小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

説明できる?「厭う」の正しい読み方と「嫌う」との意味の違い

2023.06.18

古文や小説などで見聞きすることがある「厭う」。使われる場面が似ている「嫌う」との意味の違いについて疑問を持つ人も多いのではないだろうか。そこで本記事では、「厭う」の正しい読み方や意味、「嫌う」との違い、使用シーンを解説する。併せて紹介する類語や英語表現もぜひこの機会にチェックしておこう。

厭うとは

まず、「厭う」の読み方と意味から見ていこう。使用シーンや例文もぜひ参考にしてほしい。

読み方は「いとう」

「厭う」の読み方は「いとう」。古語で使われる場合は「厭ふ」(いとふ)と書く。使われている漢字「厭」は音読みすると「えん」「おん」「よう」、訓読みでは「いと(う)」のほか、「あ(きる)」「いや」「おさ(える)」と読むことができる。また、「嫌」「嫌気」「嫌味」は、それぞれ「厭」「厭気」「厭味」と表記される場合もある。

意味

「厭う」は「嫌って避けたり嫌がったりすること」「いたわり大事にすること」「世俗を嫌って離れること」「出家すること」「危険や障害などを避けること」を指す言葉だ。

また、よく使われる言い回し「世を厭う」は、「煩わしい世俗を忌み嫌う」「世俗を避けるように生活する」という意味を表す。なお、「厭」はその漢字一文字で「十分満足すること」「お腹いっぱいになること」「うみ疲れること」「嫌になること」を意味する。

「嫌う」との違い

「嫌う」(きらう)は「嫌がってその対象と関わりを持ちたくないと思い、好ましくないものとして避けること」を意味する言葉。「厭う」と似た意味を持つ表現だが、「嫌う」という感情を持った結果、避けたり嫌がったりする気持ちである「厭う」状態になるため、「厭う」と「嫌う」ではニュアンスが異なる。

使用シーン

「厭う」は、手紙などの挨拶の定型文や、ビジネスで目上の人やクライアントにメールや手紙を送る場合に使われる。会話の中ではなく文章上で用いられることが多い表現だ。

【例文】

「彼は団体での行動を厭う」

「私はどんな苦労も厭わない」

「体を厭うように早めに就寝した」

「人からの裏切りによって彼女は世を厭い、心を閉ざしてしまったのです」

「医者になる夢を叶えられるのであれば、どんな困難も厭わない覚悟だ」

「厭う」の類語

次に「厭う」の類語をいくつか紹介する。表現の幅を広げるのに、ぜひ役立ててほしい。

忌む(いむ)

信仰などから不吉なものとして、または嫌って避けることを指す表現だ。

【例文】

「祖父は悪事を忌む」

「昨日は、陰陽道の教えで旅行を忌む日だった」

「沖言葉とは、船員が沖で口にするのを忌む言葉だ」

「今日は、暦の上で血に関係した事柄を忌む日だ」

厭忌(えんき)

嫌がり嫌うことを意味する言葉だ。

【例文】

「人生に対して厭忌の情を抱かないではいられなかった」

「彼女は社内から厭忌されていた」

「社長は陰で会長のことを厭忌していた」

「彼へのライバル心が転じて厭忌の念となった」

忌諱(きき)

嫌って避けることを指す表現で、慣用的に「きい」と読まれることもある。

【例文】

「先輩の行動は課長の忌諱に触れた」

「この店のオーナーはスタッフから忌諱されているらしい」

「あろうことか、彼女の言動は会長の忌諱に触れてしまった」

「噂で忌諱されている会社と聞いていたが、社員の雰囲気はとても良かった」

嫌忌(けんき)

ひどく嫌がることを表す言葉。

【例文】

「彼は潔癖な画家から嫌忌された」

「都会の人ほど田舎者を嫌忌する傾向だ」

「男女差別と思われかねない表現は、世間から嫌忌されている」

「私は、細かい書類の整理を嫌忌している」

「彼の名を口にすることを嫌忌している」

「厭う」の英語表現

最後に、「厭う」と同じような意味を英語で表した言葉と例文を確認していこう。

dislike

対象物を嫌うこと、嫌がることを表す言葉。

【例文】

”She dislikes this kind of food.”

(彼女はこのような食べ物が嫌いだ)

”I dislike living in the countryside.”

(田舎に住むのは嫌だ)

”He disliked a person cordially.”

(心底、彼は人を嫌っていた)

”They dislike being kept waiting even a little.”

(彼らは少しでも待たされるのが嫌いだ)

hate

相手を憎んだりひどく嫌うこと、または嫌悪することを意味する表現。

【例文】

”He used to hate cats.”

(彼はこれまで猫をひどく嫌っていた)

”She hated her son to use such vulgar language.”

(彼女は息子にそんな野卑な言葉を使ってもらいたくなかった)

”I hate getting a sunburn.”

(私は日焼けが嫌いだ)

”We hate math and physics.”

(私たちは数学と物理が嫌いだ)

detest

相手をひどく嫌うこと、また相手が嫌でたまらないことを指す場合に使う言葉だ。

【例文】

”She detests praying mantises.”

(彼女はカマキリが嫌いだ)

”I hate it when someone says something along the way.”

(途中で口を出されるのは大嫌いだ)

”You shouldn’t hate him.”

(あなたは彼を憎むべきではありません)

”He detests journalists.”

(彼はジャーナリストをひどく嫌う)

loathe

ある人や物をひどく嫌うこと、または胸が悪くなるほど嫌なことを指す表現。

【例文】

”She loathes the sight of spiders.”

(彼女は蜘蛛を見ただけでも胸が悪くなる)

”He loathes washing dishes.”

(彼は皿洗いが大嫌いだ)

”I loathe beer.”

(ビールは好きじゃない)

”I thought that I loathe conflict.”

(私は争いが憎いと思った)

 

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。