小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1000人に聞いた昨年最も課金したゲーム、3位FGO、2位ディズニーツムツム、1位は?

2023.06.23

サルガクチョウサvol.4「モバイルゲーム市場における課金にまつわるユーザー調査」

HIKEのチューニング・検証事業を担う猿楽庁は、2020年、2021年に引き続き、2022年のモバイルゲーム市場を独自の視点で振り返るべく、課金にまつわるユーザー調査を2023年1月に実施したので、注目のポイントをピックアップしてお伝えしよう。

本調査では「2022年にモバイルゲームで課金した実績がある」かつ「AndroidもしくはiOSでゲームをプレイしている」全国の10代〜60代の男女1,000人をモニターとして抽出。

1ヶ月あたりの課金額は、「120〜1,000円」と回答するユーザーが439人と最多。一方で、6人が「1,000,001円以上」と答えている。

本調査ではこの1ヶ月あたりの課金額から、回答者を「コア層(50,001円以上)、「ミドル層(10,001〜50,000円)」、「ライト層(10,000円以下)」と3つの層に分類した。

常にプレイしているタイトル数、「1~3タイトル」と答えるミドル/コアユーザーが増加

2021年と比較した際、ライト層の傾向に大きな変化はみられなかった。ミドル/コア層では、5タイトル以上の回答が減り、「1~3タイトル」と答えるユーザーが増加。

ミドル/コア層のタイトル数の減少は、全体のプレイ時間も同様に減っていることから踏まえると、ゲームに使う時間が減るライフスタイルに移行したことで、プレイするタイトルも絞った結果といえそうだ。

ただ、複数のタイトルのプレイ時間をそれぞれ減らすということではなく、好きなタイトルに絞って遊ぶ流れになっているともいえる。これはゲームを継続したいと判断するための基準がシビアに見られているからだろう。

また、市場全体としてはアプリのダウンロード数は減少傾向にもあり、新規タイトルをリリースした際、プレイするゲームを選別しているユーザーに対してまずダウンロードしてもらう、という点においても厳しい状況と言えそうだ。

新しくゲームを始めるきっかけは、全ての層で「友人、知人からの紹介」の回答が3年連続で最多回答となった。

ミドル、コア層では「テレビCMを見て」という回答(13.2%/22.6%)が大きく減り、SNSや動画サイトをきっかけと回答するユーザーが増加傾向にある。

ネット媒体をきっかけとする回答は直近3年通して増加傾向にあり、SNSや動画サイトに対しての信頼性が上がっているようだ。

開発側としてもその影響力は当然無視できるものではなく、ネット媒体での露出のさせ方は慎重に検討すべき課題としての重要度が高くなっていると言えるだろう。

とはいえ、依然「友人、知人からの紹介」の回答は多く、口コミで広がりやすいフックを用意することも必要だ。

「課金の目的」、コア層では「対戦ゲームで勝つため」「時短」の回答割合が増加傾向

昨年と比べると、ミドル層とコア層では課金スタイルの変化が見られる結果となった。これはプレイしているタイトル数や、収入に対する課金割合が減っている状況で、楽しみ方も変わってきているためだと考えられる。

ミドル層は時短して効率よくプレイを進めるスタイルから、イベントをしっかり楽しもうという意識が見られた。多くのゲームではイベントは報酬などの効率が良いため、プレイ時間が減少傾向にある中でもイベントが重要視されていることがうかがえる。

コア層は、エンドコンテンツとして用意されることの多い対戦が重要視されているようだ。この対戦に勝つために必要な育成の効率化を図るために「時短」の回答割合も増加している。

プレイするタイトルが減っているところで、対戦攻略に時間を使えるようになり、単にレアキャラを自慢するのではなく、より称賛されやすい対戦コンテンツへ注力する傾向が2020年に近い形で戻ってきた状況と言えそうだ。

「最も課金したゲーム」は3年連続で『Pokemon GO』!最も長くプレイしているゲームタイトルは?

最も課金したゲームは、3年連続で『Pokemon GO』、『LINE:ディズニーツムツム』が1位と2位を獲得。『ウマ娘 プリティーダービー』は順調に順位を上げ、『原神』はトップ10外から上位にランクインした。

今回の上位に位置を上げてきた『原神』の課金要素の軸は「キャラクター」「育成」となり、他タイトルと比べてもスタンダードなものとなっている。

原神は、いわゆる属性の影響度が強く、様々な属性別編成のために多くのキャラクターが欲しくなる/育てたくなるという要素が課金を促しているよう。

また、同じキャラを引き当てることでできる限界突破をすると、キャラクターの活用方法が広がるため、コアユーザーがより編成の楽しみを得られるというのも課金欲に繋がっているようだ。

ライト〜ミドルユーザーに向けては単なる強さでの魅力だけではなく、メインストーリーでしっかりキャラクターを描くことで欲しいと思わせる欲求を高めている。

最も長くプレイしているゲームタイトル上位2つの顔ぶれは、『Pokémon GO』『LINE:ディズニーツムツム』と3年続けて変動はなかった。その中で『Fate/Grand Order』が順位を3位に上げ、『原神』が本調査で初めてトップ10にランクイン。

上位の順位変動が直近3年間でほぼ変わらなかった結果は、安定した面白さを継続できている運営の強みが見えるところ。

『Pokémon GO』『LINE:ディズニーツムツム』はゲームで登場させることのできる原作キャラクターの豊富さも強みではあるが、変わらず多くの人が継続してプレイしているということは、そのキャラクターたちの活用もしっかり工夫されていると考えられる。

『Fate/Grand Order』以外のタイトルはストーリー要素が少なく、大きなアップデートもされていないことから、キャラクター供給での魅力の持たせ方が優れていると言えそうだ。

『Fate/Grand Order』はメインストーリーのクライマックスが近くなっているところで、継続率が伸びてきていると思われる。

一方でランキング入りしている中でストーリーを軸にしているタイトルの少なさから、ストーリー要素を継続意欲として持たせることの難しさも伺える結果に。

調査概要
調査目的:モバイルゲーム市場における課金にまつわるユーザー調査
調査対象:「2022年にモバイルゲームで課金した実績がある」かつ「AndroidもしくはiOSでゲームをプレイしている」全国10代〜60代の男女1,000人
調査方法:インターネット調査
調査委託機関:楽天インサイト
調査時期:2023年1月27日〜1月31日
有効回答者数:1,000人
(C)HIKE Inc.

関連情報:https://hike.inc/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。