小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブランド最上位のAVアンプが登場!ティアックが11.2ch出力のオンキヨー「TX-RZ70」、11.4ch出力のパイオニア「VSA-LX805」を発売

2023.06.24

ティアックはONKYOブランドとPioneerブランドそれぞれの最上位機種となるAVアンプ、オンキヨー「TX-RZ70」、およびパイオニア「VSA-LX805」を7月29日より販売を開始すると発表した。

価格はいずれもオープン価格。予想実勢価格はTX-RZ70が約43万7800円、VSA-LX805は約47万800円。

オンキヨーテクノロジー(OTKK)は、米VOXXの子会社であるPremium Audio Company(PAC)とシャープの合弁会社として誕生した会社だ。そこに、オンキヨーホームエンターテイメントが家庭向けAV事業を譲渡、パイオニアとのホームAV製品のライセンス販売契約も締結しており、ONKYO、INTEGRA、PioneerのホームAV機器のブランドを取得している(ポータブルオーディオやカーオーディオなどは別)。そして、完成した製品を、日本以外の世界市場ではPACが販売、日本市場では販売代理店契約を結んでいるティアックが販売する。新生オンキヨー・パイオニアのAVアンプが、ティアックの直販サイトで先行販売されているのはこのためだ。

ONKYO『TX-RZ70』の製品概要

ONKYO『TX-RZ70』は、長年培ってきたダイナミックオーディオアンプ技術をベースに、新たなシンメトリック構造を採用。「ハイカレント3段ダーリントンアンプ」、「低NFB回路」、「全チャンネルVLSC回路」全てが進化し、位相ずれも除去してクリアで正確な音像を再現する。

また、正確な音像の大きさやステージ感、空間の広さ、ボーカルのリバーブを表現することで、同社によればONKYO AVアンプ史上最高峰の音質を提供するという。

さらに「Dirac Live」の標準搭載に加え、「Dirac Live Bass Control」にもオプションで対応しており、こちらも同社では「これまでに聴いたことのない音で、驚きと感動を生み出します」と説明している。

ONKYO TX-RZ70の主な特徴

・ラッシュアップしたハイカレント3段ダーリントンアンプ
・デジタルノイズを除去するフィルター回路「VLSC」を全チャンネルに搭載
・新開発のシンメトリック構造によるディスクリート構成のワイドレンジアンプを搭載
・アンプ部には、「東芝」社製バイポーラトランジスタを使用した、高いHICC(瞬時電流供給能力)を誇るハイカレント設計
・スピーカーを意のままにコントロールするHICC(瞬時電流供給能力)を支える新規大容量カスタムブロックコンデンサー(18000uF)
「・原音再生」を極限まで追い求めた、「東信工業」社と共同開発したハイクオリティー・音響用コンデンサー
・ホームシアターサウンド認定の世界基準THX Certified Select™を取得
・「Dirac Live」標準搭載に加え、「Dirac Live Bass Control」をオプションにて対応
・最新HDMI機能に対応(4K/120p, 8K/60p, ALLM, VRR, HDR10+, HLG, Dolby Vision, HDCP2.3)
・HDMI入力6端子が8K/60HzまでのHDMI2.1対応、さらにダイナミックHDRフォーマットのDolby VisionとHDR10+に対応
・DSD11.2MHzネイティブ再生など多様なハイレゾ音源再生、AirPlay2にも対応(※1)
・スマートフォンを使って多彩な音楽を楽しめるChromecast built-in対応(※2)
・音楽ストリーミングサービス対応(Spotify connect, Amazon music HD, Deezer HiFi)
・Auro 3D、Roon Readyに対応
※1 PCM 変換での再生。Wi-Fi 経由のDSD 再生は、すべてのネットワーク環境で保証されているわけではありません。
※2 設定時にソフトウェアをダウンロードして適用することができます。

ONKYO TX-RZ70の主な仕様

定格出力/210W × 11チャンネル (1kHz、 全高調波歪率 0.7% 以下、 6Ω、 非同時駆動 JEITA) 、 130 W×11チャンネル (20Hz – 20,000 Hz、 全高調波歪率 0.08%以下、 8Ω、 2チャンネル駆動時、JEITA)
実用最大出力/ 250W×11チャンネル (1kHz、 全高調波歪率 10%、 6 Ω、 非同時駆動、 JEITA)
総合ひずみ率 /0.08%以下 (20Hz-20,000 Hz、 定格)
周波数特性/5 Hz – 100 kHz/+1 dB, -3 dB (Direct/Pure Direct)
デジタル入力/光2系統、同軸2系統
アナログ音声入力/5系統 RCA入力(PHONO×1を含む)
プリアウト出力/11.2ch RCA出力、  サブウーハープリアウト2ch (2ch独立アウト)
USB入力端子/1系統(リア)
対応デコードフォーマット/Dolby Atmos、Dolby True HD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、DTS:X、DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS Express、DTS、DTS-ES、DTS 96/24、DSD、PCM、MPEG-2 AAC、MPEG-4 AAC、Auro-3D、IMAX Enhanced 、Dolby Surround、Neural:X
HDMI対応音声フォーマット/Dolby Atmos、Dolby True HD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、DTS:X、DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS Express、DTS、DTS-ES、DTS 96/24、DSD、PCM、MPEG-2 AAC、MPEG-4 AAC、Auro-3D
外形寸法/幅435×高さ201.5×奥行き480mm、22kg

https://www.onkyo-audio.jp/tx-rz70

Pioneer VSA-LX805の製品概要

Pioneer『VSA-LX805』は、最新技術とスタジオレベルの高品質な回路を駆使し、11チャンネルアンプ 全てにおいて同じ クオリティのMulti Channel Stereophonic Philosophyを継承。

製作者の「意図」通りの音の再現を目指して、スタジオチューニングで培った技術が惜しみなく投入されている。

Pioneer VSA-LX805の主な特徴

・11チャンネルアンプ 全てで同クオリティのMulti Channel Stereophonic Philosophyを継承
・ESS Technology社製 SABRE DAC「ES9026Pro」を11.2ch全ての出力に使用
・HDMIやNetworkなどのデジタル部のノイズをアナログ部に影響させないクリーングランド設計
・「ルビコン」社との共同開発品「PML MUコンデンサー」により透明感と開放感のある高音質を実現
・デジタル回路部の信号処理精度を高め、高 S/Nを実現するために「低ESRコンデンサー」を使用
・ネットワーク音声のマスタークロックをDACの高精度発振器に乗り換えさせることで、ジッターノイズを大幅に低減するPQFA(Precision Quartz for File Audio)
・コンテンツに含まれるLFE成分の遅れや位相の反転をリアルタイムで解析し自動的に解消するAuto Phase Control Plusを搭載
・「Dirac Live」標準搭載に加え、「Dirac Live Bass Control」をオプションにて対応
・最新HDMI機能に対応(4K/120p, 8K/60p, ALLM, VRR, HDR10+, HLG, Dolby Vision, HDCP2.3)
・HDMI入力6端子が8K/60HzまでのHDMI2.1対応、さらにダイナミックHDRフォーマットのDolby VisionとHDR10+に対応
・DSD11.2MHzネイティブ再生など多様なハイレゾ音源再生、AirPlay2にも対応(※1)
・スマートフォンを使って多彩な音楽を楽しめるChromecast built-in対応(※2)
・音楽ストリーミングサービス対応(Spotify connect, Amazon music HD, Deezer HiFi)
・Auro 3D、Roon Readyに対応
※1 PCM 変換での再生。Wi-Fi 経由のDSD 再生は、すべてのネットワーク環境で保証されているわけではありません。
※2 設定時にソフトウェアをダウンロードして適用することができます。

Pioneer VSA-LX805の主な仕様

定格出力/220W×11チャンネル (1kHz、 全高調波歪率 0.7% 以下、 6Ω、 非同時駆動 JEITA) 、 140W×11チャンネル (20Hz – 20,000 Hz、 全高調波歪率 0.08%以下、 8Ω、 2チャンネル駆動時、JEITA)
実用最大出力/260W×11チャンネル (1kHz、 全高調波歪率 10%、 6 Ω、 非同時駆動、 JEITA)
総合ひずみ率/0.08%以下 (20Hz-20,000 Hz、 定格)
周波数特性/10 Hz – 100 kHz/+1 dB, -3 dB (Direct/Pure Direct)
デジタル入力/光3系統、同軸2系統
アナログ音声入力/5系統 RCA入力(PHONO x 1 を含む) 、1系統 XLR入力
プリアウト出力/11.4ch RCA出力、 2ch(FL/FR) XLR出力 サブウーハープリアウト4ch (2ch独立アウト×2)
USB入力端子/2系統(フロント、リア)
対応デコードフォーマット/Dolby Atmos、Dolby True HD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、DTS:X、DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS Express、DTS、DTS-ES、DTS 96/24、DSD、PCM、MPEG-2 AAC、MPEG-4 AAC、Auro-3D、IMAX Enhanced 、Dolby Surround、Neural:X
HDMI対応音声フォーマット/Dolby Atmos、Dolby True HD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、DTS:X、DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS Express、DTS、DTS-ES、DTS 96/24、DSD、PCM、MPEG-2 AAC、MPEG-4 AAC、Auro-3D
外形寸法/幅435×高さ185.5×奥行き468mm、21.5kg

https://www.pioneer-audio.jp/vsa-lx805

関連情報
https://www.teac.co.jp/jp/support/news/7324

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。