小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ChatGPTの認知率は7割まで上昇、10代男性の利用経験者は4割以上

2023.06.24

OpenAIが開発した人工知能の一種で、テキストで質問したことに対して自然な会話形式でAIが答えるサービス「ChatGPT(チャットジーピーティー)」。

このたびLINEリサーチでは、日本全国の男女を対象に、「ChatGPT」の認知率や利用意向などについて、2023年3月に実施した調査に続き、2度目の調査を行ったので、結果をお伝えしよう。

「ChatGPT」の認知は全体では約7割、前回調査から大幅に増加

まずは「ChatGPT」について知っているか、使ったことがあるかどうかを聞いたところ、全体では、「知っているし、使ったことがある」が1割超、「知っているが、使ったことはない」が5割台後半となった。

これらを合わせた「ChatGPT」を知っている人は約7割となり、過半数以上の人が認知していることが判明。

男女年代別でみてみると、認知については男女ともにどの年代も6割以上となった。その中でもやや男性のほうが認知度が高い傾向となっている。また、利用経験は、女性に比べると男性のほうが高く、特に男性10代では4割以上と最も高くなっていた。

以下グラフは男女年代別のTableau集計結果※だ。

前回実施の調査では、約3割だった認知に対して、今回の6月実施調査の認知は40ポイント以上大幅に増加し、約7割となった。

この3ヶ月の間に男女問わず幅広い年代に認知が広がった様子がわかる。前回は、4.8%だった利用経験も15.2%と10ポイント以上伸長している。

「ChatGPT」を「ぜひ利用してみたいと思う」人は男女ともに10代がもっとも高い

続いて、「ChatGPT」について説明をしたうえで、「ChatGPT」を利用したいと思うかを聞いた。

全体では、「ぜひ利用してみたいと思う」が1割超、「機会があれば利用してみたいと思う」が4割強となり、それらを合わせた『利用してみたいと思う』人は5割台後半となった。

一方で、「あまり利用してみたいと思わない」、「まったく利用してみたいと思わない」を合わせた『利用してみたいと思わない』人は2割強となり、「どちらともいえない」という人も約2割いた。

男女年代別でみると、男女ともに10代で「ぜひ利用してみたいと思う」が2割台後半から3割台とやや高くなっている。また、男性20代~40代でも2割台となり、男性の若い年代でより積極的な利用意向がみられた。

男性60代と女性40代~60代で『利用してみたいと思わない』人が3割前後と他の年代に比べるとやや高い傾向がみられる。以下グラフは男女年代別のTableau集計結果※だ。

前回実施の調査では、『利用してみたいと思う』人の割合は42.4%であったが、今回の6月実施調査では10ポイント以上増加し55.9%となった。認知ほどの大幅な増加は見られなかったが、前回に比べて利用してみたいと思う人が増えている様子がわかる。

また、利用経験者の利用意向も約6割となり、実際にサービスを利用した人も、今後も積極的に利用したい傾向がうかがえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。