小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワイヤレスイヤホンが2000円…インドネシアで頭角を現わすガジェットメーカーOlikeの実力

2023.06.18

数年ぶりに海外へ渡航すると、あらゆるところが大きく変化していることが嫌でも分かってしまう。

筆者にとって、インドネシアは「第二の住まい」のような国だった。パンデミックがなければ今でも沈没し続けていたに違いないが、それでもパンデミックは必ずしも悪い出来事ではなかった。

なぜなら、期間が空いたことにより「この国の変化」が極めて分かりやすい形で可視化されたからだ。

この3年で頭角を表したガジェットメーカーがある。今回の記事では、インドネシアのOlikeというメーカーとその製品について取り上げたい。なぜ東南アジアのメーカーをわざわざ取り上げるかというと、もしかしたら近い将来日本に上陸する可能性も否定できないからだ。

実店舗で2,000円のワイヤレスイヤホン!?

「東南アジアはシンガポールとブルネイを除き、物価が非常に安い」と今でも言われている。

しかし、日本と東南アジア諸国との物価の差は明らかに縮んでしまったと筆者は感じる。それは様々な要素に起因するものだが、少なくとも「数百円あれば大盛りのディナーにありつける」ということはなくなった。

とはいえ、モノによってはやはり安い。


今回現地で入手したOlikeのワイヤレスイヤホン『Olike TWS T101』は、まさにそのような製品である。価格は21万5,000ルピアで、これはちょうど2,000円ほど。しかもこれは、実店舗での価格。

さすがに2,000円のワイヤレスイヤホンなど、オモチャのようなものでは……。それに、Olikeなどというメーカーは聞いたことがない。ところがOlikeの公式サイトを見てみると、何とスマホメーカーのOPPOとパートナーシップを結んでいるというではないか。

さらに詳しく調べてみると、Olikeの運営会社PT.Oase Teknologi AsiaはOPPO製品のインドネシア国内展開も手掛けている。どのみちOlikeは、ネット通販によくある怪しげな無名メーカーとはまったく次元が異なるようだ。

現に、Olikeのイメージカラーであるオレンジに塗装された広告を街中でも見かけるようになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。