小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

誹謗中傷はなぜバレる?弁護士に聞いた「匿名によるバッシング投稿」が危険な理由

2023.06.24

3. 特定された誹謗中傷の投稿者が負う法的責任

誹謗中傷の投稿者を特定した場合、被害者は投稿者に対して、不法行為(民法709条)に基づく損害賠償を請求する可能性が高いです。

金額は数十万円から100万円程度が標準的ですが、被害者が営業上の損害を受けた場合は、さらに高額の損害賠償が認められる余地もあります。

損害賠償の支払いを拒否すれば、民事訴訟を提起される可能性があるので要注意です。

さらに誹謗中傷の投稿については、名誉毀損罪(刑法230条)や侮辱罪(刑法231条)などの犯罪が成立する可能性があります。それぞれの法定刑は以下のとおりです。

名誉毀損罪:3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金

侮辱罪:1年以下の懲役もしくは禁錮もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料

※何らかの事実を摘示した場合は名誉毀損罪、事実の摘示がない場合は侮辱罪が問題となる

匿名による誹謗中傷についても、発信者情報開示請求を経て民事・刑事上の責任を負う可能性がある点に十分ご留意ください。

取材・文/阿部由羅(弁護士)
ゆら総合法律事務所・代表弁護士。西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て現職。ベンチャー企業のサポート・不動産・金融法務・相続などを得意とする。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。各種webメディアにおける法律関連記事の執筆にも注力している。東京大学法学部卒業・東京大学法科大学院修了。趣味はオセロ(全国大会優勝経験あり)、囲碁、将棋。
https://abeyura.com/
https://twitter.com/abeyuralaw


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。