小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

吉田直樹プロデューサーが語る、「ファイナルファンタジーXVI」のクリスタルをめぐる覇権闘争のストーリーの舞台裏

2023.07.08

『ファイナルファンタジー』シリーズの魅力といえば、ドラマチックなストーリー展開が挙げられる。新作『ファイナルファンタジーXVI』(以下『FF16』)ではどんな物語が待ち受けているのか。舞台となる大地「ヴァリスゼア」をはじめとする各種設定の概要について、吉田直樹プロデューサーの話をもとに紐解いていこう。

クリエイティブディレクターの地理的な視点から構築されたリアルな舞台設定

『FF16』のクリエイティブディレクターを担当する前廣和豊さんによれば、ゲームのシナリオを作る際には、まず舞台となる「ヴァリスゼア」の世界地図を描くことから始めたという。山に沿うようにして川は流れており、そこには森や草原が存在し、文明が起こって街が生まれ、やがて国へと発展していく……。こうした思考を積み重ね、まずは4000年程度の歴史を作ったうえで、ゲームをプレイする点に至るまでの時代経過や、ゲーム本編における主人公たちの物語などが緻密に考えられたそうだ。主要な登場人物はもちろん、村人や街に置かれた何気ない樽のひとつに至るまで、説得力を持たせられるようなものになっている。

舞台となる大地・ヴァリスゼアは『FF』ファンに親しみの深いクリスタルが中心の世界

西に「風の大陸」、東に「灰の大陸」があるヴァリスゼアには、各地に点在するマザークリスタルから発生する大量のエーテルが満ちている。人々はそれを資源として魔法を使い、文明を発展させてきた。プレイを開始する時点ではマザークリスタルから放出されるエーテルが徐々に枯渇。周辺には〝黒の一帯〟が広がりを見せており、限られた資源をめぐって国同士による争いが絶えない状況に。

FF16FF16

各国のドミナントは『FF』シリーズで人気の召喚獣を宿す能力を備える

炎や氷といった属性を持つ召喚獣は、一国を滅ぼすほどの危険な存在として描かれる。その身に召喚獣を宿す者は「ドミナント」と呼ばれ、王国貴族としての立場の者もいれば、兵器として戦争に駆り出される者もいるなど、国によって扱いは様々。戦争の抑止力として各国が召喚獣を保有しているが、エーテルが枯渇しつつある中、その歯止めは利かなくなりつつある。

クライヴ

ドミナントたちが所属する5つの国と自治領

ロザリア公国

ロザリア公国

ヴァリスゼア中西部に位置する公国。マザークリスタル「ドレイクブレス」がもたらすエーテルで繁栄している。召喚獣「フェニックス」のドミナントを保有する。

ザンブレク皇国

ザンブレク皇国

宗教国家であり、皇都オリフレムはマザークリスタル「ドレイクヘッド」の眼下に位置する。国が所有する召喚獣は「バハムート」で、ドミナントのディオンは皇子。

ウォールード王国

ウォールード王国

マザークリスタル「ドレイクスパイン」と強大な軍事力を保有。オークなど亜人種との戦いを平定した国王のバルナバスは闇の召喚獣「オーディン」のドミナント。

ダルメキア共和国

ダルメキア共和国

マザークリスタル「ドレイクファング」が山脈全体と一体化する同国は5つの州による共和国が統治。土の召喚獣「タイタン」のドミナントは、評議会への提言役を担う。

鉄王国

鉄王国

クリスタルを崇めるクリスタル正教の総本山。マザークリスタル「ドレイクブレス」をめぐりロザリア公国と対立。ドミナントは忌まわしき存在という扱い。

クリスタル自治領

クリスタル自治領

世界最大のマザークリスタル「ドレイクテイル」を有する自治領。膨大なエーテルを各国に共有し、不可侵条約が制定されている。ドミナントを有していない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。