小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

決め手に欠けるドラレコ選びに〝最適解〟を![モバイル連携][SOS機能][簡単取り付け]欧米シェアNo.1のドラレコが最強である3つの理由【PR】

2023.07.14PR

今やドライブに欠かせないアイテムになったドライブレコーダー。街中を走るクルマの多くに装着されているが、〝証拠〟としての用途が主であるドラレコは各社横並びといった印象だ。そんな成熟市場に今年、イギリスから刺客が現われた。その革新的な機能に迫る!

《モータージャーナリスト丸山誠さんがレポート!》

〈NEXTBASEとは?〉
英国発のドライブレコーダー専業メーカー

欧米を中心に最新テクノロジーのアドバンテージを持つNEXTBASE。同社は1999年にイギリスで設立され、24年にわたり車載機器の製造を手がけている世界最大規模の老舗ドライブレコーダーメーカーだ。イギリスでは、78%のシェアを獲得していて、絶大な支持を得ている。今年の4月より参入した日本では、今回紹介した『522GWR』を含む全7機種で展開される予定だ。

自分の愛車が今すぐコネクテッドカーになる

 ドラレコ選びには「キレイに撮れる」ということ以外に決め手が少なく、何を選ぶべきか悩むドライバーも多い。そんなドラレコ市場に現われたのが、モバイルアプリ連携でコネクティッド技術をリードする、英国発のNEXTBASEだ。

 世界最大規模のドライブレコーダーメーカーのひとつである同社は今年4月の国内市場参入に合わせ、日本向けモデルのドラレコを投入している。今回その中から最新機能を搭載するハイエンドモデルの『522GWR』をモータージャーナリストの丸山誠さんに試してもらった。

「まず驚いたのは〝マウントでカメラを装着する〞という新しい発想です。『Click&Go™マウント』と呼ぶベースをフロントガラスに取り付ければ、カメラは後からマウントに磁力で接続するだけでセッティングできます。電源の配線はマウントから直接出ているため、取り回しも簡単です。フロントガラスへの設置スペースもコンパクトに収められますね」(丸山さん)

『522GWR』はモバイル端末との連携機能が充実しているのも特徴だ。専用アプリの「My Nextbase Connect™」を使えば、Wi-Fiを通じて、すぐにモバイル端末に映像をダウンロードできる。

「自車の事故以外の場面でも証人として映像を提供したり、YouTubeなどのSNSで動画の共有ができたりするのはうれしい。また、何よりも事故やあおり運転の被害を受けた際に、証拠映像を現場で確認できたり、保険会社などに映像をすぐにメールで送信できたりするのは、かなりの安心感がありますね」(丸山さん)

 モバイル連携の本領を発揮した「SOS機能」も魅力だ。

「万が一の事故で自ら救急要請ができない状況でも位置情報と事前登録した医療情報などを救急に知らせ、素早く救急車を手配する機能です。通常プレミアムカーにしか搭載されていないSOS機能がドラレコで提供されるのは大きな魅力です」(丸山さん)

〈POINT 1〉
モバイル連携できる専用App「MyNextbase Connect™」で記録映像の確認やクラウドへの一時保存、共有がラクラク!

モバイルアプリ
「MyNextbase Connect™」

専用のMyNextbase Connect™アプリを使い、ドライブレコーダーとモバイル端末を連携するだけで、SDカードに記録された映像をモバイル端末で確認・共有ができる。クルマの位置情報や加速度の値なども無料クラウドに30日間保存できるのもNEXTBASEならでは。〝SDカードをPCに差し込んで取り込む〟という従来のドライブレコーダーに必要だった煩雑な作業もないので、友人との旅の記録をSNSで気軽に共有するというような使い方もできそうだ。

〈POINT 2〉
独自のアルゴリズムで事故を検知し、自動で救急車の要請が可能な「SOS機能」を搭載

「SOS機能」

万が一の事故で意識喪失などドライバーの応答がない場合、SOS機能でクルマの位置情報や事前登録された医療情報なども救急に提供する。スマホの電波が届くエリアであれば救急車の要請が可能だから安心だ。SOSシステムは、事故かどうかを判断するプロセスを経て、電話に応答しない場合にのみ救急要請を行なう。

 

〈POINT 3〉
独自の「Click&Go™マウント」を搭載し、視認性がアップ! 見た目もスタイリッシュ!!

「Click&Go™マウント」

「ドラレコを取り付けた時の乱雑な感じが嫌だ」というユーザーにぴったりなのがClick&Go™マウントだ。NEXTBASE独自のマグネット式マウントを採用し、電源をマウントに直接配給することで極めてシンプルな配線を実現。また、フロントガラスのわずかなスペースで取り付けられるので運転者の視野を妨げない。マグネットで簡単に着脱できるから、追加でマウントを購入すれば、自家用車と営業車でひとつのドラレコを共用することも可能だ。

〈プラスPOINT 〉
夜間でも鮮明に映像を記録する「F1.3 」の明るいレンズやゆがみが生じにくい「140°画角」も魅力!

 

 

「超広角画角」に「F1.3レンズ」、高感度CMOSセンサー「STARVIS」、「HDR」をフル搭載!

522GWR」を取り付けて走行した映像を見てみたが、とてもクリアでくっきりとしているという印象だ。車両のナンバープレートをはっきりと視認でき、歩行者や自転車などの周辺状況も鮮明に映る(※)。また、広角レンズを搭載しているもの、カーブする際の映像の歪みなどはほとんど感じられず、色合いも自然だ。映像の美しさや鮮明さはドライブレコーダーとしての機能で最も安心・安全につながるものなので、522GWRはその点でも優秀といえる。また、F1.3の明るいレンズや高感度CMOSセンサー「STARVIS」が採用されており、「HDR」にも対応しているので、夜間走行時などの明暗差の激しいシチュエーションでも白飛びや黒つぶれが少なく、暗い場所での走行においても周囲の状況を映像でしっかりと確認できる。

※公開した映像は前方カメラの映像かつナンバープレートなどプライバシーに配慮した映像です。

丸山誠さんが使ってわかった!『522GWR』の実用性と安心感

録画画像がキレイで精細なドラレコというのが第一印象。ドラレコは、証拠になり得る鮮明な映像を確実に残すことが必須条件だ。その点、F1.3というとても明るいレンズとマニュアル操作できる偏光フィルターによって、フロントガラスを通してもクリアな映像を映し出すのは世界で選ばれているNEXTBASEらしい美点。スマホとの連携も充実していて満足感が高い。

『522GWR』商品情報

NEXTBASE
『522GWR』 4万4800円(編集部調べ。全国のイエローハットとAmazonで発売中)

『522GWR』は前後2カメラのハイエンドモデル。フロントカメラは370万画素STARVISセンサーとF1.3とかなり明るいレンズを組み合わせているため昼や暗いトンネル、夜間といったシーンを問わず詳細に記録できる。ボディーには3インチIPSタッチパネルが採用されているので操作も簡単で映像も見やすい。映り込みを抑える偏光フィルターも特徴で、フロントガラスやインパネの映り込みを抑えられる。

詳細はこちらから

協力/ネクストベース
問い合わせ先/0120・036・312(9:00~17:00※土日祝日など除く)

取材・文/丸山 誠 撮影/雪岡直樹

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。