小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インテルがクライアント向けCPUのブランドをアップデート、新たにCore Ultraプロセッサーを導入

2023.06.22

インテル コーポレーションは、インテルCore Ultraプロセッサーおよびインテル Coreプロセッサーの新ブランドの公開とともに、クライアント・コンピューティングの大幅なブランド・アップデートを発表した。

今回のブランド・アップデートの発表は、今年後半に登場予定のMeteor Lake(開発コード名)プロセッサーの発売に先立って行われたもの。アップデートの主なポイントは以下の5点となる。

・最高峰のクライアント向けプロセッサーとなるインテルCore Ultra プロセッサー・ブランドの登場
・メインストリームのクライアント向け製品となるインテルCoreプロセッサーのブランド体系を簡素化
・Meteor Lake(開発コード名) 以降の製品から、インテルのプロセッサーの区分を3/5/7/9の表記に移行
・インテルEvoとして認証されたシステムに対してインテルEvo Editionプラットフォーム・ブランドを適用
・所定の企業向けシステムに対してインテルvPro Enterpriseプラットフォーム、インテルvPro Essentialsプラットフォームのラベルを導入

なお、Meteor Lake(開発コード名)は、クライアント向けプロセッサーのロードマップの変曲点を象徴する製品として、新しいIntel 4プロセスノードを基盤に製造される初のクライアント向けプロセッサーとなり、クライアント向けとして先進の3Dパッケージング技術「Foveros」によるチップレット設計を初めて採用し、消費電力効率とグラフィックス性能の向上が見込まれている。また、専用のAIエンジン「インテルAIブースト」を組み込んだ初のクライアント向けプロセッサーとなる。

今回のブランド・アップデートについて、同社では「この新たなブランド体系は、今後のクライアント製品のテクノロジー・ロードマップを見据えて構築されました。今回の刷新により、ユーザーは業界をリードするインテルのパートナー・エコシステムが提供するクライアント向け製品の中から、自身の使い方に最適なPC製品をより簡単に見つけられます。そして、20年近くにわたりPC業界の主力製品であり続けてきたインテルCoreランドの優位性を強調しながら、このユーザー・メリットを実現します」としている。

関連情報
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。