小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らないパワーポイントのスライドショー機能の〝基本のき〟

2023.06.20

文字や図形・グラフをお手軽に作成できるパワーポイント。

代表的な使い方としては、パソコンの画面やプロジェクターの大画面に投影して共有する、スライドショーでのプレゼンテーションがあります。

そこで今回は、パワーポイントのスライドショー機能活用法の〝基本のき〟を、Windows PCを使ってご紹介します。

パワーポイントのスライドショーのショートカットを覚えよう!

キーボードの複数のキーを同時に押すことで、パソコンの操作を簡単に行えるショートカットキー。

例えば、文章の一定の範囲を指定して「CTRL」キーと「C」キーを同時に押してコピーを行い、それから「CTRL」キーと「V」キーを押してペーストを行っている人も多いはず。

では、パワーポイント独自のスライドキーのショートカットにはどういったものがあるのでしょうか。

例えば以下の通りとなります。

スライドショーの開始……「F5」
スライドショーの中断・終了……「Esc」
スライドショーの再開……「Shift」+「F5」

最初はこれくらい覚えておけば充分なはずです。

パワーポイントのスライドショーは自動再生ができる!

パワーポイントで作成した資料をスライドショーで表示する場合、基本的にはスライド画面ごとにマウスをクリックして、次の画面を表示させることになりますが、スライドショーを終始お披露目する時などは、パソコンの前につきっきりという訳にはいかないことも多く、自動で再生をしたくなります。そんな時の操作時は以下の通りとなります。

1.まずはスライドショータブをクリックしたのち、「スライドショーの設定」を押します。

2.「スライドショーの設定」のダイアログが開いたら、「Escキーが押されるまで繰り返す」にチェックを入れて「OK」ボタンを押します。これで、作成したスライドが繰り返し再生できるようになりました。

3.次に、すべてのスライドを選択します。1枚目のスライ」をクリックして「CTRL」+「A」キーをクリックすると、すべてのスライドが選択されます。

4.「画面切替」タブを選択して、「自動切り替え」にチェックを入れて時間を入力します。今回は10秒で切り替えるように設定してみました。時間は自由に変えられます。

5.スライドショータブに移ったら、「最初から」もしくは「現在のスライドから」をクリックして自動再生を行います。

パワーポイントのスライドショーの自動再生を止めるにはどうすれば良いの?

では、パワーポイントのスライドショーを自動再生中に止めたくなった場合はどうすれば良いでしようか。……こちらも簡単です。というか、すでにそれができるように、知らず知らずのうちに自分で設定しています。

スライドショーの自動再生の設定の際、「スライドショーの設定」のダイアログが開いたら。「Escキーが押されるまで繰り返す」にチェックを入れて「OK」ボタンを押下していますよね。ようするに、自動再生中に「Esc」キーを押せば、「自動再生」は止まります。

パワーポイントのスライドショーの「自動再生」を解除するには?

こちらも簡単です。「Escキーが押されるまで繰り返す」のチェックを外すだけです。

なぜパワーポイントのスライドショーが勝手に進むの?

自動再生を設定したつもりがないのに、パワーポイントのスライドショーが勝手に進む場合があります。

パワーポイントにはリハーサル機能があるのですが、これを使ったあとに、画面切替のタイミングが勝手に設定されてしまうことがあります。

マウスをクリックしたタイミングで、スライドショーの画面切替を行いたい場合は、「スライドショーの設定」の「スライドの切り替え」の「クリック時」にチェックを入れれば、自分の任意のタイミングでマウスをクリックして、スライドの切替ができるようになります。

パワーポイントのスライドショーの記録方法は?

さて、今度はパワーポイントのスライドショーの記録方法をご案内いたしましょう。

パワーポイントファイルとして保存する方法と、動画として保存する方法があります。

まずは、スライドショータブから「録画」→「現在のスライドから」もしくは「先頭から」を選択します。

パワーポイントのスライドショーの記録の保存はどうすれば良いの?

スライドショーの画面が表示されたら、画面上にある「録画」ボタンをクリックしてスライドの表示を開始します。お好きなタイミングでマウスをクリックして、スライドを切り替えましょう。

録画が終わったら「停止」ボタンを押します。ちなみにこの画面で、Webカメラやマイクが接続されていたら、その映像や音声も記録できます。

元の画面に戻り、「ファイル」タブから「名前を付けて保存」で、「PowerPoint プレゼンテーション(※.pptx)」もしくは「PowerPoint マクロ有効プレゼンテーション(※.pptm)」の書式で保存すれば、さきほど「記録」した内容がパワーポイントのファイル自体に内蔵して記録されます。

一方、動画として保存したい場合は、パワーポイントのスライドショーの記録を行ったのち、記録画面のメニューにある「エクスポート」をクリックするか、元の画面に戻って、「ファイル」タブから「エクスポート」を選択し、「ビデオを作成」をクリックすれば、「MP4」規格の動画で保存できます。

同メニューにはほかに「PDF/XPSドキュメント」が作成できたり、「アニメーションGIF」形式でも保存できるので、これはまあ、お好み次第といったところです。

パワーポイントのスライドショーで記録したアニメーションが動かない? 音声が出ない?

スライドショーの録画を行ったにもかかわらず、アニメーションが動かない、音声が出ないといったトラブルに悩まされる場合があります。

おおむね、「録画」ボタンを押していなかったり、「エクスポート」をし忘れていたり、といったケースがほとんどです。今一度、手順を見直しましょう。

ただし、「スライドショーの設定」で「ナレーションをつけない」「アニメーションを表示しない」にチェックが入っていたら、アニメーションも表示されないし、音声も付けられないので要注意です。

パワーポイントのスライドショーの設定について

パワーポイントのスライドショーの設定は、スライドショータブの「スライドショーの設定」をクリックすることでダイアログが表示され、様々な設定が可能になります。

パワーポイントのスライドショーの設定を解除するには?

「スライドショーの設定」のチェックボタンを選択やチェックを外して「OK」ボタンをクリックすれば解除されます。

パワーポイントのスライドショーのノート機能とは?

パワーポイントのスライドショーの画面をプロジェクターや大型ディスプレイなどで表示してプレゼンテーションをする時、スライドショーの画面に書かれていない話をしたい時があるかと思います。

そんな時に、メモを片手で読み上げたりするのも不便。パワーポイントにはメモ帳が作れる便利な機能があります。

スライド画面の右下に「ノート」というアイコンがあるので、それをクリックすると、画面の下の方に、メモを入力できるエリアが現れます。

プレゼンテーションの際に話したい内容をメモしておきましょう。

パワーポイントのスライドショーのノートを見ながらプレゼンテーションをするには?

ノートパソコンにプロジェクターやサブディスプレイを接続すると2画面表示が可能になりますが、そんな時にノートの機能は実に便利です。

スライドショータブをクリックし、「発表者ツールを使用する」にチェックを入れます。

ここで「スライドショーの開始」をクリックすれば、プロジェクター側には、おなじみのスライドショーの画面が投影されますが、ノートPC側の画面には、現在スライドショーで表示されているスライドと、その次に表示予定のスライド、そしてさきほどノート機能で入力した文章が表示されていることがわかります。

パワーポイントのスライドショーの動画埋め込み機能とは?

パワーポイントのスライドショーの中に、お好みの動画を埋め込むことができます。

埋め込み方はとても簡単。

埋め込みたいスライドをまず表示させ、埋め込みしたい動画ファイルをスライド目がけてドラッグアンドドロップします。もしくは「挿入」タブから「ビデオ」をクリックして、動画ファイルを選択してOKボタンを押します。

場所とサイズは自由に決められ、ちなみに「オンラインビデオ」をクリックして、YouTubeなどのアドレスを入力してオンライン動画を埋め込むことも可能です。

パワーポイントのスライドショーの動画再生は可能?

先ほどご紹介した手順に沿って、動画ファイルを埋め込んだスライドを表示させてください。

その状態で動画のサムネイル画像をクリックすると、動画再生ボタンが表示されるので、そちらをクリックすれば動画が再生されます。

パワーポイントのスライドショーの動画は保存できる?

パワーポイントのスライドショーのファイルを、「ファイル」タブから「名前を付けて保存」で、「PowerPoint プレゼンテーション(※.pptx)」もしくは「PowerPoint マクロ有効プレゼンテーション(※.pptm)」の書式で保存すれば、さきほど録画した内容が、パワーポイントのファイル自体に内蔵して記録され保存されます。

パワーポイントのスライドショーの動画が再生できない?

使っているパソコンでは再生できない特殊な形式の動画ファイルは、パワーポイントに埋め込んでも再生できません。

いコーデックという動画の形式を調整すれば再生できる場合もありますが、色々と難しい話なのでここでは割愛します。

一般的な使用頻度が高い〝MP4フォーマット〟の動画を埋め込んだほうが楽です。

それ以外の形式の動画ファイルであれば、動画フォーマットが変換できるフリーソフトが色々ありますので、MP4に変換してあげた方が楽でしょう。

ほかには「temp」フォルダ内のファイルが悪さをしている可能性もあるので、

1.スタートメニューを右クリック
2.「ファイル名を指定して実行」
3.枠内に「%temp%」と入力し「OK」をクリック
4.「CTRL」+「a」→「Delete」で、「temp」フォルダの中のファイルを全部削除

してみてください。動画再生がうまくいくかもしれません。

※データは2023年5月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

取材・文/FURU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。