストーリーを120%楽しんでいただけるようにする。これは僕たちがリアルタイムアクションバトルを採用するという選択を取ったことに対する責任だと思いました。映画館に行けば、誰でも簡単に大作映画を観ることができます。それくらい気軽な感覚で物語を楽しめるようにする。なおかつ、アクションゲームが好きなヘビーユーザーにもやりごたえのある作品を目指しました。

──あくまでもストーリーを楽しむためのアクションなんですね。

吉田 今回はアクション主体の作品ではありますが、RPGという部分は大切にしています。『ファイナルファンタジー』は最高の物語があってこそのゲームだと思っているからです。前作『FF15』では、多くのゲーマーに遊んでいただきました。良い感想をたくさんいただきましたが、それと同時にダウンロードコンテンツの一部を世に出せなかったことなども含め、ストーリーに対するネガティブな反応も少なくありませんでした。今作ではパッケージ1本でストーリーを最大限に楽しんでもらえることを、シリーズの最新作としてキチンと証明したい。これは我々のミッションだと思っています。そのためには脚本がおもしろいことが必須条件で、今回はかなりそこに振り切りました。しかも、ただ観るだけではなく、その手でストーリーを動かすことができる。まさに主人公になって、物語を切り拓く体験を味わっていただくのが、今作の狙いになっています。

──アクションのシステム作りで注力した点は何でしょうか?

吉田 ゲーム起動時に難易度選択を設けるのだけは避けたい、と開発チームにお願いしました。僕はゲーマーのつもりでいるのですが、そのプライドがゆえに「イージー」の選択肢が選べないのです(笑)。でも、何度かゲームオーバーが続くと「そろそろイージーを選びませんか?」と問われている気分になる。そうなると冷めるんです……。『FF16』をプレイするために『PS5』を購入する方がいらっしゃるはずだからこそ、敵の強さを変更するというシステム以外でのアプローチを目指しました。そこでストーリーを満喫したいのか。またはアクションもやり込んで極めたいのか。いずれかをプレイスタイルに合わせて自由に選べるようにしたいと考えました。たどり着いたのが「サポートアクセサリ」によって「難易度を変えるのではなく、遊び方を選ぶ」という思想です。〝アクションが苦手〟というのは漠然としたキーワードで、アクションの何が苦手なのかを知ることが重要だと考えました。そこから「敵の攻撃を避けるのが苦手なのか」「強いワザを繰り出すのが苦手なのか」「夢中になりすぎて回復を忘れてしまうのか」というような、人によって違う具体的な苦手のポイントを補えるシステムにたどり着いたんです。システムの発想や開発、そして調整はコンバットディレクターの鈴木良太が中心となって、多くのスタッフががんばってくれました。得意なところは自分でがんばる楽しさを覚えつつ、苦手なところだけをサポート機能でアシストしてもらう。このことにより、実は苦手だと思い込んでいたアクションを思いのほか楽しめて、それがゲームとしての楽しさにつながってくれることを期待しています。

吉田直樹さん

取材・文/桑元康平 撮影/干川 修 © 2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

※本記事は、雑誌「DIME」8月号に掲載されたものを転載しております。

豪華付録だけじゃない!読みごたえたっぷりの「俺たちのファイナルファンタジー」大特集も必読!DIME8月号をぜひお買い求めください。

DIME8月号では、17ページにわたって「ファイナルファンタジー」を大特集。7年ぶりにリリースされる超大作RPGシリーズ「FF16」の魅力を徹底研究。さらに、吉田直樹プロデューサー、天野喜孝、植松伸夫、声優・内田夕夜&潘めぐみ、豪華製作陣が最新作と歴代シリーズを熱く語ります!

【動画を見る】

詳細情報はこちら

■大特集は「2023上半期ヒット商品ランキングTOP100」

ChatGPT、WBC売れ、東急歌舞伎町タワー、ポケモン旋風、RRR、節電グッズ、おぱんちゅうさぎ、ソロ家電、風雲!たけし城、なか卯の親子丼、味なしフード and more!アフターコロナのトレンドキーワードを大公開!ビジネスのヒントが詰まった超保存版です。

■DIME SPECIAL 2 「バズる極意」

料理研究家リュウジのバズレシピ、マツダ家の日常・関ミナティのバズる【秘】テクから、NEXTインフルエンサー図鑑、TikTokを脅かす注目の最新SNSまで!進化するインフルエンサーマーケティングの最新トレンドを完全詳解!

■DIME SPECIAL 3 「俺たちのファイナルファンタジー」

7年ぶりに超大作RPGシリーズ「FF16」が発売!吉田直樹プロデューサー、天野喜孝、植松伸夫、声優・内田夕夜&潘めぐみ、豪華製作陣が最新作と歴代シリーズを熱く語る!

※電子版には付録は同梱されません。

【Amazonで買う】

【楽天ブックスで買う】

【セブンネットショッピングで買う】

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。