小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

梅雨明け後から猛暑到来の予想、体を暑さに慣れさせる「暑熱順化」の始め方

2023.06.26

一般財団法人日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、本格的な暑さを迎える前から体を暑さに慣れさせること=暑熱順化(しょねつじゅんか)の大切さについて知ってもらうことを目的に、各地域で暑熱順化が必要なタイミングの目安となる「熱中症ゼロヘ 暑熱順化前線(第2回)」を公開した。

暑熱順化前線の情報

熱中症ゼロヘ 暑熱順化前線(第2回)

沖縄地方の「熱中症ゼロへ 暑熱順化前線」は6月中旬であるほか、九州地方は6月中旬~6月下旬、四国、近畿、北陸地方では6月下旬となっている。

中国、東海、関東、東北地方では6月下旬~7月上旬、北海道地方では7月上旬となりそうだ。

日本気象協会では、この時期を目安に暑さに体を慣れさせることを意識した動きや生活を行なうことを推奨している。

「暑熱順化」の大切さについて

体を暑さに慣れさせることを「暑熱順化」という。暑熱順化には個人差もあるが、数日から2週間程度かかるといわれている。

しかし一度暑熱順化ができていても、数日暑さから離れると暑熱順化の効果は薄れてしまう。梅雨で雨が降り気温が下がると、それまでに暑熱順化した体も元に戻ってしまう可能性があるのだ。

このプロジェクトでは4月6日(木)に「熱中症ゼロへ 暑熱順化前線(第1回)」を公開しているが、日本気象協会では、いまいちど暑熱順化の大切さについて広く知ってもらうことを目的に、「熱中症ゼロへ 暑熱順化前線(第2回)」を作成したという。

各地域で暑熱順化が必要なタイミングの目安として活用していきたい。

同協会では公開に際して、「熱中症対策には無理のない範囲で暑熱順化をするための動きや生活を続けることが大切です。また体の調子を整えるだけでなく、エアコンの点検や試運転、暑さ対策に必要な持ち物の確認など、本格的な夏に備えた対応も一緒に始めましょう」とアナウンスしている。

「熱中症ゼロヘ 暑熱順化前線」について

「熱中症ゼロへ 暑熱順化前線」は、軽い運動や湯船につかる入浴で意識して汗をかくなど、体を暑さに慣れさせる暑熱順化を始めるタイミングの目安を示したものだ。

暑熱順化ができていないと、体の熱をうまく外に逃がすことができず、熱中症になる危険性が高まってしまう。

梅雨の晴れ間や梅雨明け後など、体が暑さに慣れていない状態で急な暑さを迎えるタイミングでは熱中症に特に注意が必要だ。

実際、2022年は7月中旬から下旬にかけて各地で梅雨明けしたが、梅雨明け後の救急搬送者数は前週の約1.6倍に増加している(参考資料参照)。

また今年の5月1日~6月4日の救急搬送者数(速報値)は昨年を上回っており、真夏に向けてますます注意が必要になってくる時期と言えるだろう。

日常生活でできる暑熱順化をするための動きや生活

暑くなる前からできる熱中症の対策には、暑さに強い体づくりが挙げられる。

暑さに強い体を作るためには、バランスの良い食事や十分な睡眠以外に、「暑熱順化」をすることも大切。

日常生活の中では、運動や入浴以外でも、帰り道に1駅分歩いたり、少し遠くまで徒歩や自転車で買い物に行ったり、普段はエスカレーターやエレベーターを使うところを階段で上り下りしたり、身近な方法で軽く汗をかくことができる。

個人の体質や体調に合わせて、無理のない範囲で取り入れていただきたい。

今後の気象傾向

日本気象協会所属 気象予報士/防災士/熱中症予防指導員 久保智子氏

7月中旬頃にかけて、気温は平年より高い所が多いでしょう。その後、8月にかけて、気温は東日本や西日本で平年並みか高く、沖縄・奄美は平年より高い見込みです。

梅雨の時期は、曇りや雨でも湿度が高く、蒸し暑い日が多くなりそうです。体の中に熱がこもらないように、衣服は綿や麻など通気性の良い素材を選ぶと良いでしょう。

また、梅雨明け後は、厳しい暑さとなり、猛暑日(最高気温が35℃以上の日)の頻度も多くなる見込みです。屋外での運動や長時間の作業は、日陰など涼しい場所で適度に休憩をとり、たくさん汗をかいたら、水分だけでなく塩分も適切に補給するなど、万全の熱中症対策が必要です。

本格的に暑くなる前から、暑熱順化のための運動や活動を行ない、暑さに備えることが大切です。

参考資料〜昨年の梅雨明け前後の振り返り

2022年の梅雨明けは、沖縄(6月20日)・奄美地方(6月22日)を除く各地で7月22日から7月26日となった。消防庁による熱中症救急搬送者数は、各地が梅雨明けした週(7月22日~7月28日)の5760人から、梅雨明け後の週(7月29日~8月4日)には8931人と、約1.6倍に増加している。

関東甲信地方の梅雨明けは7月23日頃だったが、東京の梅雨明け前後の2週間の熱中症による救急搬送者数を比較すると、梅雨明け前(7月9日~7月22日)は588人だったのに対し、梅雨明け後(7月23日~8月5日)は1201人と約2倍となった。

関連情報
https://www.netsuzero.jp/le15-zensen

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。