小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

素材系から料理系に進化!ドンキのスナック「天ぷら」「揚げ茄子のみそ汁」がお菓子になったおいしい理由

2023.06.24

15カ月で108万個も売れた素材系スナック

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)が運営するドン・キホーテ(以下、ドンキ)のPBブランド【情熱価格】が近年、猛烈な進化と変化を遂げている。

2009年の立ち上げ当時は、ドンキらしい個性的な商品が多く発売され注目を集めたが、次第に独自性を見失い、一時は“NB商品の廉価版”というイメージが強くなった。それにつれて売上比率も下降線をたどっていたため、危機感を抱いた同社は2021年2月、PB商品のリニューアルを決行。もう一度“ドンキらしさ”を取り戻すための新たなブランドメッセージ「ドンドン驚キ」を掲げて、開発者の思いを前面に出したパッケージデザインに変え、斬新な商品を連発。15カ月間で108万個も売れた「しいたけスナック」などのヒット商品を次々に生み出している。

▲2021年11月から販売され、15か月間で108万個も売れた「しいたけスナック」(税込み646円、以下同)

2023年6月5日に開催された「ドン・キホーテPB商品メディア向け体感・展示会」では、そんなドンキの商品がさらに驚きの進化を遂げていた。人気のスナック菓子を例にレポートする。

天ぷらがお菓子に変身!「揚げ揚げ天ぷらスナック」

2023年8月に発売予定の「揚げ揚げ天ぷらスナック」は、なんと野菜の天ぷらをイメージしたスナック菓子。カボチャ、オクラ、レンコン、紅生姜のアソートタイプで、二度揚げ製法で天ぷらの衣のサクサク感を表現し、天つゆ風味の味付けをしている。

▲8月発売予定の「揚げ揚げ天ぷらスナック(78g)」(754円)※価格は店舗により異なる場合あり

「しいたけスナック」を企画したパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスPB事業部企画開発の渡辺友成氏によると、「揚げ揚げ天ぷらスナック」は、大好評だった【素材系スナック】をさらに進化させた【調理系スナック】だという。

スナックだと思って食べると、野菜の食感の再現性の高さに驚かされる。オクラは特有の香りがあり、噛むとぬめりが出てくるし、レンコンも薄いのにシャキシャキ感があり、南瓜はほっこりした甘みがある。紅生姜の辛みもきりりときいている。そして何より、どれも野菜特有の自然な甘みを強く感じる。

よくある野菜チップスとは違い、スナック菓子として成立する塩分もあり、衣のサクサク感もスナック菓子寄り。「きのこスナック」開発者の狙いのひとつが、「ポテトチップスを食べる時の罪悪感を払拭すること」にあったというが、この「揚げ揚げ天ぷらスナック」も、スナックとしての楽しさ、美味しさを担保しつつ、「野菜を食べている」ことを実感させるヘルシーさもある。野菜の種類が多い分、罪悪感の払拭という面も進化していると感じた。

このスナック、夏場の冷やし素麺のトッピングにもよさそうだし、このままみそ汁やスープにも使えそう。その意味でも【調理系スナック】といえそう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。