小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【100均セレクション】ダイソーのコロコロが種類も豊富で便利すぎるってご存じ?

2023.06.29

コロコロは、ちょっと気になったときに手軽に掃除ができて便利で愛用者も多いだろう。しかも、使うシーンに合わせて、サイズや粘着力も選べるのだ。「ダイソー」で販売されているコロコロを紹介しよう。

「コロコロ」は通称であり一般名詞ではない

 「コロコロ」は一般名詞ではなく、あくまでも通称だ。正式には「粘着カーペットクリーナー」といい、「コロコロ」は株式会社ニトムズが発売した商品名で商標登録もされている。そのため、ニトムズ以外の会社が「コロコロ」という名称を商品につけることはできない(ニトムズとの間で交渉が成立している場合を除く)。

今回紹介するのは、ダイソーで販売している粘着カーペットクリーナーだ。100円均一ショップによっても名称が違い、ダイソーでは、粘着テープクリーナーと表記されているものが多い。カーペットクリーナーやファブリッククリーナーなど、目的別の商品名もある。コロコロは、ハンドルの長さや粘着部分のサイズのほか、粘着力やテープの切りやすさなど好みに合わせて選ぶことができ、多様化するニーズに応えている。その中から、おすすめの商品をピックアップした。

※本記事では通称としての「コロコロ」表記を採用していますが、株式会社ニトムズの商品ではないことをご承知おきください。

掃除機ライクに使える粘着クリーナー

コロコロは手軽に掃除ができることからハンディタイプが多く、カーペットを掃除する場合、ひざをついて掃除しなければいけない。この「粘着テープクリーナーワイドタイプ」は、粘着部分がワイドなだけでなく、シャフト部分が3段の伸縮タイプで、まるで掃除機のように立ったまま使うことができる。

シャフトを伸ばしたところ

少しかがんで使う場合は1段目など、身長に合わせて長さを変えられ、家族に手伝ってもらうときにも便利だ。最大に伸ばすと、本体を入れて123cm。身長158cmの筆者が立って掃除するのに快適な長さだった。

ポールを外すと、ハンディタイプとして使うことができる。前後のボタンを押して、引き上げるとポールが外れるようになっている。

立てて置けるスタンドタイプのため、置く場所を選ばない。壁に立てかけておくと倒れてくることがあるが、こちらは自立しているので、リビングの真ん中に立てておくことも可能だ。まあ、そんな場所に置くこともないだろうが、掃除の途中でちょっと休憩というときに、粘着部分をケースにサッとしまうだけで立てて置けるのは意外にも便利だった。

粘着テープをよく見ると、斜めに線が入っている。なんと剝がしやすいように、斜めカットになっている。斜めタイプを使うのは初めてだったが、思った以上に快適だった。粘着テープは、30周分付属している。

■商品詳細

商品名:粘着テープクリーナー(ワイドタイプ、伸縮3段式、テープ30周付)
価格:550円(税込み)
原産国:中国
材質:本体 ポリプロピレン、アルミニウム、紙
サイズ:ヘッドのみ22.5cm×22cm×8cm、棒のみ56cm107cm×3cm×3cm

立ったまま使えるロングタイプのカーペット用粘着クリーナー

ワイドタイプより軽く感じたのが「粘着テープクリーナー」だ。シャフト部分が細く、全体的にコンパクトになった印象。

3段階でシャフトの長さを調節でき、こちらも掃除機感覚の楽な姿勢で掃除することができる。

粘着テープ部分はケースに収納できるが、先ほど紹介したタイプと違って自立しないため、どこかに立てかける必要がある。

付属テープは、15周分。こちらは、まっすぐカットするタイプだ。注意書きには、カーペット用と書かれていて、毛の長い絨毯などへの使用は不可。また、畳もNGだ。粘着力によって使用可能な素材が異なるため注意したい。

■商品詳細

商品名:粘着テープクリーナー(伸縮三段式、テープ15周付)
価格:330円(税込み)
原産国:中国
材質:本体 ポリプロピレン、アルミニウム、鉄
サイズ:64cm×18cm×7cm

座ったまま使えるハンディタイプ

コロコロといえば、こちらというくらい定番のサイズが「レギュラーサイズ粘着テープクリーナー」だ。座ったまま、ちょっと掃除したいときに手軽に使えるハンディタイプ。ハンドル部分も握りやすい。

伸縮タイプと同じケースに入れるようになっているが、ハンディタイプのためこちらは自立した。ハンディタイプは、手軽に使え、収納場所にも困らないのが便利だ。

粘着テープは、15回分付属している。テープの粘着力がなくなったら、ミシン目の部分からテープをはがす。こちらは、カーペット専用などの注意書きはなかったが、粘着力がしっかりあるため、カーペット用と同じように使うのがよさそうだ。

■商品詳細

商品名:レギュラーサイズ粘着テープクリーナー
価格:110円(税込み)
原産国:中国
材質:ポリプロピレン、鉄
サイズ:30cm×17cm×7cm

ポールを取り付けることもできるクリーナー

ハンディタイプの「カーペットクリーナー」ではあるが、パッケージには『ジョイント式』と表記されている。ジョイントシリーズの商品で、別売りのポールを着けることで、ロングタイプとして使うことができる。最初は、ハンディで十分だと思っていても、コロコロを使うシーンが増えると、ロングタイプが便利だったかもなあなんて思ったときに買い足せるのが便利そうだ。

ケースも他のタイプとほぼ同じだ。

ただ、ケースを開けてみると、なんとテープが付属していなかった。実は、ダイソーのコロコロの中には、テープが付属していないものが数種類あることがわかった。購入時に気をつけたい。

別売りのテープを取り付けてみた。白いテープではなく、黒のテープにすることで、ホコリが見えやすいという効果も。きれいになったのが実感できると、掃除も楽しくなりそうな気がする。

■商品詳細

商品名:ジョイント式カーペットクリーナー
価格:110円(税込み)
原産国:中国
材質:ポリプロピレン、スチール
サイズ:22cm×17cm×6.8cm

壁掛けもできるケースが要らないコロコロ

コロコロは、粘着テープで掃除するタイプなので、ケースが必須だと思っていたが、ケースに入れるのが面倒と思うことも。ピンポイントで掃除したときなどは特にそう感じる。と思っていたら、なんとケースなしのコロコロがあった。その名も「ケースが要らない粘着クリーナー」だ。そのままの名前で探しやすい。とてもコンパクトだ。

ケースがなくて気になるのは、テープの粘着部分がどのような状態で常時置いておけるのかどうかだ。この商品はその点もクリア。床に置いたときに、ワイヤーフレームが粘着テープを持ち上げ、床につかない仕様になっている。コンパクトタイプで、クッションやソファなど、ちょっとした掃除に快適。

テーブルの端に置いても邪魔にはならないだろうが、壁掛けもでき、より省スペースに収納が可能だ。粘着テープは、15周付属している。どれくらい使ったのか、ケースに入っていないため一目瞭然でレフィルの準備も忘れる心配が少なそうだ。おしゃれに手間なくすっきり収納できるのもいい。

■商品詳細

商品名:ケースが要らない粘着クリーナー(ワイヤー製、幅8cmテープ付)
価格:110円(税込み)
原産国:中国
材質:ポリプロピレン、スチール(クロームメッキ)、紙
サイズ:18cm×10cm×7cm

衣類のホコリが手軽にとれるクリーナー

黒などの洋服を着たときは特に気になる糸くずやホコリ。出かける前に、さっと手軽にとれるのが、「ファブリッククリーナー」だ。ファブリック用はテープについて垂直にハンドルがついているのではなく、縦型となる。

筒型のケースに、ハンドルを入れてあるだけかと思ったら、底の部分でしっかり固定できるようになっていた。

取り出して気づいたが、粘着テープが付属していなかった。よく注意書きを確認すると、「粘着テープは別売りです。」との記載が。この部分の確認を忘れると、すぐに使うことができないため気をつけたい。粘着テープは、芯径が約3.8cmでテープ幅は8cmの市販のスペアテープのセットが可能。スペアテープの外径によっては、サイズが大きすぎて入らないこともあるため気をつけたい。

■商品詳細

商品名:ファブリッククリーナー
価格:110円(税込み)
原産国:中国
材質:ポリプロピレン
サイズ:20.6cm×5.6cm×5.6cm

通称「コロコロ」こと粘着カーペットクリーナーは、どこを掃除するかだけでなく、カーペットや絨毯のほか、フローリングタイプ、衣服タイプなど、なにを掃除するかでも選び方が変わってくる。使いやすい形だけでなく、粘着力もきちんと確認して、それぞれのアイテムに負担をかけないように選びたい。また、粘着テープが付属しているタイプか、そうでないかも確認したうえでスペアを準備することもお忘れなく。

ダイソー
https://www.daiso-sangyo.co.jp/

文/林ゆり

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。