小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホのGmailアプリからでも文字色やフォントなどのテキスト形式を編集できるって知ってた?

2023.06.27

PCブラウザ版のGmailでは、メール作成画面から簡単にテキストサイズや書式の変更ができます。単語の強調をしたり、印象を変えたい際に使用している人も多いでしょう。

一方、iPhone、Androidスマートフォン向けに配信されているGmailアプリでは、新規メールを作成する画面に、テキストを編集するアイコンが表示されません。ただし、少し操作することで、テキスト形式を編集することができます。

iPhone向けGmailアプリでテキスト形式を編集する方法

まずは、iPhone向けのGmailアプリでテキスト形式を編集する方法を見ていきましょう。PCブラウザ版と比較すると、できる操作は限定的ですが、ぜひ試してみてください。画像は、iOS 16.5を搭載したiPhone 14 Proを使用しています。

1.Gmailアプリを開き、右下の「作成」をタップ(受信メールに返信でもOK)します。

2.メールの作成画面で、任意のテキストを入力していきます。

3.テキスト形式を編集したい文字を長押し(もしくはダブルタップ)し、「選択」もしくは「すべてを選択」をタップ。続いて「フォーマット」に進みます。

4.「ボールド」「イタリック」「アンダーライン」の選択肢が表示されるので、任意のものをタップ。以上で書式の変更ができます。

Androidスマートフォン向けGmailアプリでテキスト形式を編集する方法

続いて、Androidスマートフォン向けに配信されているGmailアプリにて、テキスト形式を編集する方法です。Androidスマートフォンでは、iPhone向けのGmailアプリに比べ、細かい設定ができるようになっています。画像は、Android 13を搭載したPixel 7 Proを使用しています。

1.Gmailアプリを開き、右下の「作成」をタップ(受信メールに返信でもOK)します。

2.メールの作成画面に移行するので、任意のテキストを入力します。

3.書式を変更したいテキストを長押し(もしくはダブルタップ)し、「書式設定」に進みます。

4.キーボードの上部にテキスト編集用のタブが表示されるので、太字や斜体、アンダーバー、テキストカラーといった任意の編集を行います。

PCブラウザ版GmailでHTML形式からプレーンテキスト形式に変更する方法

PCブラウザ版、スマートフォンアプリ版のGmailでは、一般的にメールを作成すると、「HTML形式」になります。HTML形式では、本文に図や画像を挿入できたり、文字の大きさ、装飾を変更することができますが、テキスト形式のメールと比較すると、メールの容量が大きくなったり、メールを受け取った人が正しく表示できない場合があります。

一方、「プレーンテキスト形式」は、名前の通り文字のみで作成されるメールを指します。文字の装飾ができない代わりに、データ容量を抑えられたり、メール受信者が正しく表示できなくなる心配がほぼないといったメリットがあります。

PCブラウザ版のGmailでは、HTML形式からプレーンテキスト形式に変更してメールを作成することも可能。Windows PCでの操作方法は下記の通りです。

1.ブラウザでGmailを開き、新規メールを作成します。今回はChromeを使用しています。

2.最下部にあるタブから、「…」アイコンをクリックします。

3.「プレーン テキスト モード」をクリックします。

4.あとは通常通り、メールを作成すればOKです。

※データは2023年6月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。