小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

常に新しさとしなやかな乗り心地を体感できるレクサスのスポーツセダン「ES 300h バージョンL」

2023.06.18

「ES」は1989年にレクサス最初のラインナップに加わった4ドアセダン。前輪駆動を採用したことで、広い室内空間の4ドアとして、世界各地で人気を獲得してきた。しかし、販売の中心は日本意外の地域だった。日本専用仕様が加わり、日本のユーザーにもその魅力を体感してもらえるようになったのは2018年10月にフルモデルチェンジした7代目から。7代目は「LS」に次ぐフラッグシップセダンを意識したクルマづくりを実践している。「LS」が伝統を重んじたプレステージセダンに対し、ESは最先端の新しさを体感できるニューセダンに仕立て上げられている。

新しい技術や装備を常にアップデート

 プラットフォームは低重心のGA-Kプラットフォームを採用し、操縦安定性を向上させている。そのレベルの高さは、上級モデルの「LS」を凌いでいるほど。乗り心地のハンドリングの良さでは、レクサスブランドのトップにあるといっても過言ではない。

 先端技術では、量産車として世界初採用のデジタルアウターミラーを装備。これはサイドミラーをカメラが代用し、室内に画像を映し出す方式。実際に運転してみると、斜め後方の映像は、死角もなく、安心感がある。「ES」の特徴のひとつに年次改良の実践がある。

2年ごとのマイナーチェンジではなく、年毎に新しい技術や装備を時間を待つことなく、クルマに導入し、常にアップデートした「ES」をユーザーに提供しよう、という考えだ。例えば、デビュー翌々年の2020年8月にはデジタルアウターミラーに距離目安線の表示機能を加えたほか、ハイブリッドバッテリーをニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更した。

これによって、燃費も向上したそのほかマルチメディアシステムはSmartDeviceLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応させ、スマートフォンを12.3インチのディスプレイと連携させることができるようになった。充電トレイやスマホ収納スペースも拡大している。2021年8月にはリニアな走りのために、リアサスのメンバーブレースの剛性を高めるために1枚板から2枚の板を合わせた構造に変更している。

さらにブレーキもシステムの制御定数を変更し、ペダルの剛性感の向上と、コントロール性の向上を図っている。最新の改良は2022年7月。前年にマイナーチェンジでともいえる改良を行なったので、2022年は予防安全技術の機能拡充やマルチメディアシステムとコネクテッドサービスの刷新を実施している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。