小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年やろうとしている湿気や暑さ対策TOP3、3位窓を定期的に開ける、2位扇風機やサーキュレーターを使用、1位は?

2023.06.27

LIFULL HOME’Sが2023年夏の住まい選びの湿気・暑さと節電対策に関する意識調査を実施

湿気や暑さに悩まされる梅雨本番を迎え、今夏も猛暑が予想されるなど電気料金が気になる季節となった。

「LIFULL HOME’S」は、大手電力会社7社の電気料金が値上げするなか、「夏の住まい選びの湿気・暑さと節電対策に関す意識調査」を実施した。

その結果とともに、「LIFULL HOME’S住まいの窓口」の担当者が住まい探しにおける暑さ・湿気、節電対策について指南したので合わせてお伝えしよう。

昨年よりも節電をしたい人は約90%!しかし、今夏の暑さ対策は電気代が高い冷房機器利用が上位に

電気料金の値上げ発表を受けて、昨年よりも節電したいと考える人は約9割(88.9%:とても節電したい38.5%、できれば節電したい50.4%)に上った。

今年の夏、住まいで湿気・暑さ対策を「すでに行っている/行う予定がある」と答えた約7割(69.8%)の人のうち、対策として最も多かった回答は「クーラーを使用する」(78.9%)、2位「扇風機・サーキュレーターの使用」(69.0%)が上位を占める結果となり、節電意識が高まる一方で冷房機器利用の実状がうかがえる。

3位「窓を定期的に開ける」(48.4%)、4位「遮光性の高いカーテンやレースを設置する」に電力を使用しない対策(※)が続く結果に。

※下記グラフ「現在のお住まいで湿気・暑さ対策を行っていますか?」のオレンジ部分は電気使用が無い対策)

「住まい選び」の段階では湿気・暑さ対策を意識していない人が約50%

湿気・暑さ対策で次の住まいを選ぶ時にチェックしたいポイントは「換気がしやすそうな間取り」と窓の数や大きさが上位に。

今の住まいを選ぶ際に「湿気・暑さ対策を意識せずに選んだ人」は約半数(49.8%:全く意識しなかった17.1%、ほとんど意識しなかった32.7%)であった。

住んだ後に「湿気・暑さ対策」を考えるものの、住まい選びの段階では、湿気・暑さを意識しておらず優先順位が低いことが判明。

現在の住まい選びの際に、湿気・暑さ対策を意識したと回答した人にチェックしたいポイントを聞いたところ、「換気がしやすい間取り」(36.1%)が最多、2位「窓の大きさ」(27.7%)、3位「窓の数や位置大きさ」(26.5%)と窓に関する回答が続いた。

また、次の住まいを選ぶ際にチェックしたいポイントの上位3位は現在の住まい選びと同じ顔触れとなっている。

また回答率が伸びた項目は「隣近所の家や建物との距離」が3.9Pt(11.6%→15.5%)、「ベランダの広さ」が3.5Pt(9.0%→12.5%)、「日当たり(東向き)」が2.4Pt(6.5%→8.9%)であった。

現在の住まいでの経験をもとに、湿気・暑さ対策として住まい探しの際に注目したいポイントのようだ。

調査概要
対象エリア:全国 
年齢/性別:20~69歳の男女
調査対象人数:500名
調査期間:2023年5月29日~31日

湿気・暑さ対策に効く住まい選びでチェックしたいポイント3選

住まい選びで、湿気対策を優先して取り組むことが暑さや節電にも繋がる。そこで住まい選びでチェックしたいポイントをLIFULL HOME’S住まいの窓口 高瀬一輝氏が解説したので紹介しよう。

1. 風通しのいい物件:

間取り図を見たときに、窓と窓が対角線上にあることが重要です。1つの部屋内だけではなく、家全体で見て、窓と窓の距離が遠いほど家の中の籠もった湿気を外に押し出してくれます。

湿度が下がり涼しい風が入ってくることで、エアコンに頼らずとも暑さが緩和されるため省エネ効果もあります。

2. 浴室乾燥機がある物件:

家の中に湿気を生む要因として“部屋干し”が挙げられます。風通しが良い家であれば部屋干しをしてもそこまで湿度は上がりませんが、風通しがよくない場合は、湿気を浴室の外(家の中)に出さずに衣類を乾燥させてくれる浴室乾燥機が有効です。

LIFULL HOME’Sでは浴室乾燥機付きの物件に絞って探すこともできますので、ぜひ試してみてください。

3. 高気密・高断熱、窓の種類をチェック:

湿気対策として最も効果を実感できて最終的に節約が期待できるのは、高気密高断熱の家に引っ越すことです。特にこれからの夏のシーズンの家探しは、見学時に実際に住んで生活する暑さを直に感じることができるためチャンスです。

見学時にはエアコンが効いていますので、エアコンを消してどれくらいの暑さなのか、今のお住まいとの違いを体感してみてください。

また、特に見るべき箇所は「窓の種類」です。夏の暑さ、冬の寒さは窓で決まると言っても過言ではないため、『断熱窓』を採用されているかは要チェックです。

LIFULL HOME’S住まいの窓口 高瀬一輝(たかせいっき)
理想の住まい選び・家づくりの無料相談サービス「LIFULL HOME’S 住まいの窓口」の立ち上げメンバーとして、通算500組以上の住宅購入相談を経験。現在は、住まいの窓口オンライン相談部門のマネージャー兼サービスタレントとして、YouTube動画への出演や、新たなコンテンツづくりに挑んでいる。宅地建物取引士。

関連情報:https://www.homes.co.jp/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。