小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンが学びたいデジタル関連の知識TOP3、3位情報セキュリティ、2位DX基礎知識、1位は?

2023.06.23

様々な会社でDX化が進み、その変化に対応する人材を育成する企業の人材戦略として「リスキリング」の必要性が唱えられて久しい。

こうした中、デジタルに関する学習機会を求めているビジネスパーソンはどれくらいいるのだろうか?

パーソルプロセス&テクノロジーはこのほど、企業で働く人5,000名を対象に、「デジタル学習実態調査2023」を実施し、その結果を発表した。

1,000人以上の企業ではたらく人の約7割、全体では約6割が「デジタルに関する学習は必要」と感じている

デジタル学習の必要性において、1,000人以上の企業ではたらく人の約7割がデジタルに関する学習が必要」と回答。全体でも55.8%と約6割が必要性を感じていることがわかった。

デジタルの学習状況において、約6割の人が「学習していない」と回答

デジタル学習状況は、全体で「学習していない」が60.3%という結果となった。

デジタルに関する「学習機会の提供」は15%以下にとどまる

DXやデジタル活用を学ぶ機会の提供において、現状、「提供されている」と回答した人はわずが14.9%ということがわかった。

従業員規模別でみると、従業員数が少なくなるほど「提供されている」割合が減少傾向にあることが明らかになった。

デジタルを学びたい理由トップ3は「現在の業務をより遂行しやすくするため」「キャリアアップにつながるため」「会社から求められているため」

学習していると回答した人のうちデジタルを学ぶ理由は、全体で「現在の業務をより遂行しやすくするため」が45.5%と最も高く、次いで「キャリアアップにつながるため」が37.0%、「会社から求められているため」が33.5%という結果となった。

デジタル学習を今後学びたいと回答した人は約半数

デジタル学習を今後「学びたい」「やや学びたい」と回答した人は48.8%という結果になった。一方で「あまり学びたくない」「学びたくない」と回答した人が21.8%と学習意欲がない人も存在することが明らかになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。