小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

VポイントとTポイントが統合されると何がどう変わる?

2023.06.17

三井住友フィナンシャルグループ(同社グループを総称してSMBCグループ)、三井住友カード、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(同社グループを総称してCCCグループ)、CCCMKホールディングス(以下CCCMKHD)の各社は、SMBCグループが提供する「Vポイント」とCCCグループが提供する「Tポイント」を統合。

新たな『Vポイント』として、2024年春を目途に提供を開始すると発表した。

新ポイントの名称とロゴ、その狙い

新ポイント『Vポイント』は、サービス開始から今年で20年を迎える、日本で最初の共通ポイントとして約1.3億(有効ID数)のユーザーが利用するTポイントと、SMBCグループが提供し、世界中のVisa加盟店で使えるVポイントが一緒になることで生まれる、新しい共通ポイントだ。

その名称には、 より多くの顧客がポイントを意識せずともよく貯まり、使いやすく自由で安心で特定の経済圏に縛られない、「みんなが使えるポイント」を目指していく想いが込められているという。

またデザインは多くのユーザーに支持されてきたTポイントの青と黄のカラーはそのままに、世界中のVisaで使えるVポイントを融合した新ポイントの世界を表現している。

新しい『Vポイント』の特徴〜利用者篇

世界のVisa加盟店に加えて金融サービス利用でも貯まる

『Vポイント』は、現在全国約15万店あるTポイント提携先でTカード/モバイルTカードを提示すると、現金による決済でも貯めることができる。

さらに、世界の1億店以上のVisa加盟店を含めたクレジットカード加盟店における、SMCCが発行するクレジットカード(※1)やOliveフレキシブルペイなどの利用に加え、SMBCグループの「三井住友銀行」「SMBC日興証券」「SMBCコンシューマーファイナンス」や、「SBI証券」などの利用(※2)などでも貯まる。

※1:Vポイントが付与されるカードが対象となります。Vポイント付与対象のカードは、本ページより確認。
https://www.smbc-card.com/nyukai/card/index.jsp
※2:利用条件がありますので、それぞれ条件を確認。

使いやすい

新しい『Vポイント』は、Tポイント提携先に加え、Visa加盟店、さらに「三井住友銀行」や「SBI証券」などの各種金融サービスでも利用が可能。支払いには『Vポイント』1ポイント=1円分として利用できる。

今後、既存のVポイントアプリと同様、貯まったポイントを世界のVisa加盟店での支払いに利用できる決済機能を、Tポイントアプリにも搭載することが予定されている。

これにより、ひとつのアプリで、あらゆる場所でポイントを貯めて使えて支払いも完了できる、利便性の高いサービスが実現する。また、Visaトランジットではバスや電車に乗る際の支払いにも利用できる。

『Vポイント』の特徴〜提携先篇

ポイント価値の向上

Vポイントは、ユーザーのみならず、提携先にとっても魅力的なポイントとなる。従来のTカード/モバイルTカードの提示だけでなく、SMBCグループの各種サービスの利用や、SMCCが発行するクレジットカードによる決済で貯めたポイントからの利用も期待できる。

また、同社では「ポイントが貯まりやすくなることで顧客価値がさらに向上し、提携先へのポイント利用や送客効果の向上にもつながります」と説明している。

関連情報
https://web.tsite.jp/vpoint/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。